スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

某日のニコ生放送感想。その二。

 2011-05-22

先日の、大航海時代オンラインゲームにおける「中」の話の続編。

さて、港付近で、見慣れない連中に気になり、一言二言と声をかけて
いつの間にか、その連中は場所を変えたらしく、既に姿が無かった。

そして、小心者の俺は、企画したであろう人物に「ひそひそ」と声を
かけてみた。からかい半分に絡んだことを詫びたのだが、無問題と
返答がきた。

小心者、安堵したのだが・・・。

ちょっとまて、確か「ニコ生」云々と言っていたが、はっ!
もしかして、今の会話「そのまま・・?」あちゃー、うっかりしていた
ことに気がつき、小心者「居ても経ってもいられず」ニコニコ動画に
アクセスして、放送されている番組を検索し、状況の確認をする。

おいおい、なにしてんだ?お前さんはww
いつもの無駄な威勢のよさ、他人を誹謗中傷し、えらそうにブログで
吼えていたのが嘘のように思えてならない。気が小さくて、神経が細い。
あははっはは。いつも、覚悟だのと、馬鹿の一つ覚えみたいに言っている
癖に、肝っ玉の小さい俺。己の器の小ささに気がついた・・orz
だめじゃんwww。

裏を返せば「単なる神経質で人見知りの塊」に過ぎないわけで、匿名性を
利用しているだけの屑。それが、そいつの本質であり、本性。

で、慌てふためいて、放送されている番組を見て、気がついた俺。
キャラ名と、本来ならば表示されているであろう「会話」表示部分が
巧妙に隠された状態で放送されていることに。

ふうー。思わず小心者、安堵するw。

そして、テスト放送なのか、本放送なのかさえわからなかったが
ああいう表現方法もあるんだなと、その場に居合わせた割には
一通りすがりの航海士Aになった気分で見ていた。

安心したせいもあり、手を振ってみたり、好き勝手に喚いてみたり。
その放送を知らなければ、何の関心も持たず、日々繰り返される
一ネットゲームの光景が流されているだけなのだから、久しぶりに
新鮮なものに出会った気がした。

常に、時代は変わっていくし、それについていき、理解することが
大事なんだとも思った。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。