スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ブログとねとらじ

 2007-01-21
ネットラジオの番組は、こうあるべきだとか
ゲームブログは、こうあるべきだの、そんな
一方的な意見は押し付けがましいだけである。

さて、ネットラジオ番組に興味を持ち、たとえ
ネット回線の状態が不安定であっても、リスナーが
辛抱強く?そのラジオを聞こうとしていることを
考えると、単純に言葉では言い表せない感情で引き
寄せられいる(惹かれる)とは思う。

ブログを書こうと思ったとき、自分のブログの手本
となった(影響を受けた)他のブログがあったとして
も、時間経過とともに、当初の思惑とは違ったブログ
になることもある。

では、ねとらじの場合はどうか?

ねとらじの場合、試行錯誤の連続であり、常に変化する。
形として残るのは、設置された掲示板のみであり、音声
データーが保存されない限り、何も残らない。
また、人の記憶など曖昧であり、継続的に放送しない限り
たとえ、多くのリスナー数を確保し、リスナーの望む
番組作りを心がけたとしても、記憶に残るほどのものか
どうか・・・正直、怪しい。

ブログの場合、閉鎖されない限り、お気に入りの登録して
おけば、いつでも閲覧できるが・・
ねとらじ番組は、その時間にならないと、放送は聴けない。
放送時間にアクセスするか、録音ソフトを用いて、対象と
なる番組を聴くことによって、リスナーとしての「欲求」が
満たされることになる

だが、・・・・・

ねとらじとは、常に存在するモノではなく、突然現れたり
消えたりする、非常に不安定なモノで、放送を行う者の
感情が反映されやすい。
つまり、リスナーは、放送時間に流されるラジオを、茶化す
ことなく拝聴すべきラジオを大事にすべきだと思う。

もし、お気に入りだったラジオ放送が、無くなっても
懐かしがっても意味はない。
懐かしく思うのであれば・・・あなたが「ねとらじ」を流せば
いいのである。w
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。