スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大河ドラマ(再)翔ぶが如く~維新回天~

 2012-06-28
かなり前に放送された大河ドラマらしく、最近のCGとやらも
出てこないで、非常に地味で、熱い幕末~明治に至るまでの
時代劇・・・。

さて、視聴回数を重ねるごとに、方言もさることながら、内容的
に小難しくて、理解に苦しむ歴史ドラマだと感じ始めると視聴する
ことが嫌になる。だけど、妙に惹きつけられる。

異国の人だろうと、人類みな兄弟。仲良くしましょう。と教育を
受けてきた人間からすると「当時の」日本人がどうして、外国人
を忌み嫌い、恐れたのか?いまいちよくわからない。

鎖国をやめて、不平等条約を締結したことから始まる動乱(内乱)

当初の攘夷運動も、何かを契機に倒幕機運が高まり・・・
そして、新政府の樹立へと向かっていく。

視聴していると、ふと気がつく。
この時代のお侍さんたちは、よもや「ちょんまげ」を切ることや
「二本差し」を禁じられたり、幕藩政治がなくなったりして
俸禄が貰えなくなるなど、全く考えずに、ただ、ただ・・純粋に

     「日本のために」

と言っている。では、具体的に何をすべきなのか?
殿様から、家老から、上から下まで曖昧のまま。
でも・・・突き進む。

ドラマの中では、封建社会の厳しい身分制度の
柵や束縛の意識が「緩い」人物たちが、維新志士
たちに、~いう時代になればいい。~時代にしたい。
と熱く語りかけて・・志士たちの意識が変わっていく
様が面白い。

古いものを壊し、新しいものを作り、広めていく。

ただし、後先等考えず、今の行動の果てにあるもの。
幕府の倒して、その後はどうするの?
とか、将来への考えとか、新体制を作るに当たりなにを
すべきなのかとか、誰も考えていない。
自分たちの敵対するものを探し、討ち滅ぼしても
満足できない。価値観の相違、目指すものの違いからくる
対立構図・・・。
深いな。人間の業の深さを思い知る。

過去の歴史を某有名作家が書き綴った「小説」の「ドラマ化」は
すなわち、その有名な某作家の解釈とか、好み等を映像化している
にすぎないと分かっていても、その時代の荒波、変動期のうねりを
感じ取れるのが嬉しくなる。

例えば、西洋人に対する認識(表現が)安土桃山時代のバテレン
という表現から、幕末になってから、異国人(外国勢力及び西洋列強)
へと変わったとしても
西洋の価値観と、東洋(日本古来の)価値観の相いれぬところ、許容
できる部分とか・・・

そして。新国家を作る上で、なくてはならない「理想」が曖昧の
まま、否応でも時代が変わっていく。


こうした「大河ドラマ」を見ていると、歴史の教科書に記述されて
いる事柄が、短い記述で済まされてしまっていると、それ以上に
知りたいとは思わない。

だけど、視聴していうちに、今の時代に生きるものから見ると
時代の価値観が、ひっくり返ることの意味を考えると・・・


こんな、途方もない、すげえ時代があったんだなと、考えさせられる時代劇が
制作されていたんだなと・・妙に感動した。
スポンサーサイト
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

あるバザーを眺めていて。

 2012-06-24

大航海時代オンラインゲームというネットゲームの
各鯖では、時々ネットゲームユーザが協力して
非公式イベントが執り行われる。
そうしたイベントは、公式とはちがって、イベント用
に手の込んだシナリオとか、演出とか(運営側が
かかわっていないので)ない代わりに、どれくらいの
人が集まってくるのかがわからない、ある意味醍醐味が
あると思う。

人が来るかどうか。

尽きるところ、どれだけ、宣伝して、気まぐれで、忙しい
現代社会を生きているユーザーに「ログイン」させる気に
させられるかに関わってくるわけで。

金もかけられず、手段も限られ、周知徹底等期待もできない
ユーザーによる企画。

まず、俺ならそんな「いらぬ気苦労」をするくらいなら
木陰に隠れて、有象無象があふれる光景だけを眺めている
だろうなと。

だが、そうした気苦労も顧みずに、企画して運営しようとする
やる気はどこから来るのか?
ああしたユーザー企画を眺めていると、俺の頭には「なぜ?」と
その文字が浮かぶ。

