スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バザーとダンス。その弐

 2011-07-31
その日、他鯖で見ていた「小芝居」に戸惑いを覚え
疲れたこともあって、N鯖で行われるユーザーイベント
を見たいと思った。

さて、いつものように、独楽のようにぐるぐる回って
眺めながら、知り合いが居るかどうか、探す俺。

イベントの中身など、さほど気に止めず、あっちこっち
を(初期キャラクターで)走り回っても、知り合いを
探し出すことは、意外と難しい。

待ち合わせでもあるまいし、来た早々、誰がいるかなんて
判らない。というより、誰が居るのかわからないからこそ
面白いのだと思うときがある。

それもそのはず、ゲーム内に存在する「国」やら
商会とやらに、なんの貢献もせず、塵のように
ぶらぶらしている人間は、困ったことに、人一倍
自己顕示欲が強く、自意識過剰であり、自分に
無いもの、出来ないことを持つもの、出来るユー
ザーに擦り寄るゴマすり傾向が強い。

つまり、見知らぬ、なじみの無い人間からのコンタクト
何の脈略も無い会話をしてくる相手に対し、ある一定の
「耐性」とか「人見知り」をしないタイプのユーザー
など限られているということ。

そして、通常なら相手にされないユーザーに対して
耳を傾け、一定の距離を保ちながら、会話をしてくれる
ユーザなど、あまりいない。

そうした条件がある以上、ああいうイベント会場でも
俺が声をかけることが出来るユーザーも、おのずと
決まってしまうわけで・・・。有難いものであります。
はい。

それはともかく、今回のN鯖のイベントを知るきっかけは
猫教祖のブログであったり、参加者の足跡であったりと
詳細な内容を知ることなく、当日を迎えることになった。

それにしても、N鯖のイベントには必ず(習慣なのか?)
イベントを告知するバザーコメントがあったり、要所
要所に、案内キャラが居ることにはいつも感心する。

他の鯖などでは、噴水を囲ったり、隔離的な場所で
バザーが行われたりするものが、N鯖に関しては
整然と、誰かが印でもつけたかのように、各々の場所が
決まっているかのように、決められた場所でバザーが
他のイベントと合同(便乗?)で執り行われている。

そして、同じ場所の一角では、違うイベントが執り行
われて(ファッションショー?)いるのだから
N鯖のユーザーは、こうした催しものに慣れている
のかな?と思ったり。

何がメインで、便乗しているイベントはどれなのか?
何を見れば満足して、楽しいと思うのか。
多くのユーザーがごった返す中、色々なことを考えて
眺めてしまう。

だけど、結局、人と話をしないと満足しない
出来ない俺。こんばんは、こんにちは。といった
簡単な挨拶を交わすことから始まる俺のイベント。

まあ、話しかけられたユーザーがどう感じて
思っているのかな?とそこまで気を配れるほど
人間は出来ていないけどねw

誰が主役でも、誰を中心に、誰が考えたのか、立案
したのか、最初の関心ごとなど、どうでもよくなってくるw
そんな気分になっていくのが面白い。

まあ、俺の目的は、ああいうイベントを見学、若しくは
参加しているユーザーと話が出来れば、その時点で
目的達成して、満足してログアウト。

はじめましてから、こんにちはとなるとき、馴れ合いを生んだり
マンネリを生む原因になると思っていても、その年、その日に
行われたユーザーイベントに「同じこと」なんてない。

あのときに出会ったユーザが、ここに居るとも限らない。
今であった、話しているユーザと、いつ話は出来るかのさえ
判らない。それがネットゲームなのかなと思うときもあるし。

残るのは記憶であって、見学させてもらうだけでも楽しい気分に
なって、こういう雰囲気もいいものだなと思う。
だから、懲りずに、ユーザーイベントを見学したくなるのかも
しれない。

スポンサーサイト
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】アニメ版アイマス第3話のおまいらもやっぱりコブラだった件について

 2011-07-30


豆粒くらいの脳みそで、一生懸命に書いた後は、その反動で
小難しいことを考えることが・・つーか無理w



ぺたって貼り付けて、誤魔化す俺ww

ごめんなさい。ではでは
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

バザーとダンス (壱)

 2011-07-27
ツイッターのタイムラインを見ていたら、大航海時代オンラインゲームの
ユーザーが盛んに(一生懸命に)イベント開催の情報を流している。

一見し、数回読み直しても、イベントの趣向が理解できず、とうとう
当日になってしまったw

どんなイベントなのか、不安と期待を抱きつつ、現場に行ってみたら・・
なにやら、不思議な口調でダンスを踊っていた。何をしているのか?
最初は状況がつかめず、ぼーと眺めていた・・・。

