スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

桜散り、若葉が芽生える頃のイベント見聞録。

 2009-04-19
箱の中で「祭り」なんざやったところで何の意義がある?
馬鹿騒ぎをして、ログを流し、何が楽しいやら俺には
さっぱりわからん。

現実逃避、ストレス発散?

・・・・ばかげた話だ。

そんなものは、違う場所を探し求め、発散しろ!

架空世界で何一つ、残らない場所こんなところで

空しくないか?ええ?。

正気か?wwwwwwwwwwwwwwwww。

開催者及び関係者は、自己満足に浸って現実を見ないし
他人の声なんて聴く耳を持たない。

参加者に至っては、人(暇人)が集まっていれば
賑わっているものだと、納得して、楽しいと感じる。

事情を知らない通りすがりは、ログが流れ、暇で
やることのない連中が騒いでいるものだと感じる。

ひとそれぞれ、立場や其の時々の状況によって捉え方
考え方、受け止め方は異なる。もちろん、こんな楽しい
ことはないと思う人間と、つまらないと思う人間も居る
だろうから、単なるマネキンではなく、そこには生身の
人間の感情を見ることが出来る。

そういう風に思いながら、忙しなく動くマネキン、SAY
シャウトをしているマネキンどもを見ていると、ユーザー
イベントは、面白いw

  此処に集った連中の本意は何処にあるってね

それにしても、国益プレイが盛んだと言われている割には
まとまりのない鯖のイベントだ。
いかに、国益なんぞと、ほざいているわりには、節操がない。
大雑把な枠組みだけで、開催されたといえ、ああいう無法地帯
が発生するあたり、いかに、ごく一部の連中だけが、国益だのと
うそぶき、盛り上がっているかがよく判る。

箱の中の世界で、偉そうに国家だの、議会だの、とほざいている
割りに、箱の中で生きる(動いている)ユーザーの存在を忘れ
国家と言う一つの集合体だけを見ているだけで、其の集合体を
支えている、構成している「存在」を軽視している。あれじゃ駄目だ。
一つの国家とやらの「自称」~国の代表者に任せておけば、あとは
どーにでもなるだろうって、思っているから、しまらない、まとまりの
ない「イベント」になってしまう。

なめちゃあいかんよ、一般ユーザーの存在を。箱の中の世界は
議会の代表の意志で動いているだなんて思いあがりもいいところだ。

ファンネルと言う板切れ連中に至っては、其の場を和ませる
効果から暴走し、逸脱し。面白おかしく茶化していれば満足している
だけの輩。あの連中に、イベントを取り仕切ることを望むのは
野暮というもの。


俺も人のことは言えないが、其の鯖に根を張り、多少なりとも
「鯖の事情」や其の鯖に通じる生き方(マネキンの成長過程に
おいて)をしていないと、なーんちゅーか、強い奴、怖そうな奴
敵に回すと厄介そうな連中にだけ、媚を売って、そのほかの
ユーザーや、其の鯖で活動している商会には目もくれずに
適当に、なあなあで活動しているのをみていると、何か違うの
ではないか、と感じるのは気のせいか。一部の連中には
ポリシーとかプライドの微塵も感じないから、嫌なの。

あの馬鹿騒ぎの中では、イングランド?という(仮想世界での)
国の催しが、一定のまとまりがあったように思えたし、まともに
思えた。自称~代表者の「カリスマ性」があるのかは知らんが
手馴れているように思えた。

本当だったね、国別の催しなんてケチなことを言わずに
やるんだったら、国別の「商会バザー」や、演奏会、ダンス
高値(馴れ合い桜上等)当たり前オークションでもやって
楽しむくらいの「大らかな」イベントにすべきだったと思う。

まっ、偉そうに言っている(書いている)俺自身、てきとうな
名前で会場をふらついているだけの変人であることは
否定できず、知っている人間に、所かまわず、分別せずに
声を掛け捲り、BLに放り込まれていることすら気づかずに
TELLをしていた間抜けな野郎さw

まあ、それはともかく、四つの鯖、そえぞれ「個性的」な
イベントを開催しているので、知った被って、他人の
することを批判しているだけの人間は、そうしたイベントには
積極的な参加する意欲がない。

本来であれば、そうした活動をしている人には、労いの言葉
感謝の言葉の一つもかけるべきなんだが・・・。
俺には、どーもそうした「感情」や「行動」に駆り立てる
何かが足りないようだ・・反省はしているのだが・・いまだに
それが反省が生かされず、同じことの繰り返し・・

    一人の人間として、全然進歩してねーでやんの

これって、典型的な駄目人間だなwwwwwwwwwwwwwwwww.

イベントに参加して、後になって、評論化気取りで、非難するしか能がない。

まあ、駄目人間であるからこそ、もろ手を挙げて、素晴らしいイベントでした
なんて言葉が出てこない。
心にもねえことを、言っても賛美でないし、労いの言葉すら、嘘臭く聞こえる。

それならば、いっそのこと・・・・・・。ふふっふ。
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。