スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

書籍を購入する日々

 2011-04-22

最近、ネット通販で、書籍をまとめて購入することが多くなった。
別に文学とか、そうしたものには関心もなく、興味もないのだが

なぜだろう・・・。三十台後半になってから、徐々に本が読みたく
なってきた。

まあ、最初は簡単な絵本文庫本から初めてみた。

何が原因だったのか、理由だったのかさえわからなかったが
二十歳過ぎてから、読書?んなものってかんじで、敬遠し始め
漫画本を読んでいた・・

いつからか、本屋に出向いて、「書籍」を購入することが億劫に
なっていったんだろうなと。今になった考えると、えらく勿体無い
時間を過ごしたと、後悔している。

餓鬼のころは、学校内の図書館で本を借りては、読んでいたのに
・・・探究心とか、興味があったころが懐かしい・・・

あのころから、もう二十年は経過したはず。
そんな、読書嫌いに成り果てた俺が、通販で本を買う。なんだか
変なのw

たぶん・・・ネットで、本を購入して、読んで・・・

目をきらきらさせて、わくわくしている様を「描写」していた
サイトの影響かも知れない。
どこのサイトだったかは覚えていない。読書って、楽しいだろうか?
文字ばかり見て、なにがいいんだ?と、不思議なものを見ていたが

どういう欲求が、その人を「読書の鬼」にしたのか?と考えたとき
やっぱり俺には理解も、同調も出来なかったけど。

知識が欲しいのか、想像力を養うのか・・・どっちだろう?
いや、全然的外れかもしれない。なぜ、人は本を読むのか?
文章を書き、文書として残すのか?

やっぱり判らない。考えるだけ無駄だ。頭がおかしくなりそうだ。

判らないなら、永遠に理解しなくてもいいじゃないか。って
開き直って、屁理屈の扉を閉める。

さて、買ってきた本でも読もうw
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。