スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

八重の桜における「外国人教師」

 2014-01-14

去年、N○Kの大河ドラマ「八重の桜」を視聴していて、第一部?の
幕末動乱期から第二部の「明治時代(大学設立)」を録画していた
ので、退屈だなーと思いつつ、暇つぶしに見ていた。

さて、せっかく、民放ばりに、N○Kなりになりふり構わずに宣伝した
わりには、視聴率的は芳しくなかったようで(そりゃそうだろう
主人公のことなんて、今の今までごく一部の人以外知らないのだから)
史実にある程度沿ったドラマでは、冗長に感じる。

ほかの人がそうであったように、俺もそのひとり。
東北の復興というよりも、時代の先端を歩む闘う女史という感じで
幕末時の荒廃からの復興=東日本大震災からの復興と結びつけようとした
あざとさは感心しないと思った



第二部において、外部の学生の編入(入学)と、外国人教師(宣教師)との
いざこざを見せられても、愛憎ドラマみたいで、嫌になった。
だから、途中で見るのをやめてしまったので、改めて(HDDの容量的に
厳しくなったこともあり)消去する前に見てみたのだが

確かに良く出来ていて、誰なんだろうこの人は?ぐぐってみよう・・と
ある程度の予備知識と関心があれば、視聴すること自体は耐えられるものだなと
思いつつ・・・

はっきり言えば、主人公の旦那(校長)は、雇われ校長に過ぎず、スポンサーは
外国勢力であり、宣教師(英語教師)は彼を排除し、経営権を剥奪すべく抵抗
していたというのが(簡略して表現すると)そうなるらしい。
時の政府は、外国勢力の跋扈だけは許さないという姿勢だし・・・

・・・・

今になって考えると、大学設立の苦労と、内部のゴタゴタを見せられて
視聴者が「ああー見てよかったなー」などと思えるかどうかといえば
さて?どうなんだろうかなとwwww

(;´∀`)

ではでは。

遅くなりましたが。*。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウ゚.:。+゚

本年もよろしくお願いします。


カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。