スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大学の誕生。

 2013-11-18

八重の桜で描かれていた(戊辰戦争の終結=佐幕派の敗戦)内戦の跡
唐突に始まった新生活には、視聴者側にとってある程度は覚悟していても
その落差はあるもので・・・

篭城戦の前まで、西洋文化の取得(主に軍事関係)の必要性は、当然
その後の篭城戦において、城中にいる男子=侍の旧来の戦闘スタイルの
否定と当時に、最新?西洋式銃器のスペシャリストをしての面目躍如を
ができたものの、圧倒的(西軍も物資、軍事資金の欠乏があったものの)
軍事的優位に前に、敗戦とともに「賊軍」という汚名を着せられるという
屈辱的な結果が待っていた。

そして、今までの姿から一変し、西洋の服装になっているのだから
驚かされていたが・・・

時代が変わり、価値観が変わり、生き方も封建時代ほどの拘束力が
ないとは言っても、当時の混沌とした世情の中では、浮いた存在だった
のかなと、ドラマを見ていて(ある種の脚色と演出を考慮しても)
思っていたが。

この大河ドラマを録画していると、宣伝というべきかPRというべきなのか
数分程度のCMも録画され、別に見たくもないけど、なんだろうと思って
見ていて、一つの疑問が浮かぶ。

 帝国大学VS私学!?

教育の歴史か・・・すまん、さっぱりわからんw

対立の構図とか、大学という教育機関の成り立ちとか・・

今の今まで真剣に考えたこともなかったし、創立者の理念とか信念とか・・・
そんなこと考えたこともなかったし、興味もなかった。

大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)
(2009/05)
天野 郁夫

商品詳細を見る



だけど・・・つくづく思う。

いっそのこと、第二部の主人公は・・・八重の再婚相手(新島襄)に絞ったほうが
話としては面白かったのではないかと。

だって、彼は、アメリカに行き、日本の価値観とアメリカの価値観を知っている
非常に面白い人物ではなかったのかと思えてならない。

ただ、惜しいのは・・・別に派手にドンパチしたり、チャンバラするような
時代でもなく、そうしたことが似合う人物ではないこと。
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

久しぶりに書いてみる。

 2013-11-08

ブログを書こうと思うときに必要なのは、ひとつの事柄と、その事柄に対しての
思い込み(屁理屈)が必要であると俺は思う。

さて、某支那大陸の大昔のお話を描いた「三国志(スリーキングダム)」を
録画していたのを思い出し、暇なときなど、せっせと見ていた。

撮りためた作品を見ていて、ふと思った。

「ああーなんて、人の命がこんなにも価値がないのか
些細なことで死んでいくのか?」と、数百年は経過した現代日本の
価値観で見てしまうと、観る終わるごとに、だんだん乾いた気分になる。

気に食わないだの、食料がないだの、悪口を言っただろう?お前!など
本当に、些細なことで「人命を奪う」戦乱の時代。

しかし、日本の時代劇はちょっと違う。

戦乱の時代を描いていても、絶対君主封建時代が長く続き、大陸の命に
関する「描写」若しくは、命のやり取りに多少の違いがあっても
「皇帝陛下」と「一国一城の主」の置かれた立場の違い、権力の座を
射止め、絶大な力と財を成した経緯とか、時代背景に違いがあっても

・・・・

ぞの時代時代を生きた人々を見る目、捉え方に明確な違いがあるように
思えてならない。
元々、文学とか演劇とか、「伝記もの(言い伝え、伝説)」には
ある種の当時の権力者に対する批判とか、ぞの時代の勝者と敗者が
生まれた時に、賞賛と同時に生まれる批判、肯定と否定の価値観とか
考え方が発生したとして・・・

俺が知らないだけかもしれないが・・・中国の時代劇に文学的な優しさとか
叙情とか感じられないのは気のせいか?

結局、友情だの忠義が大切だのと言っておきながら、頭のいいやつ
要領のいいやつが生き残る世界観が見え透いていて、乾いた気分に
なってしまうんだな。これがw



カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

語りかけること、書き綴ること

 2013-10-13

 お手軽に、つぶやく事ができるサービスを体験し、その手軽さゆえに
今まで書きなぐってきた「簡易日記」の更新を疎かにしていた俺。
 しかし、ふと考えた。

 何かしらのことを、己が(感じたことを、思ったこと、考えたこと)
積極的に呟き、第三者のアンテナに受信し、それらを解析分析され
その解析結果が、興味があることなのか?共感できることなのか?
それとも、結果を鑑みて、不快に思うことか、全く興味も関心すら
感じない内容だと思えば、人間の耳とは面白いもので、文字になって
流れてきたものを、改めて読み返すことなどしない。

 したがって、発信された言語に誰からの帰ってこないからといって
レス貧乏人じゃあるまいし、構ってちゃんでもあるまいし、何度も
似たような言語を発信する人間がどのくらいいるのか?

