スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小火

 2012-02-16
ネットの呟きは、何かのきっかけで、炎上したり爆発したりと
危険と隣り合わせ。言葉の暴力は永遠に癒されない。
相手と向かい合うわけでもない。

だから、呟かれた内容に対して、一定の自覚と責任を持って
呟かないと・・・思いもしない場所から・・・小火が起こる。

さて、己の呟きなど、大した意味がないと思っていても
その発言のもとになった「キーワード」に関して
全ての人間が同意するとは限らないとおもう。

不特定多数のユーザーが(自分の発言を見て)「つぶやき」
に対してどのように解釈して、発言主に返答してくるか
どうかも定かでないし・・・
正直俺はわからないし、ちょっとそうした危険性のある
発言は「つぶやく前」に少しだけ間を入れる。

だけど、その一言を、第三者が肯定的に取られるか、否定的に
捉るかどうかなど。
人それぞれ、物事を判断する際の「基準」は違うし、つぶやいた
人物に対する「評価」次第で変わるわけで・・・

つい、うっかり?素朴な疑問、裏表のない率直な意見を
「ぽろっ」と入力したとしても
ネットの海(河に)流してしまえば、それでいいのかと言えば
そんなことはないとおもう。

もし、自らの発言による「他人の反応」をみて、おや?と
思ったら、早々に火消しをするなりして、冷静に対処するように
しないと、小火騒ぎでは済まされなくなる。

その微妙な(デリケート)ジャンルは何だろう?って考える。

政治、宗教、スポーツ?

いやいや、争いの元になる「種」は無限に存在するように見えて
実際は、ごく身近なことでなりやすいとおもう。

あいつのやっていることは気に入らない。とか
俺はこう思っているんだ。こうすべきだ。
~はオカシイ。許せないとか・・感情的になって
つぶやくのは・・・。

仮に、互いに面識もなく、素性も知らず、どこに住んでいるのか
どんな職業の人間で・・・などの個人データーを共有などしていない
間柄であれば・・・

深くなく、広すぎずの
それは、非常に、些細なこと、案外身近なこと。

判りやすく言えば、あなたはそう思っているかもしれないけど
わたしは、こう思う。と思った瞬間、小火が起こる。

尽きるところ、不毛な争いを避ける、守るためには・・・
自分基準で物を考えず、こんなことを言ったら、誰かが
反発するかもしれない。嗜めるかしれない。とか
常に、他人の目を意識した発言をする。
それしかないと思う。

自分が被害者になる、加害者になるかもしれない。
たいていの人は、自分が被害者になった時には
大騒ぎをして、相手を攻撃する。
でも、逆の立場になり、加害者になったとき
どうするのだろう?黙っているのか、それとも
謝罪して、己の非を認めることができるのか。

ふふふふ。

現実の火事は、あらゆるものを燃やしてしまうが
ネットの火事では何を失うのか?

それは、ネットを介して作り上げた、見ず知らずの人間同士の
友情なり、信頼。簡単に作れそうで作れないものだからこそ
壊れないように大事にしないといけないと思う。

しかし、価値観の相違がある人物であっても、どこか
分かち合えるだろうと(希望的観測)思っても、やはり
本能的に避ける。

ブロックしたりして、相手にしなかったりすることで
無用なトラブル、間接的に相手に「無視をした意味」を
伝える(教える)ことで、互いの自尊心?を傷つけずに
済む方法はいくらでもある。

だから、不用意な発言は・・厳につつしみ、気をつけないと
いけない。自覚しろ俺。

ではでは
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。