スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

蒼き炎を抱き者へ・・・後編

 2007-09-09
~隙間風は、炎を揺らす悪戯をした後、何処か去っていく~


オフラインゲームと違い、オンラインゲームでは
提供されるゲームの世界観によって、ゲームのルール
その価値観などが決定し、電脳の民はそれに従い
各々求める生き方もまた違っていく・・・

その世界を往来するネットゲームプレイヤーの
多くは、他人のプレイなどには目もくれず、また
己自身のプレイスタイルに対してもまた、独特な
価値観を構築していく。だから、他人のことなんて
気にせず、思うがままに生きていると思う。
ましてや、他人に自分自身のプレイ方針に対して
干渉受けることなど、嫌がるものだと思う。

他のゲームにおけるプレイヤー同士のバトル(PK)の
現状など知る由も無いが、運営側の用意したクエスト
依存生活に嫌気をさした一部のプレイヤーは・・・
違った意味での刺激を求め、受身から攻め手へ変貌を
遂げる。たとえ、そのプレイヤーの生き様もまた
ゲーム世界の枠組みと考えてしまえば、白けてしまうが
・・。

しかし、その世界に足を踏み入れたときの緊張感や
新鮮味は、プレイヤーのレベルが上がっていくごとに
醒めていく。そして、電脳世界で出来ることの限界を
知る。
一見、その世界がプレイヤーの望むことが実現可能な
革命的世界で、孤独と殺伐としたネットゲームの世界
に見える世界であっても、世界を作る基は何か?と
考えれば、現実社会では実現不可能、体験不可能な事
の妄想であると言っても、それはあくまでも
私の妄想なのかもしれない。しかし、どんなにマネキンに
憑依し、本体を隠しても、プレイ当初の革新的意識から
高レベルPCに成長する過程では、保守的な意識に芽生え
現状のプレイスタイルからの脱却に対して躊躇する。

何故、躊躇するのか?・・・・

今いる世界での、己自身に対する(他のプレイヤー)
評価、認識、知名度等の変化に対する躊躇かもしれない。
無論、最初から、異質に移ることを確信したプレイを
意図的にする場合は・・躊躇などするわけが無い。

私が、そのプレイヤーと出会ったのは、ふとした偶然
だった。自身のプレイスタイルが、仲間に理解されず
異端視されつつあると嘆くプレイヤーがいた、

大航海時代オンラインゲームの世界において、これまた
一つのプレイスタイルとして確立した「少数派」への
ユニークな接触方法が理解されていないというもの・・

その人物との会話時間は、きわめて短かったが
私なりの(いい加減な?)アドバイスを送った・・

「恐怖には、恐怖で覆い、力には力で立ち向かい
 今よりもっと強くなって、海賊として生きてみたら
 どうでしょうか?」

そして、その後、名も無き航海士は、晴れて?
海賊に転身した(らしい。)と風のうわさで聞いた。
それでも、冷酷非道なPKにはなりきれず、PKと非PKの
狭間を揺れているようにも見受けられる。
私には、その名も無き航海士の姿が、そんな風に映る

電脳ゲームに設定された(決められた)決まりを
平気な顔で破る輩であれば、その世界に生きる
資格などない。
でも、平凡に楽しむつもりで、刺激を求め課金をして
楽しむのであれば、自分流の生き様、信条を貫くのは
自由。ただ、その生き様を無理やりに理解させようとして
それば、無意味で無駄。

それならば・・価値観を共有できる仲間と生きることを
考えることで、不安や迷いが払拭できるかと思う。
所詮、価値観の共有が出来なくなれば、仲間も自身も
他の道を選ぶだけのこと。


貴殿に、よき風が吹きますように

蒼き炎を抱く者よ



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://tuchigumo.blog57.fc2.com/tb.php/254-fd2d8020
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。