スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今年の反省、そして、来年の抱負

 2008-12-31
他人の書くブログの良いところを見出すのは難しい。
さて、このブログを(褒めるとき)書いている人に対して
どうやって、声をかけようか(第一声の迷い)
どうしたら、その後の話しの展開を進めようかと
何度も考え、試行錯誤を繰り返した年。

だけど、面白い、楽しいブログにめぐり合ったときに

ふと考える。

なんでこんなにテンションが高い?
何故こんなに、ユニークな表現が出来るのか?って

冷静に考えたとき・・・・。


           怖くなる俺がいる。

その表現力の原動力は何?

ストレス?自己顕示欲?世の中に対する不満?
それとも、現実逃避?それ以外のもの?

原動力が何であれ、ネットゲームのブログで個性を
競ったって意味は無い。
元々、面白おかしく書くこと自体、無理がある内容で
あえて、不自然に、執拗に、異常なまでに夢見たいな
ことを書くことに、本人にとって何を意味するのか?って
一度でも、そのブログに対して、考えてしまうと、ある種
の恐怖を感じ取る。

だから、誰かが作って、運営会社が管理する世界で
起こった事、その世界で感じ取ったこと、体験したこと
全ての事を、ただひたすら、淡々と書いているほうが
楽で、無駄なテンション、生きていくうえで、生活する
現実社会の職を得る上で、役にも立たないスキルを
一生懸命に発揮しても、それは単なる自己満足の
世界とは、一線を画す事で、表現力のスキルの無さを
認めることになっても、それはそれで、潔いと俺は思う。
(自己弁護乙)

そして、興味本位で、そのブログを見ていた自分自身の
愚かさを思い知る時。

声をかけてよかっただろうか?相手に迷惑をかけていないだろうか?など
色々なことを考えながら、ゲーム内で色々な人を話が出来た年だった。

そして、色々なことを学んだ年だった。


今年は、それらを教訓として、肝に刻む。


少しばかり、そのブログを読み漁って、分かったつもりになって
調子に乗って、痛い目にあった年。

来年からは、ちっとばかり、考えて書きたい。と基地外が
言っていましたww。

HAHAHA^^

では、皆様、よい年をお過ごしください。

スポンサーサイト
カテゴリ :肝に銘ずること。 トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】地獄少女 春香 アイドルマスター

 2008-12-28



怖い怖いと思えば、怖く見えるし、恐怖心からくる震えや、周辺の
物音に対する「過敏」になるか、何故怖いのか?と突き詰めて
考えると、一刻も早く逃げたいという消極性が生み出したもの。
もし、立ち向かう気になれば、恐怖心なんていう感じることも無く
違った道が開けるんじゃね?って思っても・・・ふっ、さてさて。

地獄少女と言うアニメのことや、原作のことはまったく知らなかっ
ったが、ネットなどでみてみると、人が怖がるもの、目を逸らしが
ちなこと、其の場から逃げだしたいと思う、人として、人間を取り
巻く環境(現代社会の闇)を絶妙に表現しているアニメだと
分かった。

軽く見たけど、物語にハッピーエンドはないってことは判ったw
たまには、こういう「毒」気のあるMADも、いいしょw。ねっ。^^

ブログを書く理由。

 2008-12-27
他の人のブログを見るとき、そのブログが一般的なこと、出来事を
取り上げる内容であれば、ブログに書き綴られる内容は多岐に渡り
同時に、閲覧者からすれば、視点が定まらない内容のブログに映る
が、書き手にとっては、何でもかける利点が生まれる。

ただし、常に内容が変化を遂げるので、閲覧者が見たいと思う内容が
いつ書かれるのか判らない。

当然、それは書き手の気まぐれで、そのブログの内容が常に変化して
いるものなのか?それとも突如趣向が変化し、書かれたのかなど
あらゆる条件が関係するが、読み手が、飽きることは無い。と思う。

しかし、仮に飽きなくても、今までの「そのブログ」に対して、抱いていた
閲覧者のイメージや、閲覧者の好みとのズレが生じた時に、何かが違う
何かが変わってしまったと思われても、書き手は、そうした要求や
不満など、基本的に分かるはずが無い。

書いている人間が同じでも、伝えたいこと、表現したいことが
変化していくことで、自ずと、書き手の意識も変わっていく。
ただし、そうしたことは、閲覧者には理解できず、戸惑っていても
書き手は書きたいことを、残したいことを書くだけ。

だが、そんな簡単な動機、明瞭な理由もまた、誰もが共感できる
わけでもない。
むしろ、ブログの記事に対して、反発や否定することが多いことを
承知の上で書く人間ほど、臆病者で他人からの反発を恐れる。
たとえ、書いている内容が、己自身の「特別、特殊」な意見だと
思っていたとしても、じつはそれは、何の変哲も無い意見に過ぎない
ことすらわからないこともある。

