スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

呟き~その九~

 2010-04-25
呟きをしていると、色々なことを教えてくれる。そして様々なことを
気づかせてくれる。
呟きの場で流れる呟きは、本人が消さぬ限り、其の呟きは残る。

無論、鍵をかけて、フォローしてくれる相手以外には、見せないことは
可能だし、特定の人間からの接触を避けるブロックも可能。

しかし、他人に見せられないようなことを呟くくらいなら俺なら
ツイッターなんてやらない。今の俺にとって、ツイッターは単なる
ストレスの発散の場でも、便所の落書きをする場でもない。

俺はこの程度の人間ですと、てめえの恥を晒す場だと思うように
した。そのほうが気楽でいい。底の浅い人間だと思えば、誰も
関心すら持たず、接触する気も起こるまい。

マスコミの報道を真に受けて、わかりもせずに、喚いているだけの
思慮の浅い奴。だと思われているに違いない。いいやそれは正しい
判断だ。そうだ、それでいい。

さて、ツイッターを体験していると、ツイッターから得る情報の
多くは、当然、情報提供者が存在し、不特定多数の目に留まる
手法にて、不特定多数のツイッターユーザーに知りわたることで
多くの情報が伝播する。

正しい情報、誤った情報。情報の出所が不明で不確な情報が
混ざり合った状態で、日々、ツイッター上で流されている。

ツイッターを始めた当初、俺は。これら情報を得たいがために
がむしゃらにフォロー数(するがわ)を増やしていた。
人それぞれ、アンテナの種類、欲しい情報、好みの情報が違う
ように、俺もまた、人並みに、趣向が違うかもしれない。

フォロー数を増やせば、登録したツイッターの情報が流れ
多くの情報を得ることが出来るが、増えた分だけ、其の情報が
自分にとって、本当に必要なのかどうか、己の「見栄っ張り」
で強欲さが仇となる。

流れてくる情報の中から、知りたい情報(必要とする)なのか
関心はあるけど、特段必要とするものでもないなと、「リスト」
と作り、情報のリストを作成をしなければ、収拾が付かない
事態になって、初めて、リストを作る重要性を認識させられた。

そして、改めて考えてみると、ツイッターと言う呟きの世界では
情報を発信する側と、情報を受け取る側の二種類しかいない
ことに、気が付く。

そういう風に考えると、他人の情報を当てにして、流れていく情報
を眺めているだけで、自分の流せる情報ってあるのか?と改めて
自分自身のツイッターをする意味を考えさせられる。

日々流される情報の真意と有効性を理解できずに、混乱するのは
其の情報の信憑性を確認する(できる)手段がないから。
俺がツイッターを始めて、まだ日が浅いが、日々の不平不満を
垂れ流すだけのツイッターから、もう一歩、もう一段、上にいく
ようにしないと、単なる鬱憤を晴らし、ストレス解消の場所を
得ただけになってしまう。

まあ、情報を流したくても、情報得る手段がなく、其の情報が
この世の中にあって、どれほどの「価値」があるのかといえば
・・・。

そんなものはない。俺みたいな人間が流せるのは、情報ではなく
流れてきた情報に対して、俺なりの「反応」をするだけ。
だから、反応し、それをツイッターで流すとき、流れてきた
情報の信憑性を確認することが必要で、思いつき、感情に任せた
反応をすることは、避けなくてはいけない。

まあ、呟く回数が減ることが、イコール熟慮を重ねた結果である
かどうかは・・・おれもわからんw。
ただ単に、面倒なのか、言い出すきっかけを失い、言いそびれた
だけかもしれない。要するに「のろま」なだけかもしれないw。


カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。