スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

呟き~その七~

 2010-03-28
この場所で、呟いてみてくださいと言われても、何を呟けばいいのか、迷い
考えてしまう。他人の呟きを見ながら、自分も呟いてみる・・。

他人の反応もそうだが、数秒前に呟いた言葉を見て、何を感じるか・・・。
他愛も無いこと、面白くもなんとも無いことを呟いて何が面白いのか
ふと、素に戻ってしまう俺。

他人の呟きが流れ、自分の呟きが流れる空間、違和感を覚えないほうが
可笑しいと思う。

でも・・・・其のときに思ったことを呟く。

呟くことは簡単なのかなあって・・・。誰に向かって?独り言・・。
何の考えも無く呟けるものなのかなって・・・。
他人を意識し始めたら、終わり。空に文字を書くように、呟く。
まるで、何かの修行みたいだww。

皆、自由奔放に、好き勝手に流していると思える空間も、ふとしたことで
トラブルになりかねない空間。

それは、俺は、これこれに関して、こう思っていると、呟きではなく。
あからさまに「他人を意識した」意見を呟くと、ガラリと
空気が変わる。

自分には関係ないこと、知らないことを呟くのであれば、情報を得られる意味でも
有意義で意味の有る「呟き」も、習慣とか、価値観を否定するようなことを呟くと
何が起こるのか?

普段は、何事も無く、さまざまな人のつぶやきが流れていく電子の川の状況は変わる。
私はこう思う。貴方はそう思っているかもしれないけど・・私は・・などと、互いの
価値観、習性、の相違がぶつける、議論の場に変わってしまう。

まことに恐ろしいものだ。相容れない意見の飛び交いは、よい意味で、活発な意見交換
悪く言えば、単なる口げんかへと、雰囲気が代わってしまうのだから。

一旦、流れが変わってしまうと、(ヒートアップすると)なかなか、人とは冷静に
物事を考えることが難しくなってしまう。でも、其の流れを変えないと、収拾が
付かない状況になる前に、これって不味い状況?

でもどうしたらいいのか・・・。笑ってごまかす?静観して、事の成り行きを見守る?

・・・妥協。私の意見、貴方の意見・・・。自分だけの意見、気持ちを一方的に
捲くし立てても、何も解決にはならない。自分の意見も言うし、相手の意見も聞いて
・・・一見、八方美人に見える行為も・・・。

誰の意見が正しくて、正しくないのか?そんな、日常生活の他愛も無いことを
議論知る意味はない。

呟きは、議論の場ではなく、意見交換の場と思って呟いたほうが言いと思うように
なった。

其処を勘違いすると・・・。


呟いてくださいといわれて、何でも呟けばいいってモノじゃないことを知る。

こんな頭が悪く、無神経な俺でも、理解したこと。

それは、他人の持っている価値観、習慣を否定するような呟きはしないこと。

それだけは理解した。と俺は思っている。

ではでは。
スポンサーサイト
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】ベルサイユのばら 『薔薇は美しく散る』

 2010-03-22



足りない頭で、物事を考えると、日頃からそうしたことに
慣れていないので、オーバーヒートしてしまう。

なれないこと、出来ないことなんて、するものではないとw
それでも、偶に、稚拙な表現で、ついつい語っちまう。
語った後、冷静になって(後になって)閲覧してみると
その、語ったことが「単なる独りよがり」な内容に思うと
あららって。
だから、すこし時間を空けて、何かを考える。


さて、ぼーと眺めていたら、何となくいいなーって思って
貼り付けてみた。

感想?・・アニメのことは・・・よく知らない。
知らないけど、貼り付けてみた。ただそれだけ。

呟き~その六~

 2010-03-21
呟きを数週間、眺めていると、色々なことを教えてくれる。

情報を発信する人、自分に必要な情報を得ようとする人
それとは関係なく、呟く人、それに反応する人・・・

ただ眺めているだけの人。


自分は何を呟きたいのか?何を見たいのか、知りたいのか?
誰の声を聴きたいのか、聞いて欲しいのか?

