スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

文庫本を手にとってみて

 2012-02-24

本を買おうとするとき、こんなことを知りたいとか
あのことを知りたいとか・・・

当たり前のことだけど、関心のあることや
興味を持っている事柄以外には、ふれるわけ
もなく。

手にとって、調べようとする気も起こらない。
できることなら、見ないでおこう、触れないで
おこうと思って通り過ぎる。

でも、ひとつの事柄と、関係がないとおもったことが
つながった時、ひとつの感動というべきか、嬉しく
なる・・?

いやいや、自分が関心を持たないことには、知りたいと思わず
知りたいと思っていることにはのめり込むように、貪るか。

思考のかたより、教養分野の偏りが生まれる。
学ぶというのはいいことのように思えて、難しいものだな。
と思ったり。
スポンサーサイト
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】アイドルマスター『祭』MUNEHIRO

 2012-02-16


この手の動画を視聴していると、目が廻ってしまう。ぐーるーぐーるって感じでw
当然、視点があっちこっちに行くので、目が疲れてしまう(俺だけかw)

ああ・・年は取りたくねーっておもう(切実w)おっさんだもんなww
もう中年の俺ww orz

中年のおっさんの範囲になるっていうのに、動画を貼り付けているって
いい年した「大人」でしょって・・

ダメ人間じゃんwwwwwwwwww

さて、今はまだ冬(この動画を貼り付けた季節は)だけど、視覚的に動き回って
体を温めたらどうだろうって・・

いいのいいの♫

小難しいことを考えたって、悲しいかな・・俺の頭の中は空っぽで
誠意とか、配慮とかなんて言葉と無縁なんだからさwww

ちょっと苦しいかww

ではでは
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

小火

 2012-02-16
ネットの呟きは、何かのきっかけで、炎上したり爆発したりと
危険と隣り合わせ。言葉の暴力は永遠に癒されない。
相手と向かい合うわけでもない。

だから、呟かれた内容に対して、一定の自覚と責任を持って
呟かないと・・・思いもしない場所から・・・小火が起こる。

さて、己の呟きなど、大した意味がないと思っていても
その発言のもとになった「キーワード」に関して
全ての人間が同意するとは限らないとおもう。

不特定多数のユーザーが(自分の発言を見て)「つぶやき」
に対してどのように解釈して、発言主に返答してくるか
どうかも定かでないし・・・
正直俺はわからないし、ちょっとそうした危険性のある
発言は「つぶやく前」に少しだけ間を入れる。

だけど、その一言を、第三者が肯定的に取られるか、否定的に
捉るかどうかなど。
人それぞれ、物事を判断する際の「基準」は違うし、つぶやいた
人物に対する「評価」次第で変わるわけで・・・

つい、うっかり?素朴な疑問、裏表のない率直な意見を
「ぽろっ」と入力したとしても
ネットの海(河に)流してしまえば、それでいいのかと言えば
そんなことはないとおもう。

もし、自らの発言による「他人の反応」をみて、おや?と
思ったら、早々に火消しをするなりして、冷静に対処するように
しないと、小火騒ぎでは済まされなくなる。

その微妙な(デリケート)ジャンルは何だろう?って考える。

政治、宗教、スポーツ?

いやいや、争いの元になる「種」は無限に存在するように見えて
実際は、ごく身近なことでなりやすいとおもう。

あいつのやっていることは気に入らない。とか
俺はこう思っているんだ。こうすべきだ。
~はオカシイ。許せないとか・・感情的になって
つぶやくのは・・・。

仮に、互いに面識もなく、素性も知らず、どこに住んでいるのか
どんな職業の人間で・・・などの個人データーを共有などしていない
間柄であれば・・・

深くなく、広すぎずの
それは、非常に、些細なこと、案外身近なこと。

判りやすく言えば、あなたはそう思っているかもしれないけど
わたしは、こう思う。と思った瞬間、小火が起こる。

尽きるところ、不毛な争いを避ける、守るためには・・・
自分基準で物を考えず、こんなことを言ったら、誰かが
反発するかもしれない。嗜めるかしれない。とか
常に、他人の目を意識した発言をする。
それしかないと思う。

自分が被害者になる、加害者になるかもしれない。
たいていの人は、自分が被害者になった時には
大騒ぎをして、相手を攻撃する。
でも、逆の立場になり、加害者になったとき
どうするのだろう?黙っているのか、それとも
謝罪して、己の非を認めることができるのか。

ふふふふ。

現実の火事は、あらゆるものを燃やしてしまうが
ネットの火事では何を失うのか?