何処から何処までが、まともで、正しく、何処を越えたら、何が欠けたら
特別でご都合主義であると判断されるかなど俺の知ったことではない。

他人の望むブログのスタイル、この人のブログは、今まではこういう
スタイルで、懐かしく訪問したら、毒が抜け、偉く丸くなったものだと
思われても、書き手の意識は、常に書きたいことは変わっていく。

尖がって書いているつもりなどなくても、尖がっていると見られる
場合もあれば、いつの間にか尖がりが消えて、丸くなったとしたら
それば、時の流れによる侵食のなせる業。

それでも、足元を見て書くべきか、それとも、ふらつき、足元すら
おぼつかない状態を、承知の上で、俺は俺!と虚勢を張りながら
書き続ける。

それが俺のブログだからショウガナイ。HAHAHAHAHA!

(某タイツ教祖のマネをしてみた^^;;)

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】アイドルマスター やよいおり ライオン

 2008-12-24


ネタがなくなったときには、MADを張るに限るw。

たとえ、MADを見て、ああ~この曲を聴くと・・・腐○の替え歌が
どこからともなく聞こえてくるとか、オリジナルの歌詞を聴いても
やっぱり・・腐○の歌詞が・・なんて思いながら見てはいけないと
思いつつ・・替え歌を考えた人の「才能」を改めて思う今日この頃w




アイマスのMADといえば、謎の技術で、驚くような演出が多い中
疲れなくていいなーって思いつつ、貼り付けてしまいました。w

ネットゲームの政サークル。

 2008-12-24
大航海時代オンラインゲームのとある鯖のとある場所で
「議会」なるイベントが執り行われたとか。
俺もちょうど、いつものように、ぶらぶらと、あっちをふらつき
こっちをふらつき、NPCとさほど変わらない動きをしながら
周囲を見渡すと、おや?重○のねとらじ元コンビ?の片割れ
を発見!

嫌味の一つでも、贈ってやろうかと思ったが、今回は辞めた。

そして、この人物がいるということは、重○も恐らくいるだろうと
勝手に推測。

そして、何かあるなと思った。

ふと、ゲーム内に設置されている「教会」に目が行く俺。

案の定、教会前にバザーコメを出しているPCがいたので
会議と言うものが、行われることを知る。
いわば、「政治ごっこのイベント」と言った方が判り易いw

教会に入ると、所狭し?とPCが礼儀良く教会内の長椅子に
腰掛けている・・・PCもいれば、地べたに座り込んでいる
PCもいるわけで・・そういう俺も、地べたに坐ることになるwww

さて、この場で一体何が話し合われるのかと思ったら
どこぞかの基地外に対する議案の有効性とか、他のPCにも
それ(議決)が適用されるのか?といった内容確認らしい。

ふん、鯖の外では、派遣切り、リストラの嵐が吹き荒れていると
いうのにさ
なんて・・・なんて・・・虚勢を張って、こんな世界に癒しや現実逃避
を求めるなんて・・・おめでたい奴らだぜ。
なーんてことを、く「危険な言葉」を、SAYで言いそうになった。
いけねえ、いけねえ。

粛々と、議事進行?中に、どこぞの基地が、KY茶々を入れる
気にもなれず、ましてや「ノ」と発言するような「勇気」も無く
結局、その場の空気を読み、知り合いとTELLで雑談して
暇つぶし。

その後、そそくさと其の場を退散したwww。


ああ、そういえば、大航海時代音欄ゲームのN鯖?で
「最近」話題になっている?イスパニアというゲーム内に
存在する国の新代表に選出された重○と、ファンネル2が
顔を出して、タンバリンを叩いただの、シロ茶で、其の場を
白けさせる様な言動をして、KYって言われていたようだが
つくづく思ったね、そんな政治ごっこをして、面白おかしく
遊んでいる連中がいるから、重○が俺にも出来るぞ
俺なりの議会とやらを作ってやるって思ったんだろうってねw

要はさ、国益云々なんて、単なる口実でさ、私は、俺は
ネットゲームの世界で一生懸命になって頑張っていますって
そこらへんのPCにアピールしたいだけじゃねえ?って
俺は感じたけどwww。


因みに、ファンネルの連中は、ファンネルその他多数と
認識されるよりも、個体識別されることが嬉しいらしいよw
あははっははは。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】【MAD】Princess Blood【舞-HiME 奈緒】(少し高画質)

 2008-12-20


人それぞれ、小説の登場人物、アニメの登場人物に対して
いろいろなイメージを持つことで、小説やアニメに対する
受け止め方もまた違う。

ただし、そうしたイメージが、世間一般の常識や良識から
逸脱すると、周囲の人からの目が厳しくなり、理解など
されなくなる。

嵌るのはいいけど、程々にしないと。そう、常識の範囲で
楽しむべき。

なんでもそうだけど、周りが見えなくなってしまったら、アウトさw
そういうもんじゃね?あはっは^^

糸電話

 2008-12-20
ネットゲームにおいて、他人との接触は、話しかけられた相手が
見ず知らずの人間と「話しても」抵抗感を持たない、もっていないか
それとも、訳のわからない基地外の捨て垢だと思うかどうかで
その後の進展は全く違う。

