スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

PS3でプレイしてみた。

 2010-04-29

せかっく、PS3を持っていることだし、試しに
PS3で大航海時代オンラインゲームをプレイして
みるかと・・

PS3をネットに繋ぎ・・・

当然・・「無料版」をインストールして、PS3版
大航海時代オンラインゲームを体験してみた

・・・

おお?? 想像していた以上に、グラフィックが綺麗
だなーと、見るもの聞くもの全て、たまに、おんぼろPCで
ログインしてみる風景とは、かけ離れた世界を見て

唖然

ただ、感心した反面、操作性には、戸惑いを覚えた。

視点が定まらず、目が回ってしまったw

それでも、多少の「操作性の難」も、グラフィックの
綺麗さには・・・。どーでもいい感じになる。

ただし、俺の場合、ゲーム内における海上での操作が
未熟なこともあり、小船が・・あっちにいったり、こっちにと
まるで、水面に落ちた葉っぱのごとく・・ぐるぐる回って
しまった時には、なにやってんだ?俺はwって思った。

このHNとは違う、キャラ名で育成?しているが、キャラに対する
思い入れとか、こだわりがない分、いつものごとく、ギルドマスター
や、訓練学校へ飛ばされるまでの時間、毎度毎度のことながらと
思いつつ、今回は、時間がかかっても、地道に育成しようかと
心を入れ替えて、楽しむつもりの俺。

ではでは。

スポンサーサイト
カテゴリ :電波航海記録 トラックバック(-) コメント(-)

呟き~その九~

 2010-04-25
呟きをしていると、色々なことを教えてくれる。そして様々なことを
気づかせてくれる。
呟きの場で流れる呟きは、本人が消さぬ限り、其の呟きは残る。

無論、鍵をかけて、フォローしてくれる相手以外には、見せないことは
可能だし、特定の人間からの接触を避けるブロックも可能。

しかし、他人に見せられないようなことを呟くくらいなら俺なら
ツイッターなんてやらない。今の俺にとって、ツイッターは単なる
ストレスの発散の場でも、便所の落書きをする場でもない。

俺はこの程度の人間ですと、てめえの恥を晒す場だと思うように
した。そのほうが気楽でいい。底の浅い人間だと思えば、誰も
関心すら持たず、接触する気も起こるまい。

マスコミの報道を真に受けて、わかりもせずに、喚いているだけの
思慮の浅い奴。だと思われているに違いない。いいやそれは正しい
判断だ。そうだ、それでいい。

さて、ツイッターを体験していると、ツイッターから得る情報の
多くは、当然、情報提供者が存在し、不特定多数の目に留まる
手法にて、不特定多数のツイッターユーザーに知りわたることで
多くの情報が伝播する。

正しい情報、誤った情報。情報の出所が不明で不確な情報が
混ざり合った状態で、日々、ツイッター上で流されている。

ツイッターを始めた当初、俺は。これら情報を得たいがために
がむしゃらにフォロー数(するがわ)を増やしていた。
人それぞれ、アンテナの種類、欲しい情報、好みの情報が違う
ように、俺もまた、人並みに、趣向が違うかもしれない。

フォロー数を増やせば、登録したツイッターの情報が流れ
多くの情報を得ることが出来るが、増えた分だけ、其の情報が
自分にとって、本当に必要なのかどうか、己の「見栄っ張り」
で強欲さが仇となる。

流れてくる情報の中から、知りたい情報(必要とする)なのか
関心はあるけど、特段必要とするものでもないなと、「リスト」
と作り、情報のリストを作成をしなければ、収拾が付かない
事態になって、初めて、リストを作る重要性を認識させられた。

そして、改めて考えてみると、ツイッターと言う呟きの世界では
情報を発信する側と、情報を受け取る側の二種類しかいない
ことに、気が付く。

そういう風に考えると、他人の情報を当てにして、流れていく情報
を眺めているだけで、自分の流せる情報ってあるのか?と改めて
自分自身のツイッターをする意味を考えさせられる。

日々流される情報の真意と有効性を理解できずに、混乱するのは
其の情報の信憑性を確認する(できる)手段がないから。
俺がツイッターを始めて、まだ日が浅いが、日々の不平不満を
垂れ流すだけのツイッターから、もう一歩、もう一段、上にいく
ようにしないと、単なる鬱憤を晴らし、ストレス解消の場所を
得ただけになってしまう。

