スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

新年だよ!全鯖集合~DOL(ドル)ラジはヒマ人を救う?!~(番外編)苦労は買うものか?

 2008-01-08
ねとらじ@DOLの年始24時間放送は終わった。
しかし、俺にとって、いろいろと考えさせられる
イベントだった。

何故、公開試験放送と称して、CM作成の録音
模様を「ネット」上に流しながら、各MCとのスカイプ
会議などを、リスナーに聞かせていたのか?
何故、そうした各種作業風景を公開しながら、
「打ち合わせ」をしていたのか?

未だに、真意を測りかねている。
何の意味があったのか?

あの放送を録音したのは、あくまでも
特定のキーワードに反応したから。
覆面放送であれば、誰も気づかれずに
互いの意見交換、放送の状態などを
確認して、各MC、及び関係者は
忙しく舞台裏を走り待っているだろうが

対するリスナーは、放送されるであろう
本放送を待つだけ。

だが・・・・・・・・・・。不運にも
関係者にとって単なる「打ち合わせ」
の模様をネット上に流したことで
特定のキーワードに反応し、結果
録音され、当然、録音した代物は
何はともあれ、聴くことになる。

本来であれば、適当なURLを設定し
特定のキーワードも設定せずに、関係者
のみ聞く「試験放送」にして、リスナー
に分からないようにするくらい
造作でもなかっただろうに・・・何故?

皆が知っている=クリーン、オープン?
皆が知らない=秘密の保持、閉鎖的 密室会議?

ネタを提供してくれるのは大いに結構なのだが
大丈夫なのか?と逆に心配になって(録音を)
聞いていた俺。

しかし、本放送はこれと言ったトラブルと思しき
事も起こらず、スケジュール通り無事に放送
終了したらしい。


召喚されたほうは、思ったこと(積もるに積もったこと)
現時点において、不満に思ったことを関係者にぶつける
ことは、当たり前のこと。

いつもの(ねとらじで話す雰囲気)雰囲気と違い
尖がった印象を与えただけで、聞き手は一向に
真摯な対応などせず、相手の問いかけに対して
曖昧な回答をして、にやけている風景が見て取
れた。
もし、ネット上に流れていることを知っていれば
(スカイプ会議に招待された側)苦情など言わず
紳士的な態度をとっていたことだろう・・・
だが・・・こうしたイベントにおける準備において
「今、準備していて忙しいから・・・ごめん」と言う
言葉で片付けられるのだろうな・・w

そうなると、その時点(召喚された時点)において
互いのやりとりが、ネット上に流されていることを
知っていたかどうか怪しい。
冷静になって考えれば考えるほど、あの試験放送
(クリーン?)の趣向は、悪趣味だと思う。

ねとらじ@DOLのアーカーイブに公開されている
録音ファイルは、あくまでも「本放送」のみ。
複数のPCが同時に、同じ番組を録音し、なおかつ
生放送を聞いていれば、ねとらじの鯖が不安定に
なるであろう事くらいは、誰の目にも明らかだ。

そうかといって、すべての放送を「録音」で流しても
掲示板の設置する意味もない。
リスナーは、不要、不都合の部分が削除された
「録音」を聞くだけになる。
そして、何のために24時間と銘打ったのかさえ
分からなくなってしまう・・・。

極端に考えれば、一部の番組は録音放送を
流していた。では、生放送で流すメリットは何だ?
ってことになる。

掲示板を読むことだけがメリットであるならば
すべての放送を「生放送」で流す意義など
見えてこないし、年末年始の忙しいときに
無理して、MCを召集する必要もあるまい。

結局のところ、盛り上がっていたのは
MCであり、その盛り上がるネタが下ネタ。
そして、相手の特異なところだけを取り上げて
面白おかしくからかう。

では、下ネタを使わねば、盛り上がらないのか?
単なる猥褻で、下品なことを垂れ流す
ラジオに成り下がったことになる。アホ草。

ただ、コレだけは判った。
イベントの運営に関わったスタッフが、一生懸命に
なって、ネットラジオを作っていたってことは
試験放送、イベント放送、イベント後の放送を聞いて
いれば、「自分たちは楽しめずに、気苦労だけして
一番の功労者」という、イベントの裏方さんの苦労は
否が応でも、録音ファイルから感じることができた。
無論、彼らがいたからこそ、リスナーも「ネットラジオ」を
聞けるのだから、いちリスナーとして認めざるを得ない。
           
しかし、非公開の打ち合わせにしておけば
舞台裏なんて知らずに済むし、互いの秘密は
共有し、無闇に口外しないようすることぐらい
できるだろう?ってことさ。

何でもかんでも、オープン、クリアーにすれば
リスナーが喜ぶと思ったら・・やれやれ
「本放送」よりも、そうした放送の方が
面白く感じた俺は・・・頭が可笑しいのか?

知らなくてもいいこと、知る必要の無いことの
分別は付くはずだと俺は思った。

自分たちが、私たちが、一生懸命にやったから
あなたたちは、こうしてイベント放送を聴けるんだ
という「本音」を聞かされているように感じ取ったのは
俺の幻聴か?単なる妄想か・・

ならば・・重症だな。いやいや、困った困った。

何が言いたいのか?と尋ねられたらこう答えるね。

少しでも、自分たちが楽になる方法を考えたほうが
あとあと、生かせることもあるだろうってこと。
苦労を買う必要は無い。いかに、効率よくできるか?
ってことを考えたほうがいい。

最後に、運営の皆様、参加されたMCの方々

ご苦労様でした。 そして、当ブログにおけるねたを

提供して頂、感謝しております。

有難うございました。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。