大航海時代オンラインゲームで、適当に話し相手を選び、ブログ
みてまーす等と、馴れ馴れしく言い寄るタイプの俺の場合
話しかけた相手は、「俺のこと」を全く知らないか、若しくは、何から
の風の噂などで人物像が出来ていないほうが、話しやすい。

互いに全く知らないもの同士、共通点も無く、話題性に乏しいことで
会話に要した時間も少なくて済む利点と、縁もゆかりも無い人物
からの接触なんて、そうそう覚えているとは思えないので、俺と
しては好都合なんだが・・・

しかし、世の中は、そう都合よく出来てない。ネットゲームの世界で
PK行為を好むPCとの接触を避ける場合とか、自身にとって何らか
の迷惑行為を避ける場合などを除けば、特定のPC名を覚える
必要性の少ない電脳の世界において、当の本人が意識していなく
ても、自己顕示欲を色濃く反映させるものがあれば、特定のPC名
を見る機会が増えれば、ああ、あいつか・・と覚えられる場合もある。

自己顕示欲・・それは、ブログを書くこと。

他人の書くブログを、読む習慣が身についている人間の中でも
そのブログに書かれた記事を、さらっと読み、他のブログにいくものと
ブログ等のコメント欄に、コメントを残す人間も当然、存在するわけで
コメント欄に、己のキャラ名を書くことは、ある意味、痕跡を残す
意味合いが濃いと思う。

当然、何らかの事情、理由があるからこそ、そのブログにアクセスし
記事を読むと考えるとしたら、匿名で(名無しで)ブログの記事に対し
コメントを残す場合を除けば、固定のキャラ名でコメントを残せば
当然、不特定多数の人間の目に触れて、何度も目にすれば、特定
のキャラ名=常連さんとして、少なからず記憶として残る。

だが、ブログの記事にも登場(言及)している節も存在せず、ましてや
ブログの相互リンクにも登録されていない「特定のキャラ名」が何故
コメントを残しているのか?などと、一々詮索する暇人がいるとも思えず
大抵の場合、記憶にも残らない。

しかしながら、ブログを書いている人間の受け止め方は違って、ゲーム
の世界で、何からの接点があり、ネットゲームの世界で、クエストを
協力してクリアーしたり、艦隊(徒党)を組み、行動を共にしたりする
仲間であれば、特別な理由などいらないはず。

では、それ以外の理由で、コメントを残したり、ゲーム中に、何の
前触れも無く、接触をしようとする人間に対して、どう思う?感じる?
季節はずれの基地外か?、友達0のかわいそうな人間が、寂しくて
声を掛けてきたのか?それとも、そういうことを「趣味」にしている
人がいるのか?

                 んなわけがない。


考えられるだけの理由が存在せず、接点が見出せない人物からの
接触には、不快感を伴う「記憶」が植えつけられる。
そうした不快感の払拭、不信感、警戒感の緩和は、その人物の素性
性格が分かってきて、多少の「理解」出来たとしても、心を許すまで
とはいかないはず。

つまり、こいつは何者で、何を考え、何を見ているのかといった関心を
呼ぶような人間を「理解する」には、そいつと直に話してみて、確認
する以外に方法は無い。

そいつの話している内容の真意や、信憑性の確認は後にすればいい。
重要なのは、聞かれたことに対して、素直に答えているのか?
それとも、その場の雰囲気、会話をいている相手の心理を読みつつ
相手が満足するであろう、期待しているだろうと思うような「答え」を
意図的に、回答しているかどうか。そこだけ。

だから、「どうせ、知らないもの同士」だから、(俺が知らないだけで)
ブログを書いている人ですか?とTELLを送ったときに、相手が
もし、俺のこと、俺がブログを書いていることを知っていたとしたら
・・・。

TELLをかけ、相手とのコンタクトを取った瞬間、聞き手、話し手との
立場は逆転し、聞く側だと思っていたら、相手に質問される側になる
こともある。そうすると、今まで、相手の対して質問していたことが
そっくりそのまま、「あんたの場合」はどうなの?となるw。

そうした経験をするたびに、俺は、己の慢心を思い知る。
相手は知らないだろうから、適当に質問して、ブログのネタにでも
しようと思っていた「腐った心」の存在を、直視することになって
目を逸らし、面白半分で相手にTELLを送る(かけていた)報いを
受けることになる。だけど、それはそれで、いいきっかけ、教訓を
生み、以下に相手に不快な思いをさせていたのか?己の自身が
それを受けることになるわけで・・。当然の報いだろうなとも。

