スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宣教師と洋学

 2013-09-19
戊辰戦争後の八重の桜を見ていると、いきさつを理解できないうちに
唐突?に西洋学問を学ぶ主人公がいたw
つい、最近まで洋式銃を担ぎ、篭城戦をしていた女戦士と同一人物とは
思えないほどの、変わりように驚かされたw

恐らく、ここからが本編なんだろうなと思いつつ・・ふと疑問が。

さて、数年前にN○Kで放送されていた龍馬伝(幕末)では
各藩からの学生(藩士及び脱藩浪士)が学んでいたものは
主に航海に必要となる専門知識(語学、数学など・・)であり
志も(目的も)様々であり、異国船を追い出したい一心のもの
海軍学校で学んだ、航海技術を活かし、一攫千金を目指すもの
など、なかなか面白い描写だったドラマだが・・・

では、八重の桜はどうなのか?

オナゴも学問を身につけなくてはいけない!と・・・

ジェンダー思考ですか??@@;;
まあ、男女平等はキリスト教の教えだ!と言ってしまえば
そうなんだろうなと。

幕藩政治の時代には、禁教であったキリスト教も、倒幕の結果
以前とは異なり、大でを振って・・とまではいかない。
まだまだ、旧時代の影響が残って、国民からは拒否反応が
出ている中・・・

開講する場所(地域)を京都にしたというあたり
御一新=古きものを否定する=古からの風習等をイッサイガッサイ
破壊するという目的の一つ=手段としては、いい着目点だなと
思うけど、そんなに簡単に否定などできないし、受け入れることなど
できまいに・・と思ってみることに。

英語の学習=聖書を学習=布教?と、幕末時の学習熱とは
明らかに異なる時代描写に驚いた俺w

ああ、そうか・・今の時代にキリスト教系の私立学校が創立
(設立)されたのはこういう流れがあったのかと・・・

そして、仏教系の学校が存在するのは、基督教布教に
対抗手段目的があって、創立されたのかと、今まであまり
意識していなかったがある意味「歴史の再認識」が出来たきがする。

ではでは

カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。