スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

誰かの読み返し、そして・・痕跡。

 2009-05-17
ブログのジャンルを問わず、特定のキーワードで検索して
ヒットするブログは、そのブログの閲覧者の人数に関係なしに
常に、人の目に晒されていることを、意識して書かないと
いけない。

描いている本人が意識していなくても、ゲーム内のキャラ名で
ヒットするということは、何かしら、(誰かが)そのキャラ名で
検索して、結果的には、そのブログに辿り着いていることになる。

不特定の人間が、「何らかの意思」があったからこそ、わざわざ
ネット上の検索エンジンで、キーワード検索し、(検索ヒットの結果)
「該当」する事柄を含む(であろう)記事が書かれたブログの存在を
を知ることになる。

しかし、何を得ようとし、なぜ訪問したまでは、本当の理由は、検索
した人物以外、判らない。

通常のキーワードではなく、一風変わった検索キーワードを
発見すると・・・おや?って思うこともw。


ゲーム内の活動が、第三者からみて、目にあまるものがあって
こいつの書くブログは・・と思われたのか、それとも他のブログ
で描かれた記事に、頻繁に登場し(触れられて)その人物像に
興味を持ったのか?それとも、某巨大匿名掲示板で、話題の
人物故に、検索してきたのか・・・動機は不明。

俺の場合、ちょっと前まで、鯖を問わず、ありとあらゆるブログ及び
日記のコメント欄に「書き込んでいた」ことによって、誰こいつ?と
思われたかもしれないw


ところで、検索キーワードで、検索する際には、「ふと、思いつく
単語」を駆使し、または、思い付くだけの単語を使って検索する。
いずれにせよ、目的のブログ(日記)及びHPを探し出すことが
本来の目的。

例) 大航海~ 大航海時代~ DOL~

で、あるとすれば、検索する際には、当然、一度聴いたら忘れない
ブログのタイトルであったり、覚えやすい(ゲーム内の)キャラ名で
あったり、そのキャラの「特徴」であったり、知りたいと思う事柄に
関係する文章からヒットする場合も・・・。

逆に考えれば、ありふれた名前、意味不明な名前、何かのアニメの
登場人物名など、関連性が乏しいもの、希薄なものは・・・w

そして、いつも思うのは・・・この人は、いったい

何が知りたかったんだろうねって

思うこともある。

ご希望に添えるような事柄、もしくは、特定の事柄に関係した詳細
内容を、得られたのだろうか?と他人事ながら、心配になることもw

そして、過去記事が閲覧された「痕跡」を確認するたびに、このブログ
を探し当てた理由や、過去の記事にさかのぼり、その閲覧者が過去の
(特定の)記事に、どういう興味を持ち閲覧していたのかと?
いつも考えさせられ、偉そうに書くべきじゃないなと思ったり。
非常に複雑な気分になる。

ただ、現在の記事と、過去の記事との違いを認識し、過去に描いた記事
から伝わってくる(当時の)俺の書きたかったこと、言いたかったことが
今になって、後悔するようなことを書いていないだろうかと、聊か弱気に
なる俺が、そこにいる。

だから、そうした「痕跡」を見るたびに・・・

インターネットのブログ記事は、ただ書き殴り、はい終わったで
済まされる代物ではないなと、痛感させられる。
書いた本人にとっては、単なる「その日の記事」に過ぎないもの
であっても、人によっては、何かしら興味、関心を呼ぶ記事で
あったとしてたら、それはそれで、「ブログを書いた意義」があったと
言うかもしれないし、逆に書いた本人は、特別な意味も、憶測を呼ぶ
ような意図も無いまま書いた。

と、自分の都合のいい、その場凌ぎの言い訳をするかもしれない。

いずれにせよ、己の描いた記事(ブログ)は、そのときには、ただの
一記事に過ぎなくても、その記事が何らかの関心を呼んだり
論争?を呼ぶような記事になるかもしれない。

だから、その日の気分で、書き殴ったり、私怨を感情のままに
書き殴ると、後々、災いを生むことになる。気をつけなくちゃねw

そして・・・思わぬトラブルに巻き込まれて時に、初めて後悔する。
気に入らなかったからとか、面白く思わなかったからと言っても
遅い。何処の誰が見ているのか判らない。

判らないからこそ、それなりの覚悟が必要なんだって思いつつも
心の何処かでは、トラブルを避けるために、どーいう予防線を
張るべきか、オロオロし、ビクビクする臆病者の俺wwwwww

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。