 お前には友達がいないのか?と、勘ぐられるか

 可愛そうなやつだなと哀れみの目で見られるのが
関の山。

 そういうことを考えると。

ツイッターとは便利なツールだと思う。誰ともフォローを受けずに
好き勝手に喚き散らすことも
可能であるとwwwwwww(そんなことをして何が楽しのか?など
大人の対応など無駄なことである)

では、ブログを書き続ける(書きなぐり続ける)意義はあるのか?
いくら無駄な気合をいれ、やる気を見せたところで、誰も褒めないし、称えない。

ツイッターと異なるとはいっても、原則的に孤高な趣味だと思うwww
俺の場合はコメントをロックしているが

ひとつ大きく異なることは(非公開は別にして)ブログサービス会社が提供している
サーバーデーターが消えるイレギュラーを除けば、何らかのキーワードで見ず知らずの
気の毒な迷い人が訪れることもあるかもしれないし、検索エンジン(ボット)の仕事の
成果が出るかもしれない。

自分の書いたものが、

だれかの目に止まればいい。


などといつ切れるともしれない俺みたいな屑の「書く気」を支える原動力は
そこにある。

だから・・・・ジャンルとか頻度とか考えず、書きたい衝動に駆られた時などに
書きなぐる。

簡易日記の存在意義は、そこにあると思うようになってきた。

他人の反応を気にせず、書き殴れる。唯一無二、利点はそこにあると。

ではでは。
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

歴史の空白

 2013-10-05
この年になるまで、「読書」をしようとする気力も、金を出してまで
なにかまともな書物を買おうとしてこなかった俺。

しかし、年をとるにつれて、今までろくでもない雑誌や、俗物書物や
高額なゲームソフト買いあさってきたことを恥じるばかりだ。

さて、幕末から明治の動乱期で何が変わって、どうなったのかという
物事の始まりとか、動乱にともなう価値観の変化により、消えていった
ものとか、歴史の勉強で教わっていないことが多いことに最近、気がついた。

というより、気になってきた。

これは、最も勉強すべき年代に、勉強をサボり、奈落の底に落ちていった
俺自身の「知識欲の反動」かもしれぬww

ちょうど、富国強兵のスローガンから敗戦に至るまでの「歴史」が
ことさら自虐的な歴史観を徹底的に植えつけられてきた世代としては
何が始まりで、何を持って敗戦に至ったのかという経過があやふやで
あり、非常に気分が悪い。

自分なりの感想で悪いが・・・

次世代に語るべきこととは何かというものを考えるとき

たいていの場合、昭和一桁世代が、平成生まれの世代に語るこことと
日中戦争、太平洋戦争を知らず、成田紛争、安保闘争、朝鮮戦争も
ベトナム戦争も知らない世代である俺は・・・

知らないことが多いことを痛感させられることが多い。


だから、曖昧な当時の人間の証言だけでは納得できず
あくまでも「客観的で事実に基づく」書物を欲するようになったと思う。

歴史とは、先人たちが歩んだ道を紡ぐこと。

しかし、先人たちが歩んできた道があるからこそ

我々が今こうして生きているとすれば

彼らの歩んできたことを、知らなきゃ何も語れない。

ではでは。


カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)

宣教師と洋学

 2013-09-19
戊辰戦争後の八重の桜を見ていると、いきさつを理解できないうちに
唐突?に西洋学問を学ぶ主人公がいたw
つい、最近まで洋式銃を担ぎ、篭城戦をしていた女戦士と同一人物とは
思えないほどの、変わりように驚かされたw

恐らく、ここからが本編なんだろうなと思いつつ・・ふと疑問が。

さて、数年前にN○Kで放送されていた龍馬伝(幕末)では
各藩からの学生(藩士及び脱藩浪士)が学んでいたものは
主に航海に必要となる専門知識(語学、数学など・・)であり
志も(目的も)様々であり、異国船を追い出したい一心のもの
海軍学校で学んだ、航海技術を活かし、一攫千金を目指すもの
など、なかなか面白い描写だったドラマだが・・・

では、八重の桜はどうなのか?

