スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

新しい時代を生きる武士。

 2013-08-19
明治時代になり、数年前まで、攘夷だの狂ったように騒ぎててていた
のが信じられない日の本は、西洋風に変わっていく。

だが、上辺だけの倒幕運動は、結果的に国土を焦土とかし、侍の争いに
巻き込まれた領民には迷惑極まりない内乱も収まったのか?

それとも、革命の恩恵を受けられず、針がブレ、急回転した世の中に
順応できず、日陰者になってしまった旧体制(支配階級)の人間の
憤りもまた存在し、窮屈だと思っていた時代が懐かしくなり・・・
己の身の振り方を考えなくてはいけない。

そんな世の中になってしまった明治の時代。

さて、戦争など起こしても何もいいことなどない。誰が得をして
損をしたのか?そんなことは、のちの歴史家が勝手に推測し、考えれば
よいこと。

暴れたい一心で、好き勝手に戦争を起こし、勝者となっても
その後の人生がバラ色とは限らない。
むしろ、武力にて革命を起こし、旧支配階級を引きずり下ろし
旧体制、古き価値観を否定、習慣を否定し、新しい価値観を押し付け
新しい生き方を国民に強いる。

 これすなわち「革命」なりw

始まりから、歪が生まれ、淀み、次第に矛盾が生まれようと一旦
動き出した「新時代」は止まらないし止められない。
旧体制を打破し、新体制になったからといって、世の中がすぐに
順調に行くとか限らない。むしろ、脈々と続いてきたものを
木っ端微塵に吹き飛ばし、葬り去ったことで、すべてのことを新構築
しなくてはいけない。
信念もなく、理念もなく、これといった「理想世界」すらなかったと
思しき新政府にあって、戦争当時(内乱)から問題になっていた
「資金」=国庫の状態がいよいよ切羽詰った状態にw

革命戦士は、勝鬨をあげ、美酒に酔っている暇がないほど、現実に
向かい合わなくていけない。有能で野心的な革命戦士は権力の中枢に
引き寄せられ、内乱当時には大した武勲(武功)を上げられなかった
無能戦士は優秀な戦士が(恨みつらみを買い)次から次へと早死して
いく中で会っても、出世していくw

これは由々しきこと・・しかし・・・ものがない、金がない、人がいない
現状では、人材の発掘も・・・ままならず。倒幕派の権力抗争が激化
していくであろうと思う。

おそらくこれからが本番。それにしても、重ね重ね惜しいのは、旧体制当時
(内乱当時)若輩の年齢であったであろう「少年兵」が戦死していくさまは
たとえ、武士の子に生まれ、殿を守り、戦場で死ぬのは侍の宿命だとしても
・・・

彼らは若輩ゆえに、世の中の流れに、早くから馴染めたであろうと思うと

・・・現代の平和主義とか、価値観など全く相容れない世界で生きてきた
武士の子弟(子息)でも、うまく世の中に順応できれば、明治の世にあって
何らかの功績が残せたのではないか?と思うと残念でならない。

カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。