そんなことを考え始めると、他人に意見を言うのが臆病になる。

一言で言うと「怖い。」

怖さがあるから、慎重になり、むやみやたらと、フォローを入れて
相手の心証を害するような「無節操」はしなくなるし、もし
フォローを、積極的なアプローチなり、アクションなどと捉えて
考えていたとしたら、それは間違い。思い違い、思い上がりも
甚だしい。

自分以外に誰かがいる。そんな世界、空間に居ることを忘れるな俺。

誰も、フォローが(誰かに)欲しいとか、思って、呟きなどしてい
ないはず。
自分なりに思ったことを、ネットに流し、他人の呟きを眺めている。

そして、其の範囲が広がり、自身の知りたい、見たい情報と言う
呟きを欲するとき・・・また、考える。

でも、どんな世界でも、自分だけがいるわけではないのだから
自制心を要求され、モラルもまた必要となる。だから・・

この怖さこそ、自省であり、無意味なトラブルを避けるブレーキと
なるのだろうと。

呟きを体験し始めた頃は、妙に、ブロックに放り込れたり、リンク
を解消されることに敏感になっていたが、最近は・・・

どーでも良くなった俺。他人の顔色を伺いながら呟く?
疲れるだけだ。

あほくさ。

だけど、自分が尊重されたければ、他人の意見、存在も
また尊重しろ。
でないと・・・相互理解なんて出来っこないw。無理無理。

自分の呟きたいこと、知りたい情報を、整理して、選考していけば
自ずと、考えがまとまり、無駄口は叩かなくなる。

それでいいじゃん。小難しく考えて、勝手に井の中の蛙になって
世間知らず、常識知らず、礼儀知らずにならずに済む。

なんておもったりして。w


それでも、他人の目を意識し、自らを縛り

言いたいことを言わずに、いい人をぶっていることが
正しいことなのか?

隠しても隠し切れないこと。

そんなことは、自らの意思(保身)とは関係なく
他人は見抜く。恐怖に縮こまり、震えて、事なきを得たい
のか?

それとも・・・。

考えれば考えるほど、呟きたいことは何だろうか?
などと考える。
でも、何か言いたくなる。これは良くて、これは駄目。

その判断基準、さじ加減・・・面倒だけど、いい年した
おっさんで、純朴で世の中のことを知らない餓鬼じゃ
あるまいし・・・。

裏と表があろうが、考える頭があるのなら、てめーが
勝手に判断しろって思う今日この頃w。
カテゴリ :呟き トラックバック(-) コメント(-)

とある鯖の木下で~番外編 その弐~

 2010-03-17
似顔絵会場を後にした俺は、E鯖の連中が来るという場所に移動した。

さて、久しぶりにユーザーイベントに野次馬として参加したのだが
おれ自身、自分自身のPCのことを軽視していたことに気が付いた。
他鯖から来た連中でさえ、自身のHNと同じPCで其の場にいるという
のに・・

それに比べて、俺はどうだ?適当な「当て字」で作ったキャラで
そこらへんを動き回っていたので、野次馬の中に混ざることで
目立つことも無く、見学はできたものの・・・

ユーザーイベントの会場にて、知り合い(主にブログ書き)を見かけて
話しかける際には・・その都度、「私は~です。」と名乗って、相手に
単なる冷やかしや、大陸の人でない旨を述べてから、会話に入る手間が
必要となった。

冷静に考えたら、「なんて間抜けなことを・・・」

自身のキャラクターを、否定し、軽視する人間に、相手のキャラクターを
語る資格などない。

そして、自称知り合いが、イベント会場で見かけたPCと話しかけるたびに
今更感のある「自己紹介」を繰り返していた・・・それは俺のこと。
だから、話しかけても、無視するPCもいれば、冷笑し、呆れるPCがいたり
果ては、~ですと言う前に、~さんですよね。と先制パンチをお見舞い
される有様・・は~~~~~。(ため息)何をしたいんだ俺w

そうこうしていると、E鯖からの訪問者の「リーダー格」と思しきPCが
登場した。登場し、いざ、イベントが始まったとき、俺は違和感を覚えた。

おや?・・・えらく、楽団とやらと観客との距離が開いているように・・。
その団体がイベント(楽器を鳴らしながら、シュプレヒコールをするスタイル)
を開催する場所は、教会など、階段がある場所で行われるようだが、いつもの
雰囲気が違った。

