スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

威勢と腰抜けの狭間

 2013-03-30

ツイッターでは、匿名であることをよいことに傍若無人な
発言をしている俺だが、これがミクシー、フェイスブックと
なると手のひらを返すように、途端におとなしくなる。

他人の反応(顔色をうかがう)が気になることで
あの威勢の良さはどこに行ったのかと、俺自身
己の日和見主義、奥手・・・ご都合主義にはあきれる。

人間誰しもそうなると言えってしまえば、おしまい。

根本はどこか臆病。

それが俺の正体。
スポンサーサイト
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

洋服、散髪、脱刀の明治維新 (制服の明治維新)

 2013-03-25
飛ぶが如くを見ていると、古いものが否定され、
強権的に回が進むごとに新しい価値観、新しい
生き方の導入が行われ、結果的に(最終的に)
時代が「生け贄」を必要とするまでの
流れがあるように見えてくる。

さてNHKの大河ドラマ?を見ていて
いろいろと気になり始めて、最近では
密林通販で古書を探している俺。

洋服・散髪・脱刀 服制の明治維新 (講談社選書メチエ)洋服・散髪・脱刀 服制の明治維新 (講談社選書メチエ)
(2010/04/09)
刑部 芳則

商品詳細を見る


第一部、第二部という具合に、二部編成になっていて
視聴している内に、次第に第二部が本編であることに
気がつく。
今のこの時代に生まれた人間(日本人)からすると
当時の状況は、視察先の外国のありとあらゆるものを
「試験的」に導入して、試行錯誤の末、日本という
国にあった(合わせた?)システムへと変貌を遂げて
いくのかと思うと・・・少々複雑な気分になる。

緩やかで、社会情勢にあった社会制度の変革などと
いう生やさしいものではなく、すぐにやる。
いかにも、急進的な変革(成果を)望む
幕末を生き抜いた志士らしい。

当然、未知のシステム導入は、維新の成し遂げた
武士階級だけにとどまらず、あらゆる階層に
意識変革、社会変革にたいしての「順応」を
求める。
しかし、幕藩体制からの急速な変革は、矛盾が生まれ
順応できないものは、没落と困窮、圧政をする
新政府に不平不満を抱く。
徳川政府末期において、社会の閉塞感、社会不安に
乗じた「討幕運動」を維新という形で成し遂げた
新政府は、不穏な動きには敏感であり、たとえ
維新の功労者であろうと、自分たちの政権を
揺るがしかねないものたちに対する処断は
容赦しない。
結果、鎮圧して不平不満の野火による延焼を最小限に
とどめ、しかし粛々と制度導入を進める。

権利だの人権などお構いなしに、断行する
維新政府には恐怖すら感じる俺。

これら一連の政治手法(その手段)はまさに
倒幕に関わった志士が旧幕府に成り代わり
新政府の代表として執行しているのであり
明治維新を経てもなお、封建的な雰囲気を
感じ取ることができる。

そんな気がした。

今までのものを捨て、新しいものを「国家」のありと
あらゆるものに導入し、運営する・・・・。

ドラマ中において、制服の制定(取り扱い業者の選定)
において、汚職の話題で「軍服?」が出てくる。
つい数年前まで、討幕運動に明け暮れ、刀を振りかざし
西洋列強の武器商人から武器を購入し、西洋文化とは
縁もゆかりも(そして理解も)なかった下級武士に
すぎなかった彼らが・・

今度は、新国家運営に当たり、攘夷攘夷だと異国人を
敵視し、果ては排斥運動の中で、外国人を殺害していた
彼らが「西洋列強の文化」を取り入れようとしているのだから
滑稽と言うべきか、矛盾していないのか?つい、考えてしまう。

しかし・・・いったん壊してしまったものを認めることなど
できず、むしろ否定し、新国家運営のために生かす。
その課程において、優秀な政治家(志士)が一人また・・
受難し死んでいく。

「時代が必要としなくなり、捨てられていく運命」


明治新政府の喪服改革明治新政府の喪服改革
(2008/10)
風見 明

商品詳細を見る


文明開化などと簡単に言葉で片付けていいものだろうかと
最近になって、(年をとったせいか)考えさせられる
ほんの、数年前まで、読書などとは無縁の生活を
送っていた俺だけど・・・

つくづく思う。

わからないこと、しらないことは、金と時間を惜しまず
学びも精神を忘れずにいたいものだと。

ではでは

カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】ヨルムンガンドにプロの実況と解説を付けてみた

 2013-03-20



え?悪趣味??

