スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

激闘!!!五丈原の戦い。

 2007-12-29
ようやく、三国の首領の無双ステージをクリアーした。

脱力感www

無双シリーズにおいて、勝利条件と敗北条件が設定されているが
今回の(新作無双5)作品では、拠点というものをどうように
使うかによって、楽しみ方が変わるものだと、思うようになった。

さて、PS3の真・三国無双5では、高低の差が激しく、例えば
山の上にある「拠点」から、麓まで移動するとき、すり鉢上の道を
通っていくNPC(生真面目w)など、稀であり、大抵のNPCは

なんと! 崖から、我も我もと、飛び降りていく・・・

当然、俺も・・・騎乗したまま、落下しながら、麓へ戻っていく。
変な話だけど。

その高低差を感じられる無双も・・新鮮に感じる。
まるで、車に乗って、ジャンプするときの感覚を
ゲームで体験できるとは、思っても見なかった。

最初、戦場にいるNPCの行動には、驚いたものだが
今となっては、ゲーム中の日常的光景として慣れて
しまったw。人間、感覚が麻痺すると怖いw

さりげなく、光栄の遊び心をゲーム中(ゲーム画面だが)に
垣間見ることが出来る。例えば・・・(内緒w)

さて、話を戻す。

戦国無双の場合、本陣陥落が敗北条件になっていれば
いくら、味方の士気が最高であっても、万が一、取りこぼした
敵NPCが、味方本陣に切り込んでくるかもしれない。
そうした「万が一」のことを考えると、のんびりしていられないw

だが、拠点、本陣を守備している拠点兵と、味方総大将の
敗走が連動せず、本陣陥落=敗北条件で無い場合・・
互いの本陣に敵が乱入したとしても、ゲームオーバーになる
確率は低くなる。

内心、いつ大将が敗走するだろうかと思っても、人間(プレイヤー)
開き直って、敵本陣に突入することもあるw
俺は最後に、蜀の首領(劉備)のステージで五丈原をプレイした。
いや~~~レベル20台で(難易度・・さあw)クリアーしたが
光栄も、簡単には勝たせてくれないw

味方本陣は、敵が大挙して襲撃し、かたや、敵の本陣には
味方が攻め込んでいる状況下・・・なんとか勝利。
まさに、薄氷を踏む思いだった・・。あぶないあぶない。

え?呂布?・・・ん・・ん・・達成感に浸りつつも・・微妙。
嬉しかったけどねww。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/354-07041405
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。