彼らが主に活動している鯖では、行っていることには慣れていたが、仮想社会
でも、鯖が違うと、こうも違うものかと有る意味新鮮に映ったw。

あまり、団体と観客との距離が近すぎても、遠すぎても、可笑しいとは思う
ものの、N鯖という一つに鯖で活動していた某団体が活動休止して以来、
E鯖からの団体の「スタイル」に戸惑いや、困惑を覚えたのかな?と
傍から見たら、単なる騒音に過ぎないのだから、他人との無用な接触、摩擦
トラブルを避ける意味からしても、むやみやたらとシュプレヒコールを
しようとするPCがいるとは思えない。

だから・・・俺も思わず、ぽかーんとしていたw。

まあ、俺は、E鯖の団体の中に、弄くり概の有る人物を冷やかしたり
無意味なことを喚き散らして、其の団体のイベントを見学していた。

だが、残念なことに、始まりは見ていたものの、中座をしてしまったので
どんな風にイベントが終わったのかは知らない。(なんていう中途半端w)

本当なら、もっと色々なイベント会場を見て回れればよかったんだが
ついつい、目立ったもの興味を引かれたイベントだけに偏ってみていた
ように思う。それに関しては、ちょっと反省。

ではでは。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

とある鯖の大きな木下で~番外編~

 2010-03-16
とあるネットゲームのNという鯖で、ユーザーイベントが執り行われたが
ゲーム内のアイテムを(バザー等で)購入するわけでもなく、~レース
などに参加するわけも、陸戦とやらに参加するわけもない・・・俺。

そんな、何しに来たのかさえ、曖昧で、ログインした理由さえも曖昧な
俺の目的は、なんだろうと考える。

ふと、似顔絵とか、このゲームのE鯖で活動している連中が大挙押し寄せて
何かするらしいという「情報」を思い出し、まずは似顔絵とらやの会場を
探すことからはじめた。

どうせ、これといってやることもないし、金もないし、眺めていれば
祭りに参加した気分になるのだから、見るもの、語ることは決まって
いた。

似顔絵会場とやらを探すのは簡単だった。一人、また一人と、歩いて
いく方向へ行ってみたら、予想以上の人手に驚いた。

人手には驚いたものの、最初、何をしているのだろうか?と思って
待機しているPCの周辺でうろつく俺。

絵描きと思しきPCと、モデル(予約制)がゴザコメを出して待機して
いたので、すぐに理解できた。

そして・・・

まずは、どんな連中が待機しているのだろうと、見渡してみたら・・・。

案の定「大航海時代オンラインゲーム系?」のブログ書きの管理人を
多数確認した。

何でだろうとは思わなかった。どうせ、ブログの記事にするために
他鯖(メインに活動している鯖から)から来たのだろうと。
ご苦労なこったと思ったのと、前金○M・・を都合よく用意できたもの
だなと、感心するやら、得体の知れない連中だと思ったり。

大方、他のブログの画像(プロフィール等)に、誰が書いた(描いて貰った)
似顔絵を見たり、イベント前にサンプルとして、貼り付けてあった「似顔絵」
を見て、ご希望の絵描きの前で陣取っているんだなと、勝手に推測した。

だからこそ、自分のキャラクターの「理想」に近い似顔絵を書いてくれる
絵描きを探し、相手に大金を払うだけの価値を見出すために、他鯖から
来たとすれば・・・相当の執念と、根性と、気合を持たないと来る筈がない。
同じ鯖ならいざ知らず、他鯖からわざわざ訪問し、尚且つ、待ち時間を経た後
下書き用のSSを撮影し・・・と一連の流れ、出来上がりを待つまでの「彼らの
気持ち」などは、俺みたいな人間には、到底理解も、共感など覚えないが・・

一つだけ感心したことは、欲しいものを得るために、他鯖を訪問し、求められる
条件をクリアーし、「自身の理想に近い」似顔絵を得ようとする行動力だと思う。

名前や、ゲーム内のキャラクターのパーツの違いなど、初期の頃の選択しだいで
若干の個性やら違いが生まれるくらいで、そのキャラクターの似顔絵に一体何の
価値があるのか?