何も、電脳世界(架空世界)に来てまで、疲れ果てる必要も
充実感を得る必要もないだろうに。
誰も褒めない。誰も尊敬もしない。誰も感謝などしないだろうに。

・・・なぜだろうと。

ネット世界での、ひとときの感動も、ログアウトしたら
人それぞれの、現実世界が待っている。

そんなふうに考えてしまうんだけど、いざ、イベント会場に
(ログインして)行ってみると、つまらない冷め切った
思考が霞んでしまう俺。

バザーの開始時間まで、まだ時間があるというのに、気の早い
ユーザー(PC)が続々集まってくる。
ここに来ているユーザーのほとんどは、レベルも、金も、装備品も
充分にあるだろうに。なんで(態々)この場所に来ているのか?
その気になれば、生産もできるだろう。商会の仲間内の取引で
済ませられるだろうに・・・

          何故?

もしかしたら、この場に来ている連中は、こうした雰囲気を楽しみに
きているのか?wwwwwwww。

いらぬ気苦労や、ログインして「時間拘束」をされても構わないと
思ってユーザーイベントを運営してる連中が得るものはなんだろう?

別に、感謝状も、運営側から「特別賞」などもらないのに・・・
何年も眺めている俺だけど、いまだに「そのなにか」が
さっぱり、わからない。

まっ、具体的に分からなくても、別も問題などない。
むしろ、わからないからこそ、足繁く通う「楽しみ」が
あるからこそ、俺もwwwww。

ではでは。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

趣向品を知る。

 2012-06-17

今まで、コーヒーを飲むときは、インスタントで済ませていた俺。
しかし、お手軽インスタントコーヒーを飲んでいても、さっぱり
心が満たされない気がして、もっと背伸びしてもいい年では
ないだろうか?と疑問に思うようになってきた。

さて、人によっては違うだろうけど、俺自身、田舎者ゆえ、本格的な
コーヒーの香りには、ある種の憧れを抱いている。
いいな香りだなと思っても、二の足を踏み、どうしたらあの香りを
味わうことができるのだろうか?と、香りに触れる機会がある度に
一瞬、考えることがあっても、すぐに忘れていた。

いや、深く考えないようにしていたというべきか。

そうでなくても、何が必要で、なにをすべきなのかと、知らないこと
だらけで、面倒くさいというのが本音。

ある日、職場に電動式のコーヒーメーカーが届いて、飲む機会があって
・・・。
忘れかけていた「嗜好の時間」を取り戻せた気がした。

だけど、お手軽価格のコーヒーメーカーとはいえ、粉状(レギュラー)
コーヒーと、ろか用のペーパーが必要になることを理解するように
なってきたが・・・

まあ、消耗品だと割り切って・・ついにコーヒーメーカーを買った俺ww

でもって、試し用にコーヒーを取り寄せて、ペーパーを使って
コーヒーを飲んでみた。

     「特別、うまいとは思わないが、これもありだろう?」
と、自分自身を納得させて・・・
そこで終わりではない。

問題は、コーヒーを入れて飲むということは=コーヒーも減る。ペーパーも
その都度取り替える=徐々に減っていく。→補充しないといけない。

(メ・ん・)?

あーあ、なんて金のかかるものなんだwと。実感。
だけど後悔はしていない。

なぜなら、飲みたいなーと思っていても、必要となる機材とか知識が
ない場合ならいざしらず、そうではなくて、とりあえず、「ある」こと
こそ肝要なのだと。

金のかかるものゆえに、「趣向品」なのだなと、思ったり。



カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

黄色い熊さんの森の中

 2012-06-14
久しぶりにDOLというネットゲームの世界にダイブし、数時間後
現社会に戻ってきたあと・・・

俺は思った。

もし某缶コーヒーのCM風に見るならば

この星の住人たちは、インターネットゲームの世界において
目新しいもの、変わったものを誰よりも早くほしがり
常に「その世界の」話題についていくために
他人と同じもの、同じ価値観のものを必死になって
得ようとする。

たとえ、自分の分身がそれらを装備して、似合うかどうか
装備した結果の「効果」など二の次。
新しいおもちゃを手に入れた子供(童心に)に戻ったかの
ように大騒ぎをする・・・。

皆同じことをしないと、安心できないだろうかと。
おかしな連中だ・・。(CM終わりw)

たぶん、皆が皆、同じような(期間限定の)アイテムを
装備することによって、充実感とか、満足感を得ている
のだろうけど・・・
俺からしたら。。皆が皆、同じような装備をして
これみよがしに装備しているさまは「異様」に映るんだが。
どうせ、そのうちに飽きて、倉庫に放り込んで
はて?なんだろう?これは・・なんて
思い出せないくらい「思い出の品」があるんだろうなと
羨ましいと思う半面、そんなに長い間いるのか?