うーん、他意はありません。

ただ・・・自分的には「ブラックユーモア」的な
MADが好きなもので・・・。

ではでは。

カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

変わりゆく田舎の風景

 2013-03-17

ちょうど春の時期は(俺の生業敵に)繁忙期であり
自宅と仕事場を往復するだけの日々が続く。

したがって、世の中の動きそのものは、
新聞テレビ、ネットなどで知ることができるので
別段、支障はない。

しかし・・・

現実に触れて、見て感じないと「本当の意味で
実感などわかない」

さて、一ヶ月に及んだ繁忙期狩終了記念に
駄文をw

車で田舎道を走行していると、ある種の変化に
遭遇する。
そんなことは、些細なことであり、経済のうねり
社会的な変化の一端に過ぎないとおもいつつも
気になる。

田舎道を走っていると(縁もゆかりもない場所)
つい最近まであった(存在していた)廃墟もしくは
空き地に重機が入って、整地をしている風景が
多く見られること。

そうした場所の多くが、後に、短期滞在型のアパート
などが建設される流れが多かったためか、どうせ
そうなるんだろうーとおもってしまう。

しかし、最近は違うみたいで

整地された空き地には、売り地(貸し地)という
看板が立てられ、すでに所有権等が不動産会社に
移行された事例が多いこと。

また、変わった流れとして

介護施設がやたらと増えつつあると言うこと。
当然、介護するためには、患者も介護スタッフも
必要となることは明白であり、当然、資本力が
ない法人が建設するはずもなく、必然的な流れ
として、~グループとか、~医療法人という
形式の医療形式となる。

何が言いたいかと言えば

土地が動く要素も、いろいろあるんだなと
考えさせられ、建物等を撤去した後
そこの所有者が自宅等を新築する場合を
除けば、たいていの空き地は・・・・

「単なる更地」として放置され
ふと、町中の居住区を見渡せば
ぽつりぽつりと、空き家が増えている。

人が住まなくなった家は手入れが
行き届かず、荒れ果て、最後は倒壊するか
人手に渡って処分される運命が待っている。

それを過疎状態の加速と言えば話は
簡単だけど、緩やかに確実に時間が流れ
ていく。

まっ、そんな一つの流れがあるのかなと
思って、田舎道から見える土地の変化を
眺めていると、考えさせられるって
ことで。

ではでは




カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

とある街角の似顔絵風景を見ていて

 2013-03-08
とある日のDOLのイベント会場に俺はいた。

もし、知り合いもおらず、その世界にただいるだけの
孤独をかみしめ、むなしさだけを感じたのなら
俺はさっさとログアウトしていただろうよ。
でも・・・

声をかけることができたから・・・

俺はいる。

さて、ああいうイベントは、知り合いがいるか
何らかの目的を達成するためでなければ
おもしろくも何ともない。

ただ、高レベルプレイヤーどもの自慢話を
聞かされるだけで・・・

己の不真面目なことなど棚に上げっw

まあ、イベント言っても、個人バザー(ござ)
を集団で展開し、中の人は、バザー品の補充などに
忙しいようで、実にせわしない。

離れた場所から眺めていても、あまり楽しげには
にみえない。

だが、変わったイベントもあり

似顔画を描くというイベントはユニークだと思った。

しかし、ひねくれ者のはふと考える。

ネットゲーム上で動いているキャラの顔(容姿)を
絵心のある人物(ユーザー)に書いてもらうという
ことは、ある種の記念になるわけで

まあ、思い思いの姿(装備)をした己の分身を
誰かに書いてもらうというのだから・・・
仮のすたがであろうと、それなりに満足するもの
なのだろうなとおもったりする。

少しでも、見栄えのする装備品をくっつけて
絵心のある人に「お気に入りの分身」を
描いてもらうために・

・・・くすんだ服装の俺はお呼びではないw

ふふふーん、ねえ、ところで・・自分はどうだ?

いつも、似たような服装で、似たような体格の
うだつの上がらないPCをそうさしているだけで
何の記念も、記憶も、記録も残せない・・
みじめなものだ。

そんな、行動力もない「意気地なしは」
自分撮りのSSでもとって、眺めているのが
お似合いだろうな
他人様のお手を煩わせることもあるまいw

もし、似顔絵を描いてもらって「このブログに
「肖像画」として永遠に貼り付けておくかと
いえば・・・

それはない。いくらなんでも。
そこまでの思い入れはない。

だって今いるキャラなんて、所詮、その世界で
生きている自信の分身に過ぎないのだから
そこまでほしいとは思わない。


俺が思うに、ネット上のキャラなんて
金を永続的に払い続けて初めて
成長していくものであって、金を払わなく
なるか、人形遣いの意思によって
闇に消えてしまえば、二度と会うこともない。

そんな程度の存在にしかないものに思い入れなど
生まれない。俺の信条だ。

何度も作っては消し、生まれては消えていく。
消すまで、「存在」しているものがいる以上
同じ名前は使えない。

だから・・・俺は常に名を変える・・・。

ああ、なんだかなってなw

だけど、指をくわえて、人をうらやむ心が
生まれる。ただ単に、描いてもらっていた人が
羨ましくて、心のどこかで、ひがみねたんでいた
つまらない人間・・w

必要最低限の参加資格も満たせず
バザーコメントも出せず、売買もできない
小銭があるだけの・・・ふっ

傍観者気取りの臆病者のおっさんに過ぎない。


そんなおっさんでも、前向きに考える。

誰の記憶も記録にも残らないPCとして
生きようと考えることくらいかw

ではでは

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

三国無双7をかって暇つぶし

 2013-03-05

新作を買ったというのに、なんなこうー

楽しい気分になれない。

なんつーかー

新しいキャラが追加されても

使い込もうと思えるほど

うまみがないように思う。

今作の特徴といえば

ステージが拡大されて

敵をなぎ倒す時間も

さることながら、移動時間が

かかるなと。

感動しない(できないのは)

俺が中年のおっさんだからか?

あはっははh。
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。