スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

呟き~その拾四~

 2010-08-06

日々、どーでもいいことを好き勝手に喚いていると(ツイッターにて)
人それぞれ、呟く中身が決まっている。または、固定されていることに
気が付く。

仕事のことであったり、育児のこと、家庭のこと、人それぞれ
呟く人の今、其の時点で向かい合っている問題に関連したことを
ふと呟く。

だから、一回「嵌ると」ツイッターは中毒になる。
それでも、誰にも相手にされない(構ってくれない)独り言を
呟いて何が楽しい?寂しい奴、頭大丈夫?お・た・く・wって
思われて、平然としていられるか、「今、引き返せば・・まだ
間に合うか?」って、今の自分のしていること、嵌っていることに
羞恥心を抱くようなら・・・そこが分かれ道かもw


さて、俺の場合、自分の日常生活のことなど呟かず、むしろ、内面
的なこと、私的なことは呟かないことにしているので、外部のこと
自分の周りの世界のことを、もっぱら好き勝手に喚いている。

周りのことといっても、あくまでも、マスメデイアからの情報とか
世間で流れている情報に対して、自分自身の感想を述べているだけw

積極的に呟く必要も、内面的に感じる不平不満を他人にぶつけること
には、いささか抵抗を感じる。
それよりも、世の中のシステム、仕組み、この世の不条理だと感じた
ことをぶつけることが好き。

つーか、そうした手法をとったほうが、楽でいい。
呟く内容、事柄に制限を設けず、気楽w。


でも、そうしたことを、日々、呟いていると・・。

思いもがけないことに出会う(体験する)。

俺の中で、一番驚くことは、いつも(平時)なら、当たり触らない
日常的なことを呟いている人が、突如、政治的な発言をするとき。

おや????って思う。

恐らく、ツイッターの中で、雑然とした、不均衡な呟きから
世間の流れ、雰囲気が、政治的な緊張に包まれると、ツイッターと
いう「他人の呟き」が、ある一定の話題が多くなることがある。

その話題が薄い、散発的な話題であれば、目に触れても、なんとも
感じないことも、集中し独占し、濃度が濃くなり始めると・・・
息苦しく、不愉快な気分になったであろう其のとき・・

「・・・・・・!」と、いつもの穏やかな口調、雰囲気からは
想像も出来ない「荒々しく、乱暴な」一面を見せられると

「ふーーーーーーーーーーーん、あらあら、なんて汚らしい口調で
喚くのやらw・・

なーに紳士ぶっているんだこいつw」

って内心思っても、相手にせずに置くことが、面倒な奴だなと
感じつつ、俺は俺なりのペースで喚く。

そして、いつしか、疎遠になっていく。当然といえば当然。
互いに相容れぬ関係と「呟きの内容」から判断した結果で
あれば・・・。


それが、おれの呟きwww。なーんちゃってw

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/903-08cf49f7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。