しかしながら、頭の中では、~なりの答えを用意しているつもりでも
いざ、自分の場合に置き換えて考えるということは大変難しい。
常日頃、自分が納得する、都合のいい答えを常時用意など出来る
はずも無く、質問を考えることは容易だが、その質問に対して
模範解答が分からない以上、その時々の心理、感情のまま、
答える以外に何も出来ない。下手な工作、心にも無いその場しのぎ
の回答など、不可能だw

だからこそ、見ず知らずの人間に対して、己の心に巣食う邪な心で
相手に対して、コンタクトを取ろうとすれば、大抵の場合、痛い目に
あうことも、あることを「承知の上で」話しかけなければ、それ相応の
報いを受けるだろうって思う。

ブログを書いている人間だから、他人の書くブログが気になる。
そいつが一体どんな人間なのか?興味を持つことは、同時に
他人もまた、興味を持ち、ブログの存在を知るきっかけがあると
思わねば、ある程度の「緊張感」が保てない理由が、そこに
あると思いたい。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】邂逅 【あなたが…いない】

 2008-12-17


そういえば、昔、偉い漫画家さんが、漫画に出てくるキャラクターには
それぞれ「役割」があるからこそ、話の途中で、消えてしまうと
その後の「話」を作るときに、苦労するから、大事にするって
聞いた記憶ある(曖昧)。

キャラが活き活きとして、漫画、アニメの世界で生き続けることが
出来るのは、作者の思い入れとか、あるんだろうけど
やっぱり、そのキャラの役割もまた存在するんだろうって
思うね。いい年したおっさんの俺が言うのは、「きもい」けど。;;;


カテゴリ :たまには一休み。 トラックバック(-) コメント(-)

基地外の妄想。

 2008-12-17

俺は、ちょっと前まで、大航海時代オンラインゲーム関連の
ブログに多く見られるSSを貼り付けては、空間を埋めるだけ
の行為に対して、あまりよい印象を持っていなかった。

俺の使っている低スペック、低速回線のインターネットで見る
それらのブログは、表示が遅く、その都度、イライラさせられて
いたから。

だけど、俺の書いているブログには、SSという張物は存在せず
ただの文章の羅列だけでは、「華やかさ」がなくて、殺風景だ。
その殺風景さが、書き手の心の中だとすれば、なおさら空しい。

そうした空しさの裏返しが、自分自身では表現できないSSの
華やかさに対する嫉妬心だけで、そうしたブログを見ていたと
したら俺は、色メガネで他人のブログを見ていたことになる。

それは、恥ずべきこと。

当然、そうした嫉妬心を、何の根拠も無い「闘争心」に変えるには
何が必要か?
他人に笑われようが、蔑まれようが、一つの確信を持たないと
長続きなどしない。

ネットゲームの世界で、「数人」程度の知り合いがいる程度で、これと
いった団体行動や、協調プレイとは、無縁の「無料厨」である俺の
場合、他人との思い出話とか、ゲーム内のイベント、ゲームを楽しむ
際に遭遇したこと、出来事などとも無縁で、あるとすれば、他人との
接触の際におきたトラブルを適当に茶化すくらい。

だから、そういう「ただ漂っているだけの塵」同然のゲームライフを
送っている塵が、他人のブログを見て、「ときめき」を感じることは
ほとんど無い。もし、ときめきを感じたと、ほざいたのであれば
それは、「嘘」以外に無い。

そんな嘘つき人間が、他人様の楽しい思い出、楽しかったひと時等
をブログで見たときに感じることといえば、「何故、もっと楽しまないのか?」
と、「何故、もっと、今いる時間を大事にしないのか?」と思う程度だ。

それにしても、勿体ないことをする人間もいる。折角詰まった楽しい
ひと時を詰め込んだ(表現した)ブログを、なんの躊躇いも無く
閉めたり、その記事を書くのにどのくらいの時間と、SSを撮影するときに
苦労したのか?考えもせずに、消す人間が多いことに驚かされる。

他人に見られて、恥ずかしく思ったり、後々になって、何らかの支障を
きたすような気持ちなるような「記事」を書いて、後悔するのであれば
ブログなんて「軽い気持ちで」書かなくちゃ良かっただろうにと屑の俺が
ほざくのは、もっと恥ずべきこと。
しかし、俺が、他人ことをとやかく言える立場じゃない。

ブログって、てめえの汚いものを、他人に見せて、笑われて、蔑まされて
馬鹿にされようが、あいつは、言っていることと、やっていることが
違う。偽善者だと言われ様が、てめえの汚れた世界を見せるだけの
覚悟が必要なんじゃねえかって、思うことがある。
そんな覚悟が、なんの役に立つんだ?と逆切れされても俺は知らない。

