スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自由奔放の壁

 2011-08-13
自分には人を楽しい気分にさせたり、嬉しい気持ちとか
暖かくなるような「気の利いた」記事を書く才能が無い。
だから、自分には無いものを見せてくれるブログを探したり
見たりするのが好き。でも、なかなか巡り合えない。

さて、人はよく、ネットゲームの世界を楽しんでいれば
楽しい記事が書けるとほざく。
本当にそういうものなのか?

果たして、楽しくてファンタジーな世界に居るからと
言って他人が見ても、書き手と同じ気分になるのか?
いいや、違う。
人によって視点が違うように、自分のキャラの成長
観察日記とか、備忘録的な意味合いの書き物を見て
楽しい気分に浸れるのか?

それでは、書き手が楽しい気分のままで書いているの
になぜ、更新が止まったり、登録を解除(抹消)して
書き物の存在を消すのか。これは矛盾している。
寝食を忘れ、つぎ込んだ金額、育成するにかかった
時間も膨大だっただろうに・・・

肝心なのは、書き手(ユーザー)が何を目的に書き続けて
いるのかという「目的」がはっきりしないと、いずれは
書くことが面倒になり始めると思う。

そして、その世界の出来事、ルール、縛り付けるものを
当たり前のことのように論じ、何食わぬ顔をして
愚直にだらだらと生きていれば、飽きるに決まっていると
いうこと。
かと思えば、効率を考えて、ありとあらゆる方策を講じて
快適に生きようとするのも居る。当たり前といえば
当たり前だけど。

何だか、無駄に必死になっているような気がして、痛々しい
気分にさせられる。

それら、必死になっているさまをブログに綴られても
ブログのタイトル名も、書き手のキャラ名などまったく
覚えることも、心に響くものも無く忘れてしまう。

その世界で起こったこと、出来事を当たり前のこと
普通のことだと感じずに記事として書くことが出来れば
読み手にとって、それは一つの驚きであり、新鮮なものに
見えてくる。

たとえ、行き着く場所が同じで、結論が出ていようとも
間違えても、始まりと終わりを見れば満足ってことは
無くなると思う。

書き手としては、生きている時間を見て欲しいのであって
本来、他人の記憶などに残りにくい途中経過を書き綴る
ことは無駄なことかもしれない。

月日が流れ、キャラのレベルが上がり、電脳世界の通過も
増加し、やりたいこと、できることが増えて、何不自由なく
ゲームの世界で活動することが可能になったとたんに
飽きただの、やることがなくなっただのと、傲慢なことを
言い始める。

そうした不平不満の類を見ていると、人というものは
何不自由なく活動が出来るようになると、生きる目標とか
何のために~という生きがい(w)を感じられなくなると
面白くないと思うらしい。

つまり、成長の過程、キャラのレベルを挙げていくまでの
過程において、モチベーションを維持するに当たり何が
必要なのかといえば、貧乏から脱出、行動範囲の拡大
立ちはだかるNPC及びPKを倒すことに見出されるので
あれば・・・。

何もあくせくせずに、ゆっくりと成長していく道も
あるわけで、駆け足をして生き急ぐ必要も無い。
そして、ブログの更新もまた、ゆっくりとすればいい。
なんつーか、現実の世界と架空の世界(電脳世界)
での生活速度が同じようになって、ひたすら稼ぎ
ひたすらキャラのレベルを挙げることに生きがいを
感じているユーザーが多すぎるように思う。

まあ、俺みたいな人間が言うのも変だけど・・

ある意味、レベルがあがって、スキルもあがって
キャラとしての成長しきったときこそ

本当の戦いが始まるんじゃないかなと。
自由奔放に生きにくい現実世界(社会)と
何のしがらみも、束縛するものなど存在しないと
思われがちな電脳世界にあって、あれしなさい
これをしてくださいと「仕事」がないと
生きがいを感じられない人間は、自由奔放に
生きられるとは思えない。

むしろ・・いくつものしがらみ、つながりなどを
無くさないように・・生きていかないと駄目。
ブログの更新もそう、好きに書いて下さいと
言われて、必死になって考え始めると、一つの
壁、ハードルが見えてしまうから・・。
いくつモノ書き物が消えていく・・これも現実。

なーんってなwwwwwwwwwwwwww
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。