スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

変わりゆく田舎の風景

 2013-03-17

ちょうど春の時期は(俺の生業敵に)繁忙期であり
自宅と仕事場を往復するだけの日々が続く。

したがって、世の中の動きそのものは、
新聞テレビ、ネットなどで知ることができるので
別段、支障はない。

しかし・・・

現実に触れて、見て感じないと「本当の意味で
実感などわかない」

さて、一ヶ月に及んだ繁忙期狩終了記念に
駄文をw

車で田舎道を走行していると、ある種の変化に
遭遇する。
そんなことは、些細なことであり、経済のうねり
社会的な変化の一端に過ぎないとおもいつつも
気になる。

田舎道を走っていると(縁もゆかりもない場所)
つい最近まであった(存在していた)廃墟もしくは
空き地に重機が入って、整地をしている風景が
多く見られること。

そうした場所の多くが、後に、短期滞在型のアパート
などが建設される流れが多かったためか、どうせ
そうなるんだろうーとおもってしまう。

しかし、最近は違うみたいで

整地された空き地には、売り地(貸し地)という
看板が立てられ、すでに所有権等が不動産会社に
移行された事例が多いこと。

また、変わった流れとして

介護施設がやたらと増えつつあると言うこと。
当然、介護するためには、患者も介護スタッフも
必要となることは明白であり、当然、資本力が
ない法人が建設するはずもなく、必然的な流れ
として、~グループとか、~医療法人という
形式の医療形式となる。

何が言いたいかと言えば

土地が動く要素も、いろいろあるんだなと
考えさせられ、建物等を撤去した後
そこの所有者が自宅等を新築する場合を
除けば、たいていの空き地は・・・・

「単なる更地」として放置され
ふと、町中の居住区を見渡せば
ぽつりぽつりと、空き家が増えている。

人が住まなくなった家は手入れが
行き届かず、荒れ果て、最後は倒壊するか
人手に渡って処分される運命が待っている。

それを過疎状態の加速と言えば話は
簡単だけど、緩やかに確実に時間が流れ
ていく。

まっ、そんな一つの流れがあるのかなと
思って、田舎道から見える土地の変化を
眺めていると、考えさせられるって
ことで。

ではでは




カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。