ただ、俺の場合、楽しい思い出話とか、仲間とのふれあいなどとは
無縁のユーザでも、「記事」が書けるのは、俺の心の奥底にある
ヘドロみたいな腐っちまった心を燃料にしているから。と、俺が
勝手に、こじつけているだけ。要は、根拠のない妄想話に過ぎない。

残念ながら、折角楽しい時間を過ごしているのに、記事にするネタが
ありません。欠伸が出てショウガナイといっているのは、合点が
いかない。
あるだろう?ネタなんて。選り好みしているから、自分を品行方正で
平凡なユーザーですからと、他人の評価が気になっているから
てめえの本心を書いた結果が怖いから、書けないのさ。
毎日が平凡だからじゃない、ものは考えようだwwwwww
と、そんなことは、屑が人様にいえる「立場」を理解していないから
いえる事でもあるんだけどね。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】アイドルマスター 赤と黒 【iM@S×ALI PROJECT】

 2008-12-16


MADっていう創作物?に賞味期限があるだろうか?と
俺は、時々考える。
公開された場所(サイトにおいて)で、何らかの事情で
削除されてしまえば、後の人には、そこにMADが
あったことすら知られずに・・・

だが、もし、そうしたMADを数時間後、数日後、数週間
後に閲覧して、おお~すげて~って思えるような作品
には「賞味期限」なんて存在しない。俺はそう思う。



当たり前じゃないか、その作品の元が素晴らしいからこそ
二次、三次利用しても、全く色あせず、他人が(何らかの
意図を持って)使ってみようと思ってしまうほど、素晴らしい
から。

だから・・・そうした元になった作品や、楽曲に対しては
敬意を持って、使うべきだろって・・でもね。
著作権とか、肖像権とか、無視していいって話とは別。

ネットゲームの役職の効力・・・・。

 2008-12-16
他人に、役職をつけても、肩書きに対して執着心とか
肩書きがあることで、威張り腐る人間がいたり
逆に、そうしたことが、更なるやる気にさせて
頑張らせる効果が期待できる半面

肩書きに対して、そんなもんいらんとか
肩書きなんて俺には無意味だと思う人間もいるかも
しれない。

現実社会でも、肩書きがあることで、箔が付く反面
逆に、責任も重くなる。そうした責任に(与えられた
仕事)対して、真っ当にこなせるか、それとも、放棄し
組織の束縛を嫌い、好き勝手に動く人間には、ネッ
トゲームの世界であっても、信頼などされない。


ネットゲームなんぞ、所詮は金を出して、お遊びをする
場所。そうした場所であっても、役職って奴を、軽く見て
俺はフリーダム。くものように自由に生きるんだ!って
思う人間であったとしても、議長って(ネットゲームの世界で)
いう・・・役に付いた人間が、あんたにはこれを任せるから
頼むよって(言ったかどうかは知らんけどw)任命?された
からには、その人物に対して、「期待」があるからこそ、指名
したのだろうって思うが・・・其処から先のことは、指名された
ユーザーの「意識」次第、いや自由意志に任される。

んだろうって思う。

まあ、所詮は、ネットゲームの世界で、何かに夢中になった
ってことは、夢中なれる何かに出会ったからこそ
時間を忘れ、世知辛い世間との隔離に喜びや精神的な癒し
とか、限られた時間内で、楽しさを満喫する人間もいる。

だけど、それは、ある程度の個人の時間を満喫するつもりで
その世界に来たとしても、気が付いたら、一つの集団の中に
いたとしたら・・・その集団の中で、何らかの働きを求められ
その求めに応じ、自分の出来ることをする。

一見、それって素晴らしいことのように思うけど、そんなに
電脳世界で、一生懸命に働いて、帰るべき場所でも、その
テンション、その気力がしっかりと、保持され、人間らしい
生活が出来るのか?と俺は、他人事ながら、心配になる・
というよりも、自分自身、一生懸命にやらずに、他人に押し
つけたほうが・・・楽だが・・・www

では、癒しを求めてきたのか?それとも現実社会では成しえ
なかったことも、電脳世界では、出来ること(出来たから)
ユーザーの存在意義をネットゲームの世界で求めるのか?

うーん、俺に、よく分からない。

折角、現実世界での疲れとか、ストレス発散の為にログイン
したのに今度は、電脳世界でも、あくせく働き、ネットゲームの
世界でも・・・心身ともに疲れ果てる。それって、何の意味がある?
笑えネーよ。いまの現実と変わらない環境だなんてwwww

であってとしても、まーーーーー俺は全く関係の無い野次馬
だから、好き勝手に言えるだけどねw

がんばれや、~国の重○議長に選ばれたユーザー諸君www。

重○というキャラクターの中の人の「信頼」が高いからこそ
なんとかっていう役職を、任されたんだろうから・・・。
いずれにせよ、信頼、友情を優先させるか、それとも、俺には
無理!勘弁してくださいって辞退し、フリーダムに生きる道を
選びかは、ユーザーの自由。

