スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

趣向品を知る。

 2012-06-17

今まで、コーヒーを飲むときは、インスタントで済ませていた俺。
しかし、お手軽インスタントコーヒーを飲んでいても、さっぱり
心が満たされない気がして、もっと背伸びしてもいい年では
ないだろうか?と疑問に思うようになってきた。

さて、人によっては違うだろうけど、俺自身、田舎者ゆえ、本格的な
コーヒーの香りには、ある種の憧れを抱いている。
いいな香りだなと思っても、二の足を踏み、どうしたらあの香りを
味わうことができるのだろうか?と、香りに触れる機会がある度に
一瞬、考えることがあっても、すぐに忘れていた。

いや、深く考えないようにしていたというべきか。

そうでなくても、何が必要で、なにをすべきなのかと、知らないこと
だらけで、面倒くさいというのが本音。

ある日、職場に電動式のコーヒーメーカーが届いて、飲む機会があって
・・・。
忘れかけていた「嗜好の時間」を取り戻せた気がした。

だけど、お手軽価格のコーヒーメーカーとはいえ、粉状(レギュラー)
コーヒーと、ろか用のペーパーが必要になることを理解するように
なってきたが・・・

まあ、消耗品だと割り切って・・ついにコーヒーメーカーを買った俺ww

でもって、試し用にコーヒーを取り寄せて、ペーパーを使って
コーヒーを飲んでみた。

     「特別、うまいとは思わないが、これもありだろう?」
と、自分自身を納得させて・・・
そこで終わりではない。

問題は、コーヒーを入れて飲むということは=コーヒーも減る。ペーパーも
その都度取り替える=徐々に減っていく。→補充しないといけない。

(メ・ん・)?

あーあ、なんて金のかかるものなんだwと。実感。
だけど後悔はしていない。

なぜなら、飲みたいなーと思っていても、必要となる機材とか知識が
ない場合ならいざしらず、そうではなくて、とりあえず、「ある」こと
こそ肝要なのだと。

金のかかるものゆえに、「趣向品」なのだなと、思ったり。



カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。