スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

とある教会の前で~その参

 2010-01-27
とある日、俺は、とある鯖の、とある場所の、とある教会前で
座っていた。

さて、俺は、大航海時代オンラインゲームの某鯖で行われた
ユーザーイベントに、野次馬及び見学者として、参加していた。
特殊なイベントであれば、その特殊なイベント目的に参加する
俺だが、今日は違う。

普通のイベント・・いや、複合的だけど、奇をてらうイベント
ではなく、ほんわかしたイベント。

其の鯖の有名人(自意識過剰な変人)を呼んで、大騒ぎ
するような趣向ではなく、今、自分たちが出来ることをして楽しもう
そんな感じのするイベント。

俺は、そういうイベントが好き。特定の団体が企画したようでもなく
特定の人物が指揮を取っている風でもなく、運営側と参加者が
各々、好き勝手にやっているように思えて、統制が取れたイベント。

それでも、そうしたイベントを企画し、実行した人たちの多くは
お疲れ様と言うだけで、其の過程とか、苦労など、多くを語らず
かたや、参加者も、売りました、買いましたという記憶が残る
もののどんなイベントだったのか?全体像がつかめないままで
風化していく。

しかし、イベントの記憶が風化しようが、ゲーム内のアイテムを
売買するバザーを(多人数で)開いたり、陸上戦、模擬戦など
鯖を問わず、盛んに行われるのは何故だろうと思う俺。

箱の中の世界が非現実的で、其の箱の中で展開される世界における
日常が、スキル上げ、レベル上げに勤しむことだとすれば、ユーザー
イベントは単なる、合法的なアイテム売買であったり、ゲーム世界に
存在するアイテムを使って演奏をすることなど・・・。

それらは、ゲーム内で生産された(発掘、発見)アイテムを売買
するためのシステム(手段)を用いているだけで、厳密に言えば
たんなる物売り。

でも、単なる物売りだけでは、イベントにしては地味すぎる。
何か華やかなものが欲しくなる。

その華を考え、彩を考える。そこに個性が生まれ、差別化が生まれる
のかなって思うと、一人では出来ないことも、手を取り合って考えれば
・・・。人が集まり、楽しい気分になってもらって、現実に戻る。

それでいいじゃない。時が流れるのを忘れ、めまぐるしく回るログ・・。
@@ 楽しんでいる証拠、雰囲気に呑まれ狂喜乱舞するPC・・・。
其のイベントに参加して、心底楽しめたのか?それとも、不快な気分に
のまま、現実に戻るのか・・。人それぞれ違う。皆が全て盛り上がるわけでも
盛り下がるわけでもない。でも・・やる意義はあるはず。たぶんw。

ではでは。
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。