まあ、情報を流したくても、情報得る手段がなく、其の情報が
この世の中にあって、どれほどの「価値」があるのかといえば
・・・。

そんなものはない。俺みたいな人間が流せるのは、情報ではなく
流れてきた情報に対して、俺なりの「反応」をするだけ。
だから、反応し、それをツイッターで流すとき、流れてきた
情報の信憑性を確認することが必要で、思いつき、感情に任せた
反応をすることは、避けなくてはいけない。

まあ、呟く回数が減ることが、イコール熟慮を重ねた結果である
かどうかは・・・おれもわからんw。
ただ単に、面倒なのか、言い出すきっかけを失い、言いそびれた
だけかもしれない。要するに「のろま」なだけかもしれないw。


カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

メタルギアソリッド4 ~初心者よ、伝説の傭兵になれ?~

 2010-04-24
某会社が、無双シリーズの続編を作らないものだから、いらっとし始めた頃
俺はあるゲームを購入した。

  メタルギアソリッド~(PS3ベスト版)というゲーム。

俺がまだ、未成年の頃、某花札メーカーから発売されていたゲーム機が
爆発的に売れていたころに、多感な青年期だった俺も、親に頼んで
買ってもらうと思っていたが・・・。

どこのおもちゃ屋も品切れで、お目当ての品は入手できず、途方にくれていた時
対照的に山積みになっていた「もの」があった。

当然、お目当てのものがない以上・・・選択肢は・・。で

今となっては、あやふやな記憶を辿って思い出すと、多感な青年期に花札
メーカーのゲーム機器(ビデオゲーム)とは違って、売れ残っていたゲーム機器
対応のゲームソフト?のなかに、メタルギアというソフトがあったような記憶が
ある。

記憶違いかもしれないが、戦車だか、ロボット(歩行型?)を破壊する目的の
ゲームだったような気が・・・。今のように、立体的なゲーム映像とは違って
こじんまりとしたゲーム。

でも、約20年経過した今でも、面白かったゲームだったと思った。

そんな20年程?経過した現在になって、あの頃遊んだゲームソフトを
ハードが変わって、今遊んでいる。
あらゆるもの全て(設定とか、操作方法など)が新鮮で、時がたつのを
忘れるほど、楽しんでいるw俺がいる。

ゲームの難易度の設定も。「超初心者レベル」に設定し、一通り遊んで
いるうちに、アクションゲーム?が苦手な俺でも、どうにかクリアー
出来た。

続編が出ているゲームは、グレードアップするごとに、固定ファンの
意向を取り入れ、其の要望を実現するたびに、難易度が上がっていき
馴染みがない、一見プレイヤーにとっては、とっつきにくいゲームに
なりやすい。

だから、購入当初は、大丈夫だろうか?、一体何十時間必要になるのか?
と、購入後心配なった。

でも、難易度を下げられて、尚且つ、恐らく「政策側が意識して」
初心者でも満足できる、非常に細やかな、配慮がされていることが
随所に見受けられた。

普通、この手のゲームは、センスがない、能力がないからクリアー
出来ないと、購入後、嫌気がさすものだと思うが、このゲームソフト
に限って言えば・・・それを感じることが無かったことは嬉しかった^^

面白くて、楽しいゲームソフトを、世に送り出してくれて有難う。
ってお礼を言いたい気分になった。

ただ、初心者として苦言があるとすれば・・・。

操作しているプレイヤー側(ユーザー)は、超初心者で
操作されているキャラ(オールドスネーク?)は、ゲーム設定上では
伝説の傭兵・・・。

必死になって攻撃していると、他のNPCが、「そんなものなのか?」
「しっかりしろ!」などと、おいおい、あんたは伝説の・・・
経験豊富な傭兵・・・と言った具合に、がっかりさせるなと失望感
と捉えられる発言を聞くたびに、「おいおい、こちとら、初・・・」
だからと思うことが度々。^^;;;

それでも、映像はスキップできるし、クリアー後も、入手した武器類が
使用できたり、ダンボール、ドラム缶?といった小道具の豊富さには
驚かされる。

そうか・・・だから、ベスト版が出るんだなって、ベスト版を購入後
妙に納得した(できた)俺。

無双シリーズとは違うゲームだけど、いい暇つぶしにはなるなと思った。
だから、購入したわけだが・・・w

題名のないイベント。

 2010-04-18
課金もせず、塵、芥同然に、羞恥心など、とっくの昔に無くしてしまった
そんな俺などに、お呼びもかかっていないのに、何故か、人の集まりに
引寄せられる。

その都度、其の場の和気藹々とした場に居合わせると、なんともいえない
気分になる。

楽しそうでいいなーと。

何年もかけてレベル上げ、スキル上げをすることに苦痛に感じ、労力をかける
ことに意味を見出せず、ただ電子の海の芥同然に漂っているだけの俺からすると
数年の積み重ねで、それ相応のキャラへと成長させたユーザーが、とてつもない
輝いて見えるときがある。

