スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

電凸

 2006-11-07
DOLのねとらじでは、ゲストを交えた、トークショーと
一人で「黙々と」話すスタイルなど、多岐にわたる。

一人で、「悦にいって」話すのであれば、ゲストとの
会話など無意味で、例えリスナー数が数人であっても
MCが、設定した人数であれば、満足するであろう。


だが、毎回ゲストを招いて、雑談するスタイルが売り
である場合は、電凸は有効であり、危険な諸刃の剣
となる。
電凸(スカイプIDを公表し、電話を受ける)方式で
なく、毎回ゲストを招き、ゲストの紹介で、次回の
ゲストを決定する(予定する)方式でも、それは
同じことである。


電凸は、MCが登録したスカイプIDへ電話をかける場合と
異なり、電話をかける相手(不特定)が、MCに対して
電話をかけてくるので、何がおきるかわからない。

MCと、友好的な話になるか、けんか腰で、険悪な雰囲気に
なってしまうか・・・MCに対する気持ちがストレートに
表現される。

まさに、事情を知らないリスナーは、電話のやり取りを
手に汗握って聞く展開になるのだが、当の(相手になる)
MCからすれば、見ず知らずで、名も知らない相手からの
電話で、面白いトークが成立するとは思えない。

仮に、会話が成立したとしても、互いに様子を見ながら
無難な会話(自己紹介、時事ねた)に終始するだろうし
リスナーとしても、評価のしようもない。

だって、電話の主が誰だか、わからんからだ。

そうした「ありがちな」結果など、誰にでもわかることで
「楽しい会話」が成立するには、ラジオ開始前に、MCとの
打ち合わせが、求められることになる。

意外な会話を引き出すのは、やはり、相手のことを知らないと
演出して、初めて可能となる。
MCが、ゲストに対して、喋らせる雰囲気を作ることが必要で
ゲストが自然体に話すことで、ゲストとの会話に設定した時間を
計画的に、有効に消化するこそ、ねとらじの醍醐味?ともいえる。

だから、このMCさんと話してみたいと思うだけの、カリスマ性
(古い?)が大事なのだが、多くのねとらじに見られる方式
では、なかなか、「新規」のゲストを獲得するのは、容易では
あるまい。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/89-29476327
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。