俺にはさっぱり理解など出来ないが、彼ら行動力に関しては、見習うことが多い
ように思った。

そうした現場を見学しつつ、俺は、E鯖の連中が大挙押し寄せて、何かを見せる
というイベント会場に向かった。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

とある鯖の大きな木下で。~エピソード~

 2010-03-15
いつもは、PCがまばらで、閑散として場所に、どこからとも無く
人が集まってくる。

何のために?公式イベント?いやいや、ユーザーイベントがとある
ゲームのN鯖であるから。

そのために?だけに、N鯖に、多くの人が集まった(と思う)。

さて、俺がそうした催しものに出かけるとき、まずは、知り合いの
(俺が知っている)PCを探すことから始まる。
こういうイベントには、色々な人間が吸い寄せられ、集まってくる。
無論、鯖の壁を越えて、他の鯖から訪れたPCでも、初期のPCではなく
有る程度成長したPCと出会うと・・おや?と思うものの、何かしら
メインで活動している鯖でなくても、出入りしているのだろうなと
勝手に推測。

本来であれば、どんな催し物があって、何がメインだのと、考える
ところだが、今回のイベントに関しては、事前に調べることも無く
何の先入観も持たずに、回ることが出来た。

というよりも、そもそも俺のPCが初期キャラの低レベルPCなので
買うことも、装着することも出来ないw
だから、誰が何を売り、どんなに素晴らしいアイテムをバザーで
売っていようが、何の関心も、興味すらなかった。

だけど、(N鯖にしては珍しく)二日連続で行われたイベントを
見て回って感じたことは、相変わらず、大規模なユーザーイベント
であっても、其のイベントが間延びし、波状の兆しが見えなかった
ことは、賞賛に値すると思った。

たぶん・・イベントを開催することに慣れていて、一参加者(野次馬)
には窺い知れない進行の苦労とか、打ち合わせの苦労などがあるのだろう
と、俺は勝手に想像しながら、色々な場所で開催されていた各種催し物
を見てまわっていた。

まっ、俺みたいに、DOL系のブログとあれば、所構わずに土足で上がりこみ
人様のブログにコメントを残す奇行の持ち主は、ついつい、自称知り合い
感覚で、知っているPC名を探して回る。元々、ゲーム内において、友人も
知り合いも、特定の団体に属していない「根無し草」が、ユーザーイベント
に参加(単なるどさまわり)する目的が不純極まりない。

さて、自意識過剰なブロガーはどこにいるかな?と、ここぞとばかりに
あっちへふらふら、こっちへふらふらと・・悪趣味で無神経な俺。

しかし、大盛況のイベントになればなるほど、人手が増えて、探すのは
一苦労する・・・と思い勝ちだが、そうでもない。
今回のイベントの良かった点として、各種イベントの開催場所が微妙に
離れて?いたこともあって、移動距離と時間がかかる割りには、意外と
静かな雰囲気を呈していた。

通常なら、盛況になればなるほどログが流れ、ログ酔いしやすくなる
ところが、今回はそれほどひどい状況には・・・ならなかったと思う。
だから、へんな風に疲れることが無かった。