でも・・・なんでもない。忘れてくれw

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

侍道3「武器と技」

 2008-12-14
己の目となり、己の動かしたい方向、戦うときの動作も
また、侍道3では、NPCの癖、性別、職業、年齢等に
よって、違いが見える。

ゲーム開始当初は、操作できるキャラの種類も少なく
パーツの組み合わせもまた、数が少ない。
少ないからこそ、もっと個性的で、もっと楽しみたいと
思っては、EDのフラグなど気にも留めず、走り抜けて
いく。いまとなっては、侍道流の楽しみ方なのだと
理解するにいたる。

農村にいる主要人物の発する言葉に「カチン」ときては
「お前ら(桜井家)なんぞ助けぬわ。ばか者め!!」と
思ったり、「侍が嫌といいながら、その上から目線は
なんぞや?」などと、感情移入が皆無な俺w。

そして、結局、EDは・・・~と共になっていまうw

まあ、それはともかく、ながく?やっていると、あることに
気が付く。

それは、刃物と技。状況に関らず、己のみを守るのは
ゲーム内で装備できる武器であり、技の組み合わせ。

俺はてっきり、覚えた技は、同じ構えの武器であれば
共通して使えるものだと思った・・・だが・・・

ゲームの設定は、そんなに甘くは無かったw

斬っては、刃こぼれし、次第に刀の耐久が減り、終いには
刀が折れているのに、無我夢中になって、単なる「棒」で
敵と戦っている(いや、殴っているというべきかw)ことに
気が付く俺ww

その都度、武器を投げ捨て、敵の落とした刀を使う始末w
そんなことをしていると、無駄なことを繰り返していたことに
後になって気が付く。
このゲームには、耐久性を高めたりと、諸々のアイテムや
刀鍛冶キャラに依頼して、トンチンカンチンと、えらく武器に
対する「メンテナンス」への配慮が細かいことに、関心やら
どうしてそこまでするの?と常々引っかかるものを感じていた。

何故?・・・・もしかして、固有の武器には、固有の構えがあり
当然、構えには「技」があるから・・はっ!!!!!!

もしや・・斬って、捨てて・・では・・何時まで経っても・・・
キャラは強くならないし、技も覚えられないってことなのか!!
あああああああああああ><

やってもうた~><  ついつい100人斬りや、突入時の
切りあいの雰囲気が好きで、ついつい、どれも似たような
武器だから、かまわないだろうって思っていた俺・・・。

そっか~技を覚えたくば、強くなれではなく、己の身を守る
刀や槍等を大事に扱えってことなんだなって、今のなって
思い知らされている俺がいるww。

【ニコニコ動画】【MAD】PSI-missing【灼眼のシャナ】

 2008-12-12


いいMAD、落としても良いかなって思うMADの基準は
人それぞれ違う。
当然、ジャンルも違う。だから、すんなり頭の中に入って
すんなりと忘れる。それでいいのかもしれない。

基地外がベルを鳴らすとき。

 2008-12-12
純粋に「大航海時代オンラインゲーム」のことを
書き綴っていない俺みたいなブログの場合には
思いついたことを何でも書き殴ればブログの記事
として「成立」するんだよって、俺理論を振り回し
ているだけで、内容的には空気である。

だから、大航海時代オンラインゲームのことを
純粋に、ただひたすら、ひたむきに書いている人の
ブログは眩しく見える。いや、神々しく見えるし
俺にはそれが、羨ましい。

たとえ、課金していた期間、熱中してログインして
いた時間が短くても、純粋に楽しめた時間を
書き綴った内容には、その人の思い出や、様々な
思いが込められているのであり、妄想日記なんて
足元にも及ばない。

さて、俺は、常日頃、大航海時代オンラインゲームの
四つの鯖を適当に歩き、ランダム(ブログ書き対象)に
話しかけている。

コンタクトを取ったとしても、互いに面識が無いことも
あって簡単な挨拶程度で、短い時間で、話は終わる。
しかし、ネットゲームのブログを書いている人と単純に
言っても、様々な人が、ブログを書いていることを教え
られる日々である。

そうした日々を過ごしていると、このブログを書いている
人(キャラクター)にコンタクトを取るとき、何を話そうかな?
何を聞こうかな(尋ねようか)って、相手の反応や、相手の
今おかれている状況、今現在していることを想定して
短めに終われるような会話内容を考える臆病者の俺が
其処にいる。

(課金ユーザーの時間的な妨げだけは
絶対にしないようにとは思っている)


普通、ブログを書いている方ですか?と、見知らぬ人間
からゲーム中に、tellが着たら、どういう反応をする?
どういう返答をする?大半の人は、ブログを書いていますと
返答をくれるんだが、中には、書いていますが、なにか
文句でもあるのですか?と、クレマーか、単なる悪戯tellと
勘違いしてくるケースもあるわけで・・(ごめんなさい)

