スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】アイドルマスター 春香 「One more time, One more chance」

 2010-02-27


こうして、 性懲りも無く、アニメ、ゲームMADを貼り付けていると
思うことがある。

オリジナルのゲーム、アニメには、声優さんがアフレコ?をして
キャラクターのイメージが、製作者側で生み出されて、一つの
商品として、世の中に出されても・・・

設定されたイメージとは違うものを求めて、(結果的には、肖像権
著作権等を無視して)非合法的?に、MADが作られるのが世の常。

そして

作り手のイメージにあう場面のみを抽出し、様々な某体を経て
不特定多数の人間の眼に触れるところに、置かれるわけだが・・・。

オリジナルと、単なる貼り付け動画の違いを考えるとき・・・

どんなに素晴らしいMADを見ても、何か空しくなる。

別に、動画を作る才能とか、求められるスキルが無いから
僻むわけでも、負け惜しみという訳でも無いけど・・・

いくら、ゲーム内の「アイドル」に対して、熱を上げたところで
所詮は、ゲームの中の二次元を対象にしているに過ぎないことを
理解してるからこそ、空しさを覚えるのと同時に・・・

だからといって、ゲーム内のキャラクターの声を担当した声優さんに
関心を持ったところで、声優さんにとって、其のキャラクターの声を
担当したのは「一つの仕事を請け負った」だけに過ぎない。

まっ、一人の声優さんの仕事の履歴(実績)をみて、ああ、このキャラの
中の人だったのかと、すぐに思い出すことが出来ても、冷静に考えれば
生産者と消費者、需要と供給の関係からしても、キャラクターに対しての
思い入れなんてものが、一体いつまで持続でき、尚且つ、関心を持って
いられるのだろうかと思うと・・・。正直・・・判らない。
思い出すことがあるかもしれないし、一過性で終わってしまうことだって
あるのだから・・。不確かなもの。

自分にとって、その人にとって、思い入れなんて・・・確かなものなんて
本当にあるのだろうか?と思っちまう。


何言ってんだろう・・俺・・きめーーーーーーーーー。



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/792-af39c919
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。