スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

言語明瞭意味不明②

 2009-02-27
ネットゲームの仕様を逆手に取ったグレーゾーンギリギリの
行為が、たとえゲームの規約に反していなくても、モラル
と照らし合わせて考えると、すべきではない。
たとえ、その行為が、運営会社の規約に抵触していなくても
ユーザーとしていかがなものかと思うし、他のユーザーから
後ろ指を刺されるような行為は、厳に慎まねばならない。

そうした「曖昧」な話になると、開き直る人間が多いのも
事実で、ネットゲームの世界の住人といっても、一人の
人間。つまりは、「中の人」の資質を問われることも・・・。

おい!そう言っている「てめえ」はどうなんだ?あああん?
って詰問されると・・~♪と、さあねえ~って・・やっぱり
俺も目を逸らすかもしれないwww。そんなもんだ。
叩けばいくらでも・・www。


さて、今回の話は、前回で触れた某ブログ記事の続き。

TELLをしてきた相手も、相手だが、かかってきたTELLを
自分のブログの記事のネタにしょうとする性根の悪さが
ひときわ目立つ。
あからさまに、記事にされると、他人事であっても、複雑な
気分になる。

俺も、無差別に人様のログイン時間を中断させ、一方的に
捲くし立てる「基地外」の性質を有しているが、何の接点
もない人間に対して、話しかけた「理由」と、本来聴きたい
こと、相手に言いたいことは、別に用意しつつ、会話の進行
を考える。

何故かと言えば、フレンド登録をしていない間柄であり
何の前触れも無く接触してきた相手との「会話」に
特別な意味が無い限り、大抵の人間は、無視するか
適当に会話を終わらせたがるもの。

だが、話しかけてきた相手には、聴かねばならないこと
いいたいことがある以上「目的」は達成されていない
ことに変わりは無い。

TELLをしてきた(コンタクトを取ってきた)理由や動機が
存在する以上、おめおめと自ら会話を終わらせるような
ことはしない。むしろ、相手が会話に対して興味を持たず
会話の継続に疑問を抱き、会話の続行に不快感を持たせ
ない為にも、たいていの場合、穏便に話を進めようと
考える。

話しかけられた相手にとっては、迷惑この上ない行為
であっても、本来であれば、話が終わり、BL入りとなって
会話など不可能になる状況下で、相手が会話を続けて
いる以上、何らかの「意図」があろうと、会話は続く。

きっかけは適当、本題から勝負。

だから、最初のケースで紹介された「~鯖には、評判の悪い
○△×○□という~」という下りを見たとき・・・もし接触してきたら
いつか記事にしてやろう・・と考えていたんだなと、察しが着いた。
その行為に対する善悪とか、自身の主張、考えなどは、極力
書かずに、TELLをしてきた(接触を試みた)相手(一方的に
話しかけてくる)を黙らせるように、返答するのではなく、要するに
一生懸命にキーボードを打たせて、その会話の中で、「矛盾」
をつく手法。

そうした手法をとる人間に、己自身の考えや、理念なんて無い。
相手の弱点を突き、いかなる返答(回答)をしてこようが関係なく
後々のリスクや、予期せぬトラブルに巻き込まれないように
善後策を講じておくことは当然のことで、物事のよしあしを
論ぜず、単に、こいつはこんなことを言っていましたwと
ゲーム中の会話を晒しただけ。

だが、自己顕示欲が強く、自身の行動にはなんら落ち度も
他人に非難されるようなことはないと「信念」を持っている人間
(後々のことを考えて、相手を挑発しない程度に)と話す場合
相手の自尊心を傷付けるような表現は、極力避けつつ

あくまでも「話しかけてきたのは、あなた」私はいつでも
この会話をやめることが出来るのだから・・と、会話の主導権を
持っていることを、チラつかせながら、会話を続けていたとしたら
「相手」も、状況を考え、最善な言葉を選びつつ(警戒しながら)
会話を続けながらも、いつ終わりにしようかと考える。

そんなスリルある(脅迫じみた)会話から何を見出せと?
面白すぎる。いや・・・滑稽だwwwwwwwwwwww。
当事者同士では、どちらに主導権争いが重要になるだろうが

後日、会話内容(信憑性はともかく)を見せられた、見ることになる
本当の意味での第三者が感じることといえば
話の噛み合わないチャットを見て、チャットの中身よりも、チャットを
晒す「人間の性質」に疑問を持つ。

だいたい、何処から何処までが、相手の本音で、適当にあわせ
始めたのか?
本当に、そんなことが分かるのか?って俺は思う。

それに、話しかけた(TELLをした)相手も、当初は、適当な理由
を考えて、話しかけたまではよかったが、本来の目的が達成
されたかどうか・・・www。
結局、「本来の目的」が首尾よくいくまえに、相手のほうが
一枚も二枚も(ある意味)※※※で尚且つ、第三者気取りの
傍観者スタイルを貫き通したことで、相手の本音や、行為
そのものに対する姿勢を聴きだせずに終わっているように
見えた(チャットを改竄、捏造していたら、軽蔑に値する。)

しかし、面白いもので、意識的に会話の流れを作っているつもり
でいても、全体的な流れで見ると、不自然で、特異な場面が
幾つか存在し、TELLをかけてきた人物よりも・・むしろ・・ww
残念ながら、書き手の意思とは違うところを見て、面白がる
悪趣味な人間もいる。

そして、それ以外の第二、第三のコンタクトの相手に対しては
ぞんざいに扱い、適当にあしらい、相手の(ゲーム内のおける)
ランク、影響度、親密度などを鑑みて、相手との接し方を変えて
いるだけでのように思う。

あれでは、私怨の原因を作っているだけで、本人にとって
無駄な会話で、会話するに値しないコンタクトであっても
強い人間には媚を売り、それ以外には相手にしないでは
・・・・取り付く島も無いイメージを与えるだけである。
それが(あたしにTELLした場合・・)迷惑TELL防止策に
なっているのであれば・・あっ、なるほどね^^判りました
と・・・?あっ、すいません。余計なお世話でしたねww


人それぞれ、受け止め方が異なると思うが、長々と書いてあった
割りに、「だから何が言いたいの?」と言いたくなるが、「私は
別に、その行為に対して善悪を述べるつもりはありませんし
私一個人の意見を述べるつもりはありません」と切り替えされて
しまえば・・?って思う。

広い世界が存在し、ネットゲームの世界が存在する「箱」のなかで
色々な考えや、生活環境が異なる人間が、ログインして生きている。

そうした世界で、コンタクトを持とうと、話しかけてきた相手の存在や
意見、考えを全否定し、私は単なる傍観者です。などと、第三者気取り
で書いたところで、ブログの訪問者である閲覧者には何も伝わらない。

まあ、要するに、ブログなんてものは、所詮、チラシの裏書程度の
内容かもしれんし、ゲーム中を塵屑同然に、思考能力零状態で
漂っているだけの人間でも書ける代物かもしれないが
その記事は何のために書いたの?と思われないように
てめえ自身の言葉で、書くべきだと俺は思うだけだ。


そう言っているてめえも、よくまー長々と・・ええ

自分自身を言葉を遠回しに言う癖のある人間
表現したがる人間ほど屁理屈を
並び立てては、長く書くのであります。
ですから、私も・・あの某ブログの記事を見て
なんか変ですよね~と短くかけない基地外
なのであります。wwwwww
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。