スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

基地外の独りよがりな意見。一

 2008-09-18
ブログでも何でも、他人のスタイルに影響されやすい
人間はどこにでもいる。
あーしてみたい、こーしてみたいと、あの人のブログの
書き方が好きで、私も真似してみようなんて思っても
現実的な問題として(?)ひとつのグループに入っていると
そのブログを書いている連中の雰囲気につられて
良いところを(自分なりにアレンジしたつもりでも)まねた
つもりでも、実際は、良いところ(優れたところ)悪いところ
(欠点、要改良点)も一緒に吸収してしまう。

そして、ひとつのグループ(遊び仲間)に入ってしまうと
何が良くて、何が悪いのか?判断すら出来ないほど
感覚が麻痺すること。これはもっとも恐ろしいことで
その日のブログの記事にするために、グループに属する
仲間と同じような表現法(手法)が似てくることである。

書き手がそのことに気がついていればいいのだが・・
そうしたブログに引寄せられる訪問者もまた、そうした
ブログに感化された者たちであり、そのブログの手法が
心地よく、そのブログの「エキス」こそ、そのブログの
本質または、面白いところだと思い込んでいることが多い。

だから、ブログの表現方法、着目点、雰囲気が異質に感じたら
それはそれで、はじめて来たときの感覚は、第一印象であり
その第一印象で感じ取った「風」こそ、そのブログの本質。
その本質は変わることはないのであって、読み手のそのとき
状態しだいで、受け止め方が変わっても、書き手の意思
感情には変化が起こるとは思えない。あるとすれば、それは
読み手の反応や、ネット上における「予期せぬ事態」に対する
反応を考えるとき。そうした時の反応の多くは「言い訳」じみた
行動が多いようだが・・・。


何度か訪問し、読み漁っていると、初期(はじめて来たときの)
印象が薄れ、どことなく感化されてしまうこともある。
だから、一定の期間(時間)を置き、そんなブログの存在すら
忘れるくらい現実世界で戦って、そんなブログもあったなって
スタンスで、星の数ほどあるであろう「ブログ」の記事に触れ
読んだほうがいいと思う。

書き手の勝手な妄想や、俺理論などを、受け入れようとか
理解してあげようなどと思わずに、そういう考え方もあるんだな
程度の「認識」でいれば、そいつの「独りよがりな狂気」に
触れずに、振り回されずにすむ。

書き手にしても、どこの誰が、自分自身の「世迷言」に付き合って
理解してくれているのかなんて、考えたところで、そいつの
本質が変わるわけじゃない。

見たいという意識があるから、何度でも訪問していても
ふと、冷静になって考えて、(訪問者が)気になった記事を
何度か読み返したとき・・・今まで受け入れていた気持ちが
萎えてしまうこともある。むしろ、拒絶し、書き手の真意が
理解できなくなったとき・・・・・・・・さてさて。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。