スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

気になると、つい・・・欲しくなる。

 2013-06-28
武士世界が音を立てて崩れ去り、崩壊後に待っていた世界で
何が起きて、どうなっていったのか?

なんだか最近、気になってしょうがない。知りたくてしょうがない。

そして、いつのまにか俺のマイブーム、それは「幕末明治期関連の読書」
になりつつある。

さて、何百年も続いた社会習慣、風習、社会秩序が多くの人命と奪い
人の運命を狂わし、そして、多くの文化財破壊を招くことになろうとは
今まで全く知らなかった俺。

いっときの興味で終わるのか?それとも、それなりに継続して
関心を持ち続けられるのか?正直俺にもわからない(自信ないw)

それはともかく、この前の記事を書いたとき「山本覚馬」なる人物が
提案(提言?)した事柄に興味を持ち、なにかしらの参考になればと
思って、書物(和書)をネットで探してみた。

山本覚馬伝山本覚馬伝
(2013/02/07)
青山霞村

商品詳細を見る




探索の結果、山本覚馬伝なる(予備知識の全くな俺でも読めたw)
書籍を購入するに至る。
まず、ペラペラと読み、「うぬら!目次から読め!」と文中に書かれて
いたので、目次を・・・。

・・・・結論から言うと(感想)~伝というと、どうしてもその人物を
過大に評価し、全知全能なる神のごとく、かき立て、煽るものだと
おもっていると、気持ちいいほど、裏切られる(裏切られた気がした)

で、本来の目的である「~先生は~の功績を残した、~のことに尽力した」
ことを知りたいと思っていたのに、~先生の弟子?による回顧録みたいな
構成であるわりには、意外と・・・肩肘を貼らず、ソフトな口調には
好感が持てた。

「偉大な先生だが、私はひとりの人間としての先生を語りたい」といった
感じだろうと。うまく表現できないw

さて、また一つの疑問が・・・この先生はどういう階層(知識層)の
方々とお付き合いがあったのか?どういう影響を受けたのか?
そういうことが知りたくなる。

いかんなー俺。いかんぞー俺www

カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。