それが、イベント会場で、和気藹々と、新しいアイテムを装着し、何気なく
ゲームのシステムを楽しんでいる様を見ると、俺は場違いなPCであることを
思い知らされる。ネットゲームの世界のイベントに野次馬として、見学して
いて、今の今まで、心の奥底から、楽しんだことはない。恐らくこれからも
そういうことはないはず。俺は、この世界の住人に成りきれていないから
かもしれない・・・。


さて、大航海時代オンラインゲームに久しぶりに、ログインした俺。

今回、題名のないイベントを見学、いや、野次馬として、イベントに参加
したが、これといった決まったことも無いイベントに参加してみると色々
と面白いことに気が付く。

其の場に居合わせたPCの殆どは、陸戦やら、ポーカーなど、各々好きな
ことをしながら、暇を潰している。

そんな風に見えた。

これが、華になる催しがあれば、その催しが中心となって人が集まり
その催しに便乗した二次、三次的に連鎖していくことも、今回は
題名のないイベント・・・。

メインも、サブも関係のないイベント・・いや、暇つぶしww。

そんな場の雰囲気も、緊張感など感じられず、喧々諤々の状況に
なるわけでもなく、フリーな場であっても、どことなくコントロール
出来ている場所と言う印象を持った。

最初、今回のイベントを開催を知ったとき、何が目的なんだろう?って
思った。

何かしらの「華」がなければ、楽しめないのか?と言えば・・その華とは
なにか?って考える。演奏会?バザー大会?陸戦?ポーカー?・・・・。
小難しく考えても、人が集まる理由とか、動機を考えたとき、人が集まる
引寄せる手段なんて、いくらでもある。

何だかよくわからないけど、楽しそう。暇つぶしが出来そうだ・・

それだけで、十分だと言うこと。
無理に、手の込んだ仕掛けを用意する必要なんてない。

ああ、そうだわな、特定の場所で(僻地)何をしようと、場所さえ
決めておけば、誰の迷惑になるのでなければ・・・。
題名が無くても構わない。何か特別なものを用意されなければ、来ないのか?
人が集まらないのか?などと考えると、そんなことはないと思う。

だから・・・

数名の知り合いがいて、軽く挨拶をして、其の場所の雰囲気を楽しめれば
俺は満足し、楽しかった思う。まあ、金もなく、みずぼらしい初期の服装で
くるくる回っているだけの俺w。物が買える訳でも、スキルの数値が上がる
訳でもないのに、其の場にいった俺。

で、一体俺は何しにいったんだと、振り返って考えても、よくわからない。


それでもいい。ログインしようする動機があった。ただ、それだけのこと。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

呟き~その八~

 2010-04-11
呟きを体験していると、時間帯によって、呟きの流れが速くなったり、遅くなったり
多くなったり、少なくなったりと、ただ眺めているだけでも面白い。

呟かれた内容に関して、何の予備知識など持っていない時も、何のことやらと思い
グーグル先生に聞けば、それらに関する情報を得ることが出来る。
ただし、政治家とか、タレントの呟きの多くは、広報的であるのに対し、「肩書き」
とは無縁(俺を含め)な人たちから発せられる言葉を見ていると、面白みとか
娯楽的な要素を求めるのは、筋違いであり、そうしたことを求める(好みや趣向に
合わない場合)のであれば、さっさとフォローを止めればすむ。

本当の意味で、呟きとは、非常に地味で、飾り気のない、荒涼とした雰囲気の呟きで
あると思うし、そうした場だと思う。



どーでもいいことを、常日頃、「其の場」で呟いていると、ブログとか日記とは
なんぞやと、改めて考えてしまうときがある。
呟きが、インスタント的なブログとして成り立つのかどうかと・・・。

つまり、其の時々に思ったことを、呟くことは、後々、自身の発言(呟き)を見て
其のとき思ったことを呟いているのだから、紛れも泣く「本音」であり、変な風に
猫をかぶったり、気取って発言をしているとは思えないので、時々、ブログを書く
意義が見えなくなる。

それでも、誰かに見られていると思いながら、発言(入力)していることを
考えれば、本音でもあるし、自意識過剰にならざるを得ないのも事実。


そして、限られた行数を意識し、短めに、簡易に発言することは、長ったらしく
鬱陶しい「発言」を抑制する「機能」がある。

だからこそ、其のときに思ったことを、残すってのは、意味があると。
他人にから見て、無意味なこと、くだらないことだと、嘲られ様が・・・。
其のときに思ったことを、呟かないで、いつ呟くのだと・・思ったりする。