            「この世界に」

あああ、俺みたいな人間は、上級プレイヤーを、単なるひがみで
見えているから感じるんだなと、正直恥ずかしくなる。

でも、正直に思ったことを書いた。後悔はしていない。www
^^;;;

一体、何が欲しいんだ?何に飢えているんだ?
何に怯えているんだ?
つくづく思うね。なんでネットゲームの世界に来てまで
がむしゃらになって、スキルアップ、レベルアップ
(電脳世界で)交易したり、モノを作ったりと・・・

「生きがいを見出すようなことを」せにゃならんのかと。

いやいや、でもね。俺に似たようなもんで。
おれはおれで、石畳の上で、ボーとして
季節感とは無縁の世界において、晴天の空を眺めている。

おそらく、その世界の住人からしたら

「あんた、何が楽しくてそんなことをしているの?
もっとイイ服、もっと大きな船が欲しけりゃ
がんならないと!」

って言われるだろうなと。

え?勘弁してください。電脳世界に来ようと思った
時点で、俺は俺の現実逃避の時間を過ごしている。

ははっはっはは。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

「ニコニコ動画」天真正伝香取神道流ジェダイ

 2012-06-12


某映画風に「編集」された動画を見ていると、確かに・・そう見える気がするw。

俺自身、剣道も・・剣術も馴染みがないので、今まで意識してこなかったけど
こうした「記録」を見ていると、殺傷目的の術と、あくまでも競技としての「道」
の違いみたいなものを垣間見た気がした。

あくまでも、素人としての感想だけどwww

それにしても、足さばきもそうだけど・・・振りがすごい!なー。
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

武士と南蛮渡来の酒

 2012-06-05
CSで、大河ドラマ「秀吉」の再放送があったので、じっくり
見たかったこともあり、録画して見ていた。
そして、数ヶ月後、大河ドラマ「翔ぶが如く」が再放送されて
いる。
俺は、時代劇が好きなので、もっぱら昔の時代劇を録画すること
が多い。

さて、「秀吉」に出てくる秀吉の上司であり「お館様(上様)」
である信長公が南蛮渡来の酒を飲むシーンが多い。
様々な歴史的伝書で知られているように、当時の最先端のモノ
に関心を持ち、それを天下布武のために取り込んでいく信長公。

異国人(宣教師)が持ち込んだ文化に関心を持ち、衣食住に
関心を持って、部下に対してそれらを見せて、部下の反応を
見ているさまは。。。すげーって思ってみていた俺。

「どうじゃ!このかっこうは?」
「なんですか?」
「正直に言え」
「変でございます。オカシイで、ございます」
「うぬぬむ#無礼者め!じゃが、正直に申した
 ことは褒めてやろう」
「ははー」

対して、信長公なきあと、豊臣の天下になって、権力抗争の末
徳川の天下になっていく。
そして・・・幕末。
欧米列強の開国要求に伴う、長きに渡る徳川の天下(武士支配に
よる天下泰平の終焉)が揺らぎ始める。
そんな国内情勢が不安定になり始める時に・・・主人公?である
西郷様が某所で「南蛮渡来の酒」を飲むシーンが印象に残った俺。

「なんでごわすか?これは・・・(戸惑い)」
「西洋の酒です。」
「・・・・」
「こちらのほうがよろしいかな?」
「(お茶?を飲む)おいどんはこっちほうがいいでごわす(笑)」

あの反応(芝居)をみていて、宣教師が来てから数百年経過して
出島でのみ、限られた国と貿易が行われていた江戸時代であって
も、異国=野蛮人という認識をしない日本人がどのくらいいたのか
俺は知らない。
でも、封建時代の世の中にあって、西洋の文化に触れて理解できた
支配階級を除けば、異国の文化を知っているものは少ないはず。
だろうなと思うと、鉄砲の伝来と、蒸気船(黒船)の来航に伴う
文化改革に対する人々の反応は面白い。

種子島銃の伝来=火縄銃の生産開始
西洋式軍備の導入=旧来の戦闘方式からの脱却→富国強兵へ

フィクションとノンフィクションが混在した「芝居」を見ていると
つくづく、歴史が変わっていく本質的なものは。決して変わらない
んだなと・・・

ああいう時代劇も、面白いものだなと思った。

カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。