スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

蜘蛛の分身。

 2009-01-12
ブログを書く人間は、常にブログのネタに飢えており
ネタになりやすいこと、ネタが発生するであろう場所
には、マネキンを配置して、アンテナを張る。

だから、このゲームのユーザーの多くは、SSの撮影
機会をうかがい、SAY、TELL、チャット、等のログを
ブログに張って、記事にする。または、SSを撮影し
撮影したSSを元に、一つの記事を書き上げる。

それはつまり、そうした場に集った人間がイベントを
純粋に楽しむつもりでいる場合と、「何か」を期待し
撮影の機会を伺っているものとでは、おなじ野次馬
群集?に見えても、嗅覚が違う。

もちろん、その「嗅覚」とやらが、現実世界、社会に
おいてどれほど生かされているのか?などは
知ったことではない。

いずれにせよ、そうした場には、ブログを書く人間が
いるとしたら、もし俺が其の場にいたとしたら
書くことが違うのは当たり前。見てみるものが同じでも
感じることが同じとは限らないから。

だから、俺の場合、一つの鯖で、ユーザーイベントが
あった場合などは、体験垢でキャラを作り、適当な名札
を作り、イベント会場を徘徊する。

もしかして、知っている人間、ブログを書いていて
声をかけたことが無い人間がいるかもしれない。
発見したら「声」を掛けてみる。すべては話しかける
ことからはじまる。俺のブログは、その瞬間から
書き始めているといって良いw。

そうした「目的」である以上、純粋に其の場のイベントを
楽しむつもりで、イベントに参加していない下衆野郎
である。

え?名前はどうするかって?、単なる影の為に頭上に
輝く「名前」に意味を考えても無意味。
むしろ、目立ってはいけないので、奇抜な「名前」には
しない。そのほうが都合がいい。其の場の目撃者で
あればいいのであって、個性など要らない。

相手に予防線を張らせる暇を与えず、適度な緊張感と
適度な距離感を保ちつつ、話をする。
雄弁な相手には、話をさせて、寡黙、気難しい相手とは
無難な話をして、さっさと切り上げる。あいてもそれを
望んでいるだろうと思うから。面白話、楽しい話を聴く
以前の問題として、常に意識していることだが。

会話で得られ物がなければ、長話は時間の無駄。
会話をするのは、書いている人間のことが知りたいから
であって、会話が成立しなければ、会話の意味は無い。

激情型、情緒不安定型は・・・触らぬ神にたたりなしw


だが、俺のアンテナも感度が、悪くなってきたようで
各鯖で行われている(行われた)イベントの存在を知らず
後日、そうしたイベントがあったことを、他のブログで
知る始末・・情けなや・・だせー(><)俺。

ましてや、そうした場に、個性的なマネキンが来ていたことを
知った日には・・・orz。である。(><)

 あああ・・折角の取材の機会が

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。