それは、ネットを介して作り上げた、見ず知らずの人間同士の
友情なり、信頼。簡単に作れそうで作れないものだからこそ
壊れないように大事にしないといけないと思う。

しかし、価値観の相違がある人物であっても、どこか
分かち合えるだろうと(希望的観測)思っても、やはり
本能的に避ける。

ブロックしたりして、相手にしなかったりすることで
無用なトラブル、間接的に相手に「無視をした意味」を
伝える(教える)ことで、互いの自尊心?を傷つけずに
済む方法はいくらでもある。

だから、不用意な発言は・・厳につつしみ、気をつけないと
いけない。自覚しろ俺。

ではでは
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】「僕は友達が少ない」というタイトルが許せない男の話」

 2012-02-12


ぐだぐだだけど・・面白かったので貼ってみたw
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

読書再び。

 2012-02-09

つい一頃、自分でも戸惑うくらい狂ったように「ネット通販」にて
中古の文庫本を買いあさっていた。
だが、読みのしないくせに、積まれた書籍の見ていると、妙に
嬉しくて、満足げに眺めていたら、「悪い癖」も治まった。

ように思っていた。

俺は、~作家先生のファンでもなんでもないので、小説モノは
買わないし、読まない。興味がわかない。

ただ、今起きていること、起こることに関しては、興味が尽きない。
というより、いい鴨かもしれないwとふと気づく。

そして、読んでいて、この世は不幸だ。もう駄目だ。何かもかも
不条理だと、あいて構わず不平不満、不安を煽るような駄本は
腐るほどあるのに冷静に淡々と書かれた書籍は少ないことに気づく。

それにしても、何故俺は、何十年も本と接することを避けてきたのか?
つくづく、愚か者としか思えない。自分磨き?もっと早く意識すべき
だったと・・・。

ではでは
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

葛藤

 2012-02-05

長年?このブログを書いているが、地に足が着いていない
虚無的な内容に偏りがちで、そろそろ見直す必要が出てきた
気がする。

それに、現実的な、身の丈にあった内容にしようかなと。
そのほうが、俺も楽でいい。

今までは、ネット 九 現社会 一 の割合で書いてきた
けど、ネットゲームにログインする機会が減ったことから
割合をみなすことにした。

ではでは
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】【重音テト】辞めてやるよ歌い手なんか【オリジナル】

 2012-02-04


最初、見たときはシュールで面白なーと思ったものの
数回見ているうちに、疑問が浮かぶ。そして・・・
匿名性の高い動画サイトに投函する人の「執着心」を
感じ始めると、笑いというより、怖いものを見た気が
した。

確かに、アイマスMADが大好きななどの動画を
証拠にもなく貼り付けているが、その基準はなんだろう?
と改めて考えてみた。

※どーでもいいことですけどw(何となく列挙してみたくなった)

一、オリジナルを尊重すること

二、リズムカルなこと。

参、バランスが良いこと。

四、何度見ても、飽きず、繰り返し見ても苦痛を感じない。

五、自意識過剰でないこと。

六、才能(技術)の自慢動画でないこと

など、著作権、肖像権を無視した第三者に過ぎない俺だけど
それでも、道徳心、法律遵守、権利の尊重云々は、ちっぽけ
な欠片ぐらいは残っているし、意識せざるを得ない。

誰が見て、誰が何を感じるなんて・・俺にはわからん。
第一、貼り付けること自体理解されているのか
むしろ、ああまたですか?呆れられて、がっかりさせて
いる?かもしれない。www

それに、再生数とか、マイリスト数うんたらなんて関係なくて
少ないほど、人目に触れていなくて、「俺」的には美味しい動画
だったりするwwww

ものは考えよう

作った人間、アップした人間は、人の評価が気になってしょうがない
と思うだろうけど・・・どうなのかなって思うw

まともな倫理観を持った人間であれば、権利とか関係のない動画
以外に、何らかの加工を施された(どこの誰かが作ったであろう)
「著作権無視」した動画なんて、その時点で・・・すぎないわけで
同様に無断借用の画像の貼り付け行為をする人間の観点などは
相手の悩みとか、苦しみなんて共有しないし、共感なんてしない。

所詮は、自己満足のMAD類を作成したり、歌ったり、演奏したり
描いたり、踊ったりと・・。自身が楽しければいいだけなのだから
でも、顔や名前を公表したり、晒すリスクは嫌だけど、自分の才能
とか技術を他人に認めさせたい、教えたい・・・?

うんうん、そーだよね、すごいよねー・・・わーいって思いつつも
やっぱり、動画を作成、サイトに投稿する人間の心理は、作るだけの
スキルがない俺には、判らない。

したがって、何が他人より優れ、評価されるのか?
それは、どれだけのユーザーに見てもらうか?その一点のみだと
すれば・・・

「動画再生数」「マイリスト数」「コメント数」など他人の評価とか
受け具合とか、あるようでない基準が作られていく。

そんなことを考え始めると、今回の「動画」は、ものすごくシュールで
怖い。
おいらの気のせい、考えすぎ勘ぐりが過ぎるのかもしれないけどね。
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。