スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

記憶に残るということの意味。

 2009-04-26
ところで、ネットゲーム内の出来事が書き綴られた内容よりも
書き手の「創造」によって作られた内容のほうが、面白く感じる
のは何故だ?

書き手のネットゲーム内での活動に関しても、一定の関心が
持つことが(仮に)あったとしても、それはあくまでも、消息とか
この人は何をしているのだろうかといっただけであって
一つの記事としての「面白み」とは別の話。

書いている人間にしても、活動報告といっても、それはあくまでも
其のゲームの生活の一部を抜粋しただけで、丸ごと、詳細に
語っているわけではない。

しかし、見ず知らず、面識も、キャラ名すら知らない人間の活動を
詳細に語られても、実際のところは、何の興味などわかない。
そうなると、一部抜粋のほうが、書き手も、読み手も、さらっと見る
だけであれば、双方とも都合がいい。

そういう風に考えて、他人の書き綴っているブログを読んでみると
誠に面白い。

SSをペタペタと貼り付けるには、当然、ゲーム内でSSを撮影し
それをHPなり、ブログに画像として、縮小し、掲載しなくては
いけないのだが・・・・。

そのSSを巧い下手を問わずに掲載すること自体は、誰にでも
出来ることだが、誰にでも出来ないこともある。

それは・・・絵を描くこと。絵ばかりは、巧い下手の差は歴然とし
精神衛生的に悪影響を思すような「質」の掲載は、慎まないと
いけない(と思う)

絵心が皆無の人間からすると、一定の質「以上」のものであれば
無駄に長々と書かれた文章など霞んでしまうと、思うこともある。
ただし、そうした一定の質以上の才能で描かれた「絵」も
考えようによっては、それはあくまでも「挿絵」に過ぎないと
考えれば、でかでかと「挿絵」やSSだけを掲載するのではなく
書き手の言葉、意思、考えもまた、一緒に掲載することで
バランスがよくなる。

いや、むしろ・・・スペースを埋めるだけの、都合のよい道具、手段として
利用するのではなく、たとえ、更新が不規則になろうとも、たとえ
ブログを書き続けるという行為そのものが「メンヘラのなりの果て」と揶揄
されようが、誰にも理解されなくても、一つの記事をしっかりと作るという
姿勢こそ、その記事を描く上で、悔いのない色あせない記事が出来るのでは
ないかと思うこともある。

むろん、一日に、何度も更新する「才能溢れた人」「日頃の不平不満を
爆発させる、昇華させるためだけの人もいるだろうが・・・。
もし、何かの機会に、己の描いた記事を見て、その記事を描いて意味、動機
を思い出せないような「薄っぺらな」ものであれば・・よくよく考えるべきだ。

おれなんざ、いつも・・なんでこんな意味不明な記事を描いたんだと?と
いつも後悔している。答えは簡単、感情的になって、まとまりのない文章を
かくことが「癖」になっているからwwwwwwwwwwwwwwwwww.

いみねーーーーーーーーーーーー無駄長文ほど結局
後になっても、何も伝わらない。あはは
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。