なにやら複数のキャラが、クルクルを回っているように見える。
何だろう?エモーションのダンスじゃないしw。

どうやら、「陸戦」とやらの真っ最中で、変な侍言葉で「台詞」とも
うわごと?を言いつつも、攻め手と守り手に分かれて戦っている。
何だか、舞台の上で踊っているようにも見える。俺の気のせいかw

それにしても、さっきから「~でございまする」「殿~」などと、
????。
何をしているんだろう・・この人たちは?

さっぱりわからんw

自分の伽羅が陸戦とやらに参加する以前のレベルであっても、別段参加を
強要されているわけでもないので、意味がわからなくて、戸惑っている分
だけ、なんともいえない不思議な気分で眺めていた俺。

わけが判らず、なんだかなーと、戸惑いを覚えたものの、妙に印象に
残ったのも事実で、ガチガチの青筋立てて、目を吊り上げているような
ある意味、緊迫感があるわけでもなく、「ゆるい」雰囲気の中、縦横無尽に
イベントの関係者が「芝居」をしているように見える不思議。

自分自身がプレイしているときには、必死になっているので、周りのこと
他人のことなんて気にしている暇など無いが、自分のプレイを、他人の視点
視野で見てみると、妙に滑稽に見えてしまう。

輪の中に入って、陸戦に参加するのもよし、眺め、見学するもよしと
自由度が高い?新手のパフォーマンスだと思った。
恐らく、違和感を感じるのは、目の前で動いているキャラの状態変化が
(どういう状態なのか)さっぱり判らないので戸惑っていたのだと。
なんというか、悲喜こもごもといった感じでw。頑張れと声援を送る
べきなのか、それとも、白けた目で見るべきなのか、反応に困る
パフォーマンスだからだと思う。

ゲームの運営会社が発案?し、ネットゲームの世界に「実装」することによって
一つの趣向、遊びが生まれ、その提案に対して、ユーザーが思い思いに、楽しむ
ことにより、決まりきった遊び方ではなく、違う遊び方が生まれる。
その典型を見た気がした。

最初見たとき、戸惑いを覚えて、その場を去ってしまったものの、懲りずに
再び「その場」にログインして、眺めながら思ったことは・・・

世の中には、変わった趣向の持ち主がいるもので、従来の決まりきった
遊びのシステムを逆手にとって、遊ぶ人間も居るものだなと、感心したり
その発想の原点、思いついた切欠が気になったりと・・・w。

ではでは。
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

中国コンビニ戦争(ダイジェスト)

 2011-07-21


以前、貼り付けた動画のダイジェスト版がアップロードされたので
貼り付けます。

画質が悪い?気にしないw
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

あなたは誰?<後編>

 2011-07-17
大航海時代オンラインゲームのユーザー(課金している場合)が
使っているブログサービスを見ていると、自己紹介の欄には
必ずと言ってよいほど、己の活動している鯖を明記している。

ご丁寧に~鯖の~国の~職といった具合に、自己紹介している
ユーザーが多い。ご本人様たちは、ごく当たり前のことのように
思っているかもしれない。

それは、IDの問い合わせから・・・始まった。

~さんのIDを教えて欲しい。と返信があったので、考えもなく
教えた俺。
その後、どうやら、フォローをしたらしい。必要な情報、関心のある
情報を得ることはいいことじゃないか。その手助けが出来たのは
良かったと思った。そのときは、自分が誰かの手助けができたことに
誇らしげな気分になった。

だが、その後、鍵付きの知らない人からフォローをしてもらったから
フォロー返しをしようと思ったけど・・云々と聞かされたとき
俺は・・・・。あちゃー、やってもうたー、やっべーと思った。
てへ、実は・・これこれこういうわけで・・と事情を話そうと
思った。

いや、出来なかった。俺の意識の中に、同じネットゲームのユーザー
なのだから鯖なんて関係ないじゃないか。面識があろうと無かろうと。
どこの誰からフォローを受けようと、いいじゃないかと一瞬思った。

でも、自分のテリトリーに入る人物が、どこの誰で、何者なのか
現社会の友達、知り合い。それとも、ネットゲームの同じ鯖で常に
一緒に活動している人物及び(ネットゲーム内の)組織内の知り合い
なのかどうか。すごく気になることらしい。排除の方針から許容の
方針(放置)になったらしいので、それを聞いたとき、ほっとした。

