スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大東亜戦争とスターリンの謀略という本を購入。

 2013-08-22
幕末から明治に至る「経過」を書籍等で調べ、さらに、明治~昭和と
時代が変わるごとに、薩長連合(肥高含)の軍事行動に違和感を覚えた
ことから、この書籍を購入するに至る。

さて、この書籍、妙にずっしり重い。

俺の気のせいかもしれない。

当初、某アマゾンで買おうかと思ったが
尋常ならない価格で、心が折れた。
いや諦めざるを得なくなったが・・・

インターネットで書籍に書かれている内容を
知ったことで、無性に欲しいと思ってしまい
GHQ発禁図書刊行会事務局という場所に
「FAX注文」した。

欲しいと思って、ネット検索をし、関連情報を
得ようとしても、どこで売っているのか
どうした手に入るのか、書籍は発売されて
いるのか?とか、必要な情報が得られず
難儀した。

購入する前に、扱っている書店にTELして
在庫を確認すべきだろうかとか、もし
在庫が無かった場合、予約を入れることが
できるだろうか?など、購買意欲が
右に左へと振り子が言ったり来たりして

     「正直迷った俺」

でも、一般流筒していない本だと知ったとき
迷いはなくなり、イチかバチだなと考えて
購入希望FAXを送信し・・・数日後に届き
当日、振込を済ませることができた。

バラパラと読み、難解な内容だと思いつつ
次の疑問が・・・
「昭和研究会」とはなんぞや?と

そして、軽く読み、ふと思った。

戦場に派遣された(赴任)兵隊が戦うとき
既に何者かが、人の命など考えず、国民の
犠牲など顧みず、ただ、ただ、ただ
国力の低下、人心の荒廃、財産等の消耗を
目的とした「謀略」によって、何万という
人命の犠牲が行われたのかと思うと・・・

「これ以上の怒り」を覚えたことはない。

ではでは

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。