スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

マネキンの仮面。

 2007-11-07
ねとらじ@DOL(番組表に掲載されていないものも含め)の
番組を聴いていると、それぞれの番組のねとらじMCは、互い
を、どのように理解し、認識しているのか?番組を聴いていると
ふと考えてしまうときがある。

あくまでもこれは、大航海オンラインゲームのネットラジオの
状況を俺なりに想定しているに過ぎない。
現在、大航海オンラインゲームの鯖は、四つの鯖が存在し
その四つの鯖ごとに、ネットラジオ番組が存在する。
通常のラジオと違い、冷静に考えれば、ややこしい設定に
なっていることに今頃、気がつく俺。

大航海オンラインゲームでは、課金、無料垢(アカウント)の
キャラクターがその世界に存在し、ユーザーはそのキャラクターの
カメラ視点をもってその世界を動くことになる。
だから、ねとらじ@DOLのMCは、まずその世界のキャラクター名と
ゲーム内の国籍を名乗る。
何故名乗るかといえば・・・何故だろう?別に、適当なHNを名乗って
番組を放送していいはずなのに・・・
誰が、何を語ろうと、勝手だと思うが・・

・・適切な答えかどうか判らないけど(自信等ないが)、あくまでも
ねとらじ@DOLは、大航海時代オンラインゲーム内のユーザーを対
象としているのであり、外部のものが聞くことなど想定していない。
つまり・・その世界を知るものだけが聴けばいいのであり、大きいな
意味で、身内放送をしていると言えなくもない。

普通のネットラジオは、適当なHNを名乗り、ネットラジオ(マイクを使い)
好きなように放送すればいい。話す内容さえ気をつければ、匿名性は
確保されているし、本名など晒す必要など全くない。

さて、本題に入ろう。

普通のねとらじMCとの接点が、大航海オンラインゲームの元、前ユーザー
であれば、少なからず接点が持てる、ただし、放送している本人にとって
大航海オンラインの「イン率」、日常生活におけるネットゲームの割合に
よって、認識のずれが生じても、さしたる問題にならないはず。

なぜなら、普通のラジオをリスナーになった(存在を知った段階で)時
既に、その番組の特性を理解したうえで、聴いているはずだから。
だから、最初は接点があって、実際はないラジオでも、すんなりと
受け入れられるユーザーもいるし、受け入れられず拒絶するユーザーも
いるってことになる。リスナーの選択の自由って奴だろうねwww。

俺も今まで、ねとらじ@DOLの番組であれば、大航海オンラインゲーム
話題中心であるべきだと思っていたこともあった。でも、マイクを装着し
大航海オンラインゲームの話題を中心にした「一人語り」をしようとすると
言葉に詰まる。何故?・・まあ、俺の場合、その世界に出たり入ったり
している状態で、本当の意味で、DOLの世界など知らない。
刻一刻と変化するゲーム仕様の変化。運営側の提案してくる「イベント」
への参加、その世界にいる仲間との遊戯など、日の浅い新参者には
判りえないゲーム内の楽しみ方を熟知していないと、そのゲームのことを
語ることは難しくなっていく。
また、仮にそのゲーム内の長く留まっていたとしても、本当の意味でゲームの
ことを(ゲームサービス開始から、現在に至るまで)あらゆることを知っていて
ゲームのことに精通し、ゲームの裏事情まで知っていてこそ、ゲーム内の
ことを語ることが可能となるわけだ(あくまでも、俺の妄想に過ぎないが)

ゲーム内における「しがらみ」など、キャラデリートし退会してしまえば
綺麗さっぱり清算されるが・・・そこまで至ると完全にゲームとの接点など
なくなり、完全に名無しになってしまう。しかし、一時的に「引退」として
ゲームと距離を置くことも可能となれば・・・ゲームに対する考えもまた
変わってくる。

だからこそ、現実の話と、電脳ゲームとの話を混ぜることで、ネットラジオの
番組の質も変わっていくし、現実と、電脳ワールドとの二重の仮面をする
意味もまた、問われていくことになる。
つまり、ねとらじ@DOLのMCは、ゲーム内のキャラクターと現実の仮面の
二重をつけることになり、MCの本性が隠しやすい反面、見えにくくなる。

その仮面がはがされるときが、オフ会などでの「ユーザー同士の親睦会」
チャットや、スカイプ。ゲーム内でのチャットでは知りえないかった互いの
印象の違いを認識するときなのかもしれないwwww。

そして・・・互いを認識したことにより、以前のように、好き勝手なことを
どこか躊躇し、言えなくなって行く。ふふふふf。
但し、そうした「親睦」の場において、醜態を晒したとしても、人の失敗を
面白がって話題にするような輩は、淘汰されるんだろうね。
それでも、どこか互いに、一定の距離を保つことは、必要だと思う。

あくまでも、電脳の世界の住人として、接していれば触れなくてもいいこと
触れられたくないこともあるのが、世の常。だと思うのは・・俺の妄想かなw




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/302-745eff44
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。