ふと、呟こうと思ったとき、躊躇ったり、考え直したりしたら・・・
数分後、数時間後、同じことは呟けないのではないかと。

呟く頻度とか、呟く内容など問題にならず、今何を思っているのか
感じているのか、それを呟く。他人の目とか、多少意識しつつも・・

自分らしさを「呟き」で出せたらいいなーって思いつつ、こうして
俺は・・ブログの記事として書き残す。

呟きは、其の時々の「己の」感情に左右されやすいが、ブログとか日記は
稚拙な俺の頭で、考えながら書くので、感情なんてない。
どーせ、足りない頭で考えても、結論なんて出ないのだから。

それに、長ったらしく呟いたところで、呟きではなく、簡易的なコラム
になってしまう。コラムなんて見ても、何が伝わるのか?俺には判らない。
いや、長ったらしく書いても、それは書き手の自己満足、エゴの押し付け。

そんなもの・・・自分が楽しくて、満足しても、鬱陶しいだけ。
疲れる。

わざわざ、退屈で疲れる呟き・・・ぷっ。そんなに長ったらしく語りたい
のなら・・呟く必要なんてねーじゃねって思うし。

そもそも、不特定多数に、自身の考えとか、理念を伝えたいと思っても
現実的に考えると、限られた行数で伝えるには無理がある。
間違えても、呟きを日頃の鬱憤晴らし、不平不満を書き殴ったり
誹謗中傷をする場ではないはず。

だから、てめーの思ったこと、感じたことを、書きたいのであれば
それ相応の場所があるはず。

その場こそ、チラシの裏書・・ブログとか日記。

他人からの押し付けに対して、敏感な人間ほど、自分の押し付けに
関しては、鈍感。

他人の自己中は迷惑だが、俺の自己中心的思考パターンも、迷惑。
そういう風に考えると、冷静に考える場っていうのも必要なのかと
思ったりする今日この頃。





カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

ニコニコ動画】アイドルマスター「GO! GO! MANIAC」(けいおん!! OP)

 2010-04-10


今まで、一つの息抜きとして、一つの記事として、MADを貼り付けてきたが
どうやら、おれ自身、MADの貼り付けに、相当依存し、甘えていたようだ。

書くことないと思い、ついつい、動画を貼り付けてはお茶を濁すことで
更新の停滞と言う一種の恐怖心に怯えていたようにもw

どうせ放置しても、ボット以外、訪問者なんていないだろうと思っていたら
訪問する人もいるようだし・・・。

得るものなんて何もないのに・・・って。

俺の場合、頻繁に更新するのが苦手で、有る程度の「時間」を必要となるので
不定期に更新するタイプ。こんな僻地ブログに(わざわざ)訪問してくれる方々
には、申し訳ないと思っています;;;。

不定期、定期的に閲覧される方々の閲覧目的は・・・私にはわかりません。
別段、有益な情報が掲載されているわけでも・・・まあ、そんなことは
どーでもいいことですけど。

まあ、ぼちぼち更新しますので、よろしくお願いします。

さて、MADの方は・・使用されているBGMが、意味不明で
アイマスのゲームキャラの振り付けが、あっているような
あっていないような、そんな感じが(俺なりに)面白かったので
貼り付けました。

ではでは。



命の重さ

 2010-04-05

去年の今頃か、家に住み着いた野良猫一家に出会ったのは・・・

あの時は、ただひたすら人間に対して不信感の塊で、俺たち
家族に対して、恐怖の対象としてみていた(接していた)
野良猫一家の親猫一匹と、子猫三兄弟が、恐怖の対象であった
はずの人間から、施しを受け、いつの間にか、餌を貰い、寝床を
提供されるようになって、気が付いたら、親猫(オス)は姿を
消し、オス猫(兄?)も、半年後には、巣立っていった。

