スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

会津若松城落城~降伏~

 2013-07-24
新政府と旧幕府軍(会津藩)の戦闘を見ていて
気になっていたことがある。

なぜ、会津藩の殿様の陣羽織は全く汚れず
全くの新品、まるでどこかの博物館に
おいてあるような・・・

すごく綺麗!

対して、家臣一同の甲冑はあんなにも汚れて
いるのか?
まずは、そこから違和感が・・・。

無精ひげをはやしていても、ホコリ一つない
泥にも塗れず、とても「過酷な籠城」している
雰囲気がない。

それに比べて、家臣一同及びその家族の悲惨な状況は
(ある程度の表現を抑えているとしても)それなりに
伝わってくるし、まるでロケット砲による砲撃みたいな
演出に??となっても、視聴していて、坂の上の雲の
二百三高地の攻防(日露戦争)で見て演出だと思うと
もう・・デジャブ!ww

ああ、第一部が終わったのかと思うと、このあとは
西南戦争はやるのだろうか?でないと、もう派手な
戦闘シーンは望めない。
まさか、八重が官軍になって、田原坂ほかの戦場に
赴き(会津藩にとって憎き)薩摩兵児と戦うとは
思えないし・・・・

すいません。無双のやりすぎかwwww


(ーー;)

でも、俺にとって、こうした幕末の動乱~
明治初期の歴史は知らないことが多くて
勉強になる。

そういえば、あの尊王攘夷の発祥の地?水戸藩は
何をしているのか?
いま、水戸藩関連の書籍を購入して読んでいる。

また感想を・・・書きたいなと

ではでは。



カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。