でもね、俺が一番驚くのは、ブログを書いていて、ゲーム中に
そうした「tell」がくるとは思わなかったとか、自分のブログを
読んでいる人がいることに驚くひとがいること。

(俺の場合ランキングに登録している人を、チェックして、コン
タクトを取る)

まあ、わざわざ、「ブログを書いている方ですか?」などと
ゲーム中にtellを送ってくる迷惑な野郎も、ここにいるわけだし。
ブログランキングの10位以内にいようが、200位内にいようが
俺にとって、ランキングは関係ない。
重要なのは、同じゲーム中に、素晴らしい個性のあるブログが存在し
その書いている人間が、何処の鯖にいて、同じ時間帯にいるかどうか
それだけのことなのよww。

だから、ブログを書いている以上、何処の誰が読んでいるか分からない
にせよ、常に、読み手と訪問者の存在を忘れないで欲しいってことだね

www。

会話なんて、短めにしたほうが良いに決まっている。こちらは、興味本位で
tellを送っているだけだし、相手側も、迷惑この上ないと思っているだろうし
こんにちは、さよならで済ませたほうが、無難だから。




カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

寒中走行

 2008-12-10
流石に、気温が下がるにつれて、バイク海苔をみる
機会も減るなw

メットは買ったけど、ブーツは無いし・・グローブもまただしw

やっぱ、免許は来年かなwww

あははっは^^ 

侍道3「それぞれの生きる道」

 2008-12-07

侍道3をプレイしていると、累積ポイント?が、一定数値貯まると
ゲーム中に装備できるアクセサリーや、特典?機能が追加される。

アクセサリーといっても、特別な「機能」が付いているわけでもなく
ただ、装備しているだけで、キャラクターの外見が変わり、案外
面白い。

いわゆるやりこみ要素というやつらしく、難易度も、易しいレベルから
更に、難易度が追加されていき、負傷した際の色の変更等もできる
らしい。

さて、オフゲームには、最初と終わりがあって、最後の結末にいく
条件とやらもあるらしいが、「さて、どうしましょうか?」と考えて
動くときには、おおかた、こうなるだろうなと、推測しながら動く。
この推測が、逆に、ゲームのする際には、面白みとか、熱中度を
下げてしまうw。

逆に、何もせず、だらだら生きてところで、「道」であるかぎり
分岐点を楽しむことが、このゲームの売りなのかなと思ったり。

まあ、ゲームの最初に聞こえてくるナレーションの一部を、ネット
ゲームの「イベント」に置き換えてみると、地獄とは、際限なき
ループ・・って聞こえ、安息って奴を、課金停止、若しくは・・
なんて、考えてしまうのは、俺の頭がおかしいからかも
しれんな。w

ふふうふ。
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

【ニコニコ動画】スーパーアイドルマスターOG ORIGINAL GENERATIONS

 2008-12-05


MADなんて、何も考えずに、流れていく映像、BGMを
ボーとしてみることが、一番楽でいいことに最近になって
分かってきた。

頭の中では分かっているつもりでも、これがいいとか
これはちょっと・・などと、人の作ったものに基準を
当て嵌めていたら、気が無いw。

だけど・・。

なぞの人物。

 2008-12-05
大航海時代オンラインゲームのノトス鯖のイスパニアという
国で、議長選とやらがあったらしく、とある人物が当選した。

その、とある人物は、当初、「泡沫候補」などと言われていたが
ふたを開けてみれば、大差をつけて当選したらしい・・・。

あの世界の住人は、面白いことと、ゲーム内において利すること
に関しては、強情で強欲。
たとえ、ゲーム仕様上(設定)とはいえ、所詮は遊びに過ぎない
ことでも、遊びを遊びとして理解せず、ただ欲望に従って動く。

だから、ネットゲームの世界の中で、「主導権争い」が起こる度に
汚い金が飛び交い、PKとかPKK、封鎖行為、投資爆撃などと
欲望をむき出しにした行為に走る。

しかし、そうした「主導権争い」に関して、無関心なプレイヤーも
いるのだから、平和と戦争が隣り合わせの、非常にユニークな
大航海時代オンラインゲームだが、あるいみ静かであり、物騒
なネットゲームだと思う。

普通のプレイヤーであれば、世知辛い世の中を忘れて、マネキン
の目を通して見えてくる大海原を、自らの意思で航海する事に
ある種の、癒しとか、現実逃避をして、現実の世界に戻って
戦っているw。

それなのに・・・大抵の人間は、目立たぬように、静かに生きる
ことを望むだろうに、わざわざ、他人の目に晒され、己の存在を
アピールするかのように、目立つ行動をとる人間もいる。
それが「新議長」となった重○という人物。

ゲーム内(ノトス鯖)で、ふぁんねるという集団を見たとき
どこの業者だろうかと思った。業者のようにファンネル○と
名乗って(キャラ育成)をしているものだと思っていたが
どうやら、違うようだと理解するまでは、時間を要した。