イベントに参加した関係者の皆様お疲れ様でした・・・。

で、


イベント一日目に行われたE鯖ユーザーのイベントと

二日間、開催された「似顔絵企画」を、重点的に

見学することにして、俺のイベント見学も終わった。

なかなか面白くて、楽しい気分になった。ありがとう^^


ではでは。



カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

とある鯖の大きな木下で ~プロローグ~

 2010-03-14

平成22年3月13日~21時頃から~

大航海時代オンラインゲームのNという鯖で
面白い催しものが執り行われた。

いつもは、人がまばらなゲーム内都市で
多くのゲームユーザーが集い、遊んで
楽しんだユーザーイベント。

ああいう大規模なユーザーイベントは
実際に参加し、其の狂気の輪に入って初めて
何かを感じるものがあるはず。

そう、輪の中に入って、ユーザーと話
笑い楽しむ。

一瞬でもいい、何かを忘れて、眺める。

でも・・・。
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】ライオン 叩いてみた。

 2010-03-11



絵も描けないし、楽器も弾けない俺だが・・・

これだけ「叩ければ」気持ちいいだろなーと

勝手に思った。

そのレベルにいたるまでの時間とか、設備とか

投資した金額云々を考える前に・・・。

芸術を高めるには、あらゆる障害を乗り越えて

初めて、才能が形になるのかなとも。

其の才能で、食べていくのか・・

それとも、個人的な趣味として楽しむのか。

その違い、境界線は何処にあるのかなとも。

そんなことを(野暮なこと)思いながら

見てはいけないと思っても、ついつい・・。

呟き~その五~

 2010-03-07
俺は、呟きとは、単なる独り言、其のときに思ったことを
呟きのごとく、何も考えずに、入力するものだと思っていた。

だから、twitterが、SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)
とよばれるものだと知ったとき・・・開放的になれる反面
閉鎖的な雰囲気を感じていたが、その理由を理解し、納得した。


呟きをはじめて、二三週間ほど経過したが、サービスに登録し
いざ、はじめてみると、最初の段階では、何を呟けばいいのか
判らず、とりあえず「共通のテーマ」「共通点」をもつユーザー
を探し始める俺。

目に付いたユーザーを片っ端から登録し、リンク?登録して
(フォロー登録)相手の呟きを眺めながら、相手方の雰囲気と
傾向を確認することからはじめた。

そして、相手の呟きに対し、フォロー(返信)を、始めて見ると
面白いもので、返答が来る場合と、無視される場合があることを
知ることになるが、見ず知らずの相手からのフォローに対し
返信してくれる相手なのか、逆に、ゲーム内の俺の評判、ゲーム
内で会話し、鬱陶しいと思っていた相手が、もし・・・歓迎しない
相手からフォロー(ゲーム内におけるTEL)を見て確認したと
したら・・・さてwwwwwwwwwwwwwwwww。

これは、誠に面白い。

相手がどんなに、表面が品行方正、「お仲間」との協調性のある
ようにしていても、別の面で、意外な側面を、見せられた
思い知らされたとき・・・それはそれで、誠に面白いww。

~してくれるだろうと、期待するのは無駄。

むしろ、お前だったらどうする?と考え、相手の気持ちを考えれば
いちいち、反応していたら疲れるだろうなと、一般的な反応と対策
双方を考慮すれば・・

かまってちゃん程、見苦しいものは無いなと、自己反省。

twitterとは、相手と時間を共有する目的のサイトらしいから
限られた人間同士の共有も、システムが世界規模であろうとも
SNS(ソーシャルネットワーキングサイトであることには代わりは
ないってこと。

気に入らない相手、迷惑だと思った相手なんて、BL(ブロック)
してしまえば、良い。その点では、シンプル。

いっそのこと、不平不満を誰の眼にも触れないように
書き殴ることも可能。

だけど・・・・。

それでは、チラシの裏書に過ぎない。それで面白いかどうかと
いえば、人それぞれ。

誰かの声を聴きたい、誰かの心の叫びを聞いてみたいと
思ってしまうと、本当の意味で、呟きに徹して、面白みとか
連帯感とか・・・人として、一人間として、寂しくなって
しまうと思う。

いいじゃねえのさ、煙たがれようが、嫌われようが・・・。

てめえの呟きを・・流せば。

たいした価値もねえし、誰も注目なんてしない。

価値も注目も無いからこそ、気楽に呟ける。

無価値こそ、呟きかもしれない。

なーんちゃってね^^

ではでは。

【コニコ動画】【手描き】とあるデュラララ!!EDパロ【禁書目録】

 2010-03-04


どこかの誰かが作ったMAD?を貼り付けている段階で、自己主張とか
個性とか、己自身を放棄している。

そして、自身の考えと、意見などは、安っぽく書けるものでも
ましてや、乱暴に書き殴るものでもあるまい。

思いついたら書くと気取っていても、裏を返せば、思いつかないからと
言い訳をしているだけ。

箱の中の住人に成るのは、数分間だけ。

住人には成りたくはないが、眺めるのは好き。

そう、ただ彼らを眺めているだけ・・・

ふっ。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。