スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

鬼平「はさみ撃ち」を見て

 2013-05-29

BDの機能であろう「関連付け」録画の一覧で
鬼平が録画されていた。

別に、鬼平に限らず、時代劇が好きということ
もあって、適当に見ていたが・・・

なんか違うなと「はみうち」なる作品を見て
思った。

鬼平犯科帳という作品の造詣が乏しい俺としては
取り締まる側と、取り締まられる側つまり
警察と犯罪者(集団)との戦いの描写の違いが
あるにせよ、あらすじとか結末に関係なく
いまいち、ぴーんと来ない。

だが・・・

犯罪者であったものが、その凶行(手荒な真似を
しない人間であろうと)を悔いあたらめて
堅気として、余生を送っている爺様とその子分の
店に賊が入ろうとして・・・

その時・・・

「食えねえ爺様(ご隠居)だな」とつい、最後まで見てしまったw

妾?の裏切り行為から、間男(賊)の魂胆やら

「爺様は(ご隠居さまは)全て、お見通し!」

単なる捕物では終わらない、おもしろさとはこういうものなのかと
思わず唸ってしまった。

なんだろうこの作品は、ちょっと違うなと。

たんなる偶然で、「はさみうち」という作品を
しることになったけど・・・面白いものがあるものだと
妙に印象に残ったので、その感想を書いてみた俺。

カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。