ある程度の時間を必要としたが、興味本位でtellを入れては
「ファンネルって何?」とたずねたことがある。
そうすると、大抵の場合、ネタ集団だの、気まぐれに集まった
集団といったニュアンスの返答を得ることが多かった。

まあ、なぞの集団が形成された理由など「第三者」からすれば
どーでもいいことだし、彼らにしても、集まった理由よりも
ファンネル○は誰で、何をして楽しもうかと考えているのだろうと
俺なりに勝手に考えていた。


だけど、てめーらのボス(重○)が、ネットゲームのノトス鯖で
議長となったからには、彼が(これから)行動に起こすことに
関して、俺たちは無関係だなんていう言い訳は、これからは
通用しない。

今になってもよく分からないのは、重○も、ファンネル一味
(グループ)の一員であり、幹部のはずなのに、ファンネル○
で立候補せず、わざわざ重○キャラで立候補したこと。

本当に当選する色気が無ければ(勝算)ファンネル○で
立候補して、落選したとしても「ネタ」として利用したと
思うが、誰かに焚きつけられて(アドバイスを受けて)
立候補し、当選したとすれば・・・かなりの曲者。

そうではなく、偶然が偶然を呼び、当選したのかw
いやいや、それは、にわかには信じられないこと。

ただ、智慮魍魎が跋扈する世界において、自ら
人の目に晒されるような行動をとる場合、いいこと
ばかりではないだろうし、それ相応の重圧なり
待遇の変化もあると思われる。

今まで、まったくノーマークだった人物に対して
あの世界の住人がどのように評価し、判断するかで
ゲーム内の雰囲気も変わっていくだろうし、新議長
さんの手腕も問われるだろうな。たぶんwwww。


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

侍道3 ~フラグ~(分岐点)~

 2008-12-03
最近の三国無双シリーズの「爽快感」と「単純操作」に
慣れ親しんだ俺には、今回購入し、侍道~シリーズは
新鮮に感じる反面、~道というタイトルには聊か
敷居の高さを感じる日々。

さて、無双シリーズのゲーム開始は、「戦場」であり
街中であっても、敵NPCは、PCの存在を確認すると
襲い掛かってきて、すぐさま戦闘が起きるのだが・・

侍道は違う。 何が違うかといえば、常に抜刀し
緊張感を要するゲームではないようで、戦闘に入る
瞬間がいつなのか?己が抜刀するのか、相手が
襲い掛かってくるのか?つまり、仕掛けた方は
誰なのか?それによって、戦闘が発生し、勝敗の
結果(バトルの敗北は、ゲームオーバーだが)
以前に、選択した行動により、どのように今後に
影響を与えるのか?ただ、ゲーム内の時間が
過ぎていくことは、無駄であることをやっと理解した
俺がいる。

そして、ところかまわず、闇雲に、武器を振り回して
いれば良いという「単純」なゲームでないことは
数時間ゲームをして、嫌と言うほど、思い知った俺。

よく、フラグが立った! フラグが折れた?と言う
言葉を目にするが、小さな予兆(予感?)が起こる度に
ゲームのEDが変わっていく様は・・○○ゲーを
連想してしまう俺は・・オカシイノカモシレナイ。


だから、何も考えず、思いつつまま、欲望のまま
行動をとってしまうと・・バッドEDになってしまうかも
しれないし・・かといって、「善人侍」を演じたつもり
でも・・・予期せぬEDになったりと、その連続。

したがって、この場面でゲームの主要人物を
亡き者にして、さて最後はどうなることやらとか
いろんなことを考えさせられる・・このゲーム。

購入当初、ゲームの「道」とやらの意味が理解できず
どんなEDを迎えようが、結局のところ、戦っただけジャン
斬り合いをした末に、また同じEDじゃねえか!!
って思ったこともあったが・・主要人物との会話選択の際
この前は、この選択をしたけど・・今度は・・こうしてみよう
と慎重に考える「余裕」が出てきたことで、いろいろな
EDがあることを知った俺。

剣豪、新撰組っていうゲームもやった記憶があるが・・・
こうした多岐にわたる「結末」や「パロデイ」の豊富さには
圧倒されている始末ww。

ただ、抜刀して、NPCと斬りあいをして、修羅の道を行くのが
侍ではないことを、このゲームでは、教えてくれる。

しかしながら、結局のところ、侍って何だ?と尋ねられても
明確な答えなど思いつかず、いろいろな生き方(最後)が
あるものだと返答しか出来ない。

農民、町人、権力者、~残党、などのゲーム内のどの
勢力に組するもよし、外部の勢力の為に動くのも良しと
いった具合に、フリーダムに生きられると思っても、実際は
・・・・さてさて。

結局、何がよくて、無いが悪いのかという基準が無いように
見えて、意外と、シビアなゲームだなって俺なりに感じた。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。