恐らく、フォローに気が付いたとき、相手が鍵付きだから、何だ?って
思ったんだろうな。どこの誰だかわからず、面識も無い人からのフォロー
戸惑いを覚えて、考えた挙句の処置(放置)

おれ自身、あまり深く考えず、配慮せずに、あっちこっちの
鯖に行っては、気になったユーザーに(前触れも無く)接触する
癖があるので、その手のことに鈍感かもしれないw

そういえば、よく尋ねられたっけな「あなたは誰?」「どこの鯖の人」
ってwww
いつの間にか、忘れかけていた、あの緊張感。そして、あの感覚。
ついつい、だらけてしまうと忘れがちな。人としての普通の感覚。

たぶん、目が覚めるとは、ああいう瞬間を言うんだろうなと思った俺。
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】【MAD】キョンとハルヒのLost my music

 2011-07-14


頭が悪いくせに、調子にのって(上から目線で)エピソードに関して
茶化したり、不平不満を長々と書いていると、その後が書けなくなって
いつもの悪い癖が出てしまうwww

そして、毎度毎度の誰かが作ったMADでごまかすwwww

あはっは、進歩してねーの俺w

そういえば、来週、DOL(能登鯖)でイベントがあるとか
ブログのねたにさせてもらうかなwww。

潜るべw。

ではでは。
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

あなたは、だれ?<前編>

 2011-07-10

とある日のこと。いつものように、どーでもいいことを(ツイッターで)呟いて
いた。そんなある日。

毎度、ハイテンションで呟いている人物の「呟き」をTLの流れの中で確認した
俺。

その人物、歴史関係が好きなのかどうかは知らないが、特に戦国時代のことで
熱く語っていたので、いつもの悪い癖が出て、軽く絡んでみた。

世の中には、ブームというものが起こるたびに、そのブーム(流れ)の大小
勢いによっては、新しい言葉が誕生しいつのまにか代名詞になっていく。
例えば「歴女」という言葉。この「キーワード」を聞いたとき、意味がわからず
何のことだろうと思った。鉄道が好きな女性「鉄子」などなど。

世の中、むさくるしい男が作った流れには、冷徹なわりに、女子供が
作るブームとなると・・・げふんげふんww

そんなわけで、その人物の呟きに対して「返信」して、いろいろと
聞いてみた。すると、案外「淡白」な答えが返ってきたので、意外な
側面を見た気がしたw。
ふーん、以外に冷静なんだねって感じに受け止めた俺。というより
あからさまに、たずねられる。そっけなく答えるタイプなんかとww
それはともかく、数回のやりとりのなかで、ひとつのキーワードが
いまいち判らなかったので、グーグルで調べてみたりと、なにかと
世の中色々なブームが起きているんだなと、認識を改めた。



当然、内緒話として、やり取りしなければ、俺の呟きもまた、他人の
TLに混じって流される。
そして、俺の呟きに反応を示した人物が居た。おおお??めずらしいw
なんて思ったものの、「~さんのID教えて!」と聞かれた。

そのときは、別にいいやと思ったので、深く考えずにIDを教えた。


そして・・・。続くw

カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】アイドルマスター2 目覚め -彼女たちの流儀-

 2011-07-04


ネタが無いときは、ゲーム動画(MAD)を貼り付ける気力も起こらず
埃をかぶってしまいがち。

でもね。ツイッターの場合、思ったこと、感じたことを、瞬時に書き込もう
するから、深く考えず、配慮もせずに、どうしても乱暴な口調、妄想
思い込みで書き込んでしまう。

その点、ブログの場合、あーだこーだと考えて、なるべく時間をかけて
書こうと(なるべく整理整頓をして)しようとする。

たとえ、書かれている内容が、己の頭の中のみ存在するファンタジーの
世界での出来事。
己の正義感、理想を書きなぐっているだけで、無意味で無価値の
精神的な「落書き帖」レベルでも比較的、まともな?思考パターン
で書ける。

後々、他人様に、相変わらずの俺理論を展開してらーって、笑われる
ことでもwww。
痛い精神をさらすことになっても
それはそれ。悲しいかな、これ俺の性分www

だから、書きなぐることが大好き。止められない。www

何の痛みを伴わない妄想なんて、現実の痛みの前では
単なる寝言、現実逃避に過ぎない。なんちゃってねwww

そんなわけで、ネタなし状態で貼り付けで、ごまかす俺w
カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。