オナゴも学問を身につけなくてはいけない!と・・・

ジェンダー思考ですか??@@;;
まあ、男女平等はキリスト教の教えだ!と言ってしまえば
そうなんだろうなと。

幕藩政治の時代には、禁教であったキリスト教も、倒幕の結果
以前とは異なり、大でを振って・・とまではいかない。
まだまだ、旧時代の影響が残って、国民からは拒否反応が
出ている中・・・

開講する場所(地域)を京都にしたというあたり
御一新=古きものを否定する=古からの風習等をイッサイガッサイ
破壊するという目的の一つ=手段としては、いい着目点だなと
思うけど、そんなに簡単に否定などできないし、受け入れることなど
できまいに・・と思ってみることに。

英語の学習=聖書を学習=布教?と、幕末時の学習熱とは
明らかに異なる時代描写に驚いた俺w

ああ、そうか・・今の時代にキリスト教系の私立学校が創立
(設立)されたのはこういう流れがあったのかと・・・

そして、仏教系の学校が存在するのは、基督教布教に
対抗手段目的があって、創立されたのかと、今まであまり
意識していなかったがある意味「歴史の再認識」が出来たきがする。

ではでは

カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

革命と思想

 2013-09-08
最近また、読書熱がぶり返して・・・。

青春時代の不勉強からの反動だろう、知識欲が
出ているような気がする。
実体験を伴わない「知識の吸収」は、そこで
語られている(書かれている)事柄の真相を
知ることもなく、ましてや確かめることすら
しない俺ww

さて、幕末の頃の倒幕運動が幾つもの命を失う
ことで成就した出来事だと考えたとき
ふと、第二次世界大戦で我が国は敗北し・・・
旧体制によって押さえ込まれてきた(抑圧)
思想家が表舞台に出てきたことで、再び
混乱の予兆を見せ始める。
資本主義と社会主義と共産主義のせめぎあいの末
何が残り、何が否定されたのか?

いろいろと興味が尽きない時代。

それが昭和初期。

最近、関連するであろう書籍を買いあさり
読んでいるが・・

すまん・・・さっぱりわからんwwwwwwwwww

でも読む。俺の思考レベルが低いからだろう
現実知らずに、聖人君主の理想郷など所詮
人間という魑魅魍魎が跋扈する世の中にあって
理想を追求しても、やっぱりダメだろうなと
思ってしまう。

美しい世界などありえない。
汚れて、澱んだ世界に人は生き続ける。

レーニンやら毛沢東などが(素質はともかく)
群衆を惹きつけ、支持を得たのはなぜか?

それがわからないお花畑の学者に
群衆の支持など得られないだろうなと
関連書物を読むとつくづく思い知らされる。

ではでは
カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)

電子マネー(お財布携帯)

 2013-08-31
スマートフォンを使い始めて、約二年。
電話機能と、データー通信機能の兼ね合いの
便利さに惹かれ、使っているが・・・

最近はちょっと使い方を変えた。

電話など滅多にかかってこないし
かけることもないので、基本料金+通話料など
微々たるものだが・・・

データー通信(パケット料金)は
使えば使うほど(たとえ定額でも)
知らず知らずのうちに、二階建てになり
おやまーと驚く金額になることが
多かった。

さて、馬鹿な頭と乏しい知識で考えた挙句
傍から見たら、おんなじじゃないか?と
思われる状態を選択した俺。

電話と、スマートフォンならぬタブレット?と
分けたw

つまり、電話単体と、タブレットに分けた。

荷物は増え、手間が多くなったが、バッテリーの
減り具合には閉口していたので、ベストな状態に
なったかなと思った。

さて、本題。

とある日、コンビニのレジに並び、弁当を購入
しようかと思ったとき。
俺の前にいたおっさんの会計が早く終わったことに
違和感を覚えた俺。
なんだろう?と思い(さりげなく)覗き込むw俺
!!
なんだあれ?カードをかざして、会計を済ませたのか?

あああ、プリペイドカード?で精算したのか?

ん?ナナコカードとはんぞや?と思ったが

よくわからず、結局、スマートフォンの機能に
あった前払い方式のEDY?を選択し、今は
ちょっとずつ、今までとはちょっと違う使い方を
覚えた俺。

で、菜々子カードの存在が忘れらず・・・

次回に続く。

カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。