スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ねとらじの実況中継雑感。

 2007-11-25
ユーザーイベントなどで、特に、模擬などを実況中継する際に
その世界にいる人にとって、(その場)当たり前のことであっても
リスナーに聞こえる音は、効果音のみであり、その場の臨場感
興奮度を、ねとらじを使って、伝えるには・・土台無理があると思う。

だから、口泡を飛ばしながら、MCが一人興奮し、実況中継を
していようが、その世界に居る者(その場にいるもの)同士にしか
その時の楽しさは伝わらないと俺は思う。

(本文と動画とは関係ありません)


音響効果及び映像を、組み合わせたものを、「動画」と考えれば
ねとらじは、音声という限られた情報より、その場の雰囲気や
イベントの進行具合などを判断することになり、その世界に行っ
てみようとか、その場所で行われているであろうイベントに参加
してみようかなとか、思ったりするかもしれない。

あくまでも、実況中継をするということは、「その場へ人を誘うこと
イベントに参加する人を増やす
」お手伝いをしているのであり
メインは「ユーザーイベント及び公式イベント」であって、ラジオの
実況中継があったからこそ、「ユーザーイベント」が盛り上がったなどと
思い上がるのは、勘違いも甚だしいと俺は思う。

(本文と動画とは関係ありません)


所詮、ねとらじは、ツールの一種に過ぎない。だからこそ限られた
その存在を知っている人間が聞く情報伝達の手段ということを前提
と考えれば、MCのフィルターを通じ、マネキンが蠢く様を楽しく
伝達することは、容易なことではない。MCの見ている状況や知りえた
情報を元に、その場の雰囲気を伝えるということは、MCの個人的な
意見や、批評なども、言語の端端に含まれている。

要するに、その場で行われているイベントを中継するときは、その場の
雰囲気と一体化して放送するのか、それとも、一定の距離を保ちつつ
黙々と実況中継をするかによって、リスナーに伝わる情報量に違いが
生まれるのではないかと。
聞く聞かないは、リスナーの選択の自由であり、中継をするMCからしても
無理して聞いてもらう必要などないと思うのは当然。
では、なぜ「実況中継」をしているのか?と言うことである。

単なるネタがないから、その場で暇つぶし的意味合いから流しているのか?
それとも、主催者側と協議して、その場の雰囲気を参加者に伝えたいから
放送しているのか?つまり、誰に向かって流しているのか?ということが
はっきりとしているのであれば、思い付きではなく、そうした「音声」を
流すことに「意義」を見出すべきだと俺は思う。
・・・・・・・・(LSL作成)大航海時代オンラインMAD・・・・・・・・・・


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/322-d7f6fc27
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。