そして、結局残ったのは、避妊手術を受けたメス猫二匹のみ。

季節を問わず、繁殖期の猫ゆえに、守ってくれるのは・・
恐怖の対象である人間・・・ではなく、自分たちで、縄張りと
住処を守らないといけない。

餌は人間がくれるから・・・食いぱっれることはない。
原則的に、三色昼寝つき・・・。

その気になれば、老猫の寝床も、コタツの中で寝ていても
家人は、何もしないし、無理に追い出そうともしない。

それが極楽に思うか、猫が嫌う過度で過剰な干渉に感じるかは
俺は知らない。

外に出たければ出すし、中に入れてと、猫なで声で鳴けば家の
中に入れるだけ。

そんな、馴れ合い、もたれ合いの関係が、暫く続いていたある日
のこと。

いつものように、元気に家の庭を走り回っていた猫が・・・
片足を不自然に上げて、びっこを引きながら、家人に保護された。

これがもし、薄汚い野良猫だったら、追い払って、保護などしない
が、仮にも約一年ほど、餌付けをし、寝床を提供してきた猫の様子が
変だと思ったら・・・

避妊手術をしようかどうかと、散々迷った半野良猫との人間と猫との
関係であれば、・・・野良猫がどうなろうと、思ったかもしれない。
それは、人間の身勝手、エゴを動物の生命を、天秤にかける一瞬だと
思う。

放って置けばいい。小汚い猫の事なんて、構っていられるつーのって
思ったかもしれない。どうせ、衰弱するかも・・・関りあいたくない
野良の宿命。今更、懐柔したって、懐かない。むしろ・・・反発し
警戒され、人間に対して不信感を持ち、決して、心を許さず、誘惑に
乗ってしまったら、何されるか・・。って思った居るかもと思うと。

野良の自由と、野良として生きる厳しさなんて人間にわかるはずも
ないけど、いちいち猫に構っていられないって思えば・・はいそれまで。



でも・・・でも・・・でも。


どうしようか・・・あの時何かしてやれば、助かったかもしれない。


いや、なまじっか同情したばかりに、猫屋敷になったものならそれこそ
大変!!

近所に文句を言われるかも・・知った凝っちゃねえよ、野良猫なんて!


本当にいいのか?本当に・・・。






















今回は迷わなかった。助けてあげたい。あんなに痛い、痛いって、絶叫を上げ
片足を挙げて、痛々しい姿を見るに耐えなかったから。
人間の世話なんかにならない。傷口を舐めれば直る・・???

いや、一部の猫愛好家の間で癒しの対象となっている、肉球が・・・猫の足が
化膿して、肥大し、余りにも痛々しく、放っておけなかった。

なんとしても助けたいって思った。

保険も利かないし、実費・・・そんなこと考える暇もなく、痛がっている
猫を動物病院へ連れて行った。ごめんな。ごめんな。もっと早くつれてくれば
よかった。本当にご免、ご免。痛かったんだな・・ごめん・・ごめん。



結局、手術を受けることになって、入院することになった半野良猫。

また元気に走り回れればいいな。これから温かくなるし・・なっ。


そんな大騒ぎなことがあったある日の出来事でした。^^;;;

カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

浮かぶ仮面。

 2010-04-04
自分自身に、楽しいとか、嬉しいとか、そうした気持ちを
表現できる能力が欠如していると思っているので、最近は
人様の(よそ様の)ブログを読んで、逆の事でも書いて
みようと思うが、どうも上手くできない。

そして、いつもなら、よそ様のブログの記事を読み漁って
いると、俺の内に込上げてくる、妬みとか、僻み根性丸出し
気持ちになれず、ふむふむ、なるほどねと、淡々と頷く
だけになっている俺。

つーか。

他人を罵倒したり、自分が一番だと言った「お花畑」ブログ
を読んでいても、さっぱり、楽しく気分にしてくれない記事が
多すぎるw

俺の思考パターンとして、口では(ブログでは)そんなことを
言っていても(書いていても)内心(本音)は違うんだろう?
って、物事を正直に、正面から受け取られず、歪曲に楽しむ
悪趣味な人間なので、航海日誌と言うより、レベル上げ日誌
活動日記を読んでも・・・書き手の感情の起伏も、偽善的な
表現以前の印象に残らない淡白記事では、俺様お得意の揚げ
足取り記事、悪口の元がwない。

だから困る。www。

人としての感情の起伏、人間臭さとは無縁の航海日誌を読んでも
これと言った感情も、関心すらもてず・・うう。
だから、なるほど、それは良かったねと感じてしまうだけで
終わる・・。

それでも、某結婚詐欺事件のような、力士工みたいな香りが
するブログを見つけると、犯罪性がないにせよ、似た様な
人間が居るのだなと、思ったりする。

上っ面の綺麗ごとを並べても、嘘臭く見える。他人の非には
敏感で、自身ことは棚に上げる・・・。

まあ、箱の中の世界で、抑えられない自己顕示欲の塊をみると
・・・誠に面白く、愉快な気分になる。

おっと、俺も人のことは言えないか、俺も自己顕示欲の塊。
こうしてコメントもロックしているチキンだし・・^^;;;


いずれにせよ、肝に銘じなければ・・ではでは。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。