スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

記録を残すこと

 2011-05-11
最近、一眼レフを購入した.

ここ数年来、カメラなんて
興味もなく見向きもしなかっ
たくせに、最近は立ち止まり
弄くっている。

そして、結局、買わずに
立ち去っていた。

人と気まぐれで、昨日
今日と関心のあること
興味のあることが違う。

日常生活を送るうえで
必要なものには目が行くが
不必要なことには無関心。

当たり前。別に不思議な
ことではない。そして
改めて考える。

ただ平凡に生きているオレ
みたいな優柔不断人間が
使いこなす前に、飽きて
しまうかもしれない。

いいじゃないか、別に。

新しいことに興味を持ち
散財する要素が生まれて
自己満足の世界へ足を向ける。

ふふふ、まあ、そういうこと。
いやー、大震災の惨状を見せられて
自分なりに、自分の視線で何か残せないか
残そうと思ったとき。

生きてきた記憶ではなく、記録。
歩んできた記憶ではなく、記録。

記憶など抽象的で曖昧すぎる。
そうじゃない、ありのままの記録。

なんとなく、俺の意識が変わったのかも
しれない。

アルバムをめくり、写真を見て、思いにふける
自分なりの何かを残したいがために。

誰がするのか、じぶんがするしない。
今まで、そんなことを考えたこともなく
意識したことも無かった。

ただ、ボーと、漫然と時間を過ごし、生きてきた。
駄目だ、駄目だ。全然駄目だ。そんなことでは。

残さなくちゃ。だから・・・。自分が出来ることから
せめて始めたい。

まあ、感傷的になって、思いにふけっても
他人から見たら、単なる自己満足、現実逃避
しているだけじゃんって笑われるかもしれない。

笑うなら笑え。俺の決めたこと。考えたこと
好き勝手に解釈し、嘲笑えば良い。

馬鹿じゃねえーのって笑えよ。
おつむの足りない馬鹿なりに考えて
書いているんだ!。

俺は一向に構わない。

でもさ、問題は。

何を写して、残すかだな。
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。