スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

血の気の多いラブレター(人と人との鎹。)

 2007-10-31

こんにちは、虚乳です。
今日はチラ裏率98%です。サーセンwww


昨日インすると、水色の文字で「コソコソ」と発言するクルクルぽんが!!!

ちょwwwおまwww
出てくって決めたらインとかなにそれwww


最近PartyPartyを読み始めた方へ説明
くるくるポンとは――
・ほほえみデブ商会メンバーであり、もちろん廃
・プレイ時間のわりに成長っぷりが凄まじい
・がっつり遊んでがっつり休む

まぁ、本人のブログ読んでちょ。


どうや...
血の気の多いラブレター



心の叫びというべきか、ある種の「本音」というべきか?
俺は、この記事を見たとき、書き手は、すっきりしただろうな
と思った。

ブログで私信と言われようが、己の思ったことを書くこと
コレはすなわち、自分の気持ちを相手に伝えることは
ある程度の勇気と、相手との「信頼関係」があってこそ
出来ること。
勇気も無く信頼関係も無い者同士で、これだけのことを
書き合えば・・・不毛な争いの元になりかねない。

だけど・・・そうならないのは、仲間同士の信頼関係が
形成されているから・・なんて思ったり、感じたり。
(正直・・羨ましいなと思ったのは内緒)

仲間同士、喧嘩をしても、いずれ仲直りして、ゲームの世界で
はたまた現実の世界で面会し、互いの時間を共有し楽しむ。
真にすばらしいこと、それには、まず互いに素直になること。
コレは大事なことだね。

俺みたいに、あっちこっちの鯖を徘徊している根無し草
には眩しく映る「○○商会員」っていうネームも、あくまでも
表面的なもので、大航海オンラインゲームの商会制度も
そのゲームに集ったユーザー同士の集まりで互いの環境
性別、職業、年齢とか、価値観の違い、接続時間の違い
それら、諸々の事情を中、ユーザーは限られた自由な時間
を楽しむ。

当然、出会いもあれば別れもあるわけで・・・商会の消滅
商館の没収もあり・・・ゲーム内のクエストをこなすだけが
ネットゲームの一つの生き方、商会の人間関係に悩み
その世界を去る決断をするのも、個人の自由。誰にも
とめることは出来ない。

それなら・・・ゲームに引き止める要素は何?っ質問されて
誰しも納得できる答えを導き出せる人間がどの位いるのか
俺にはわからないし、関心もない。ふっ。

スポンサーサイト

アイドルマスターMAD・ニコマスコンバット6

 2007-10-30
最近流行のMADなんて知らない。
でも、一頃の勢いが異常だったのかも・・

だけど、アイマスMADのレベルは
相変わらず高い。
MADを作った人間のレベルが
プロ、セミプロ、アマチュアの
いずれかであっても、何度見ても
そのレベルの高さには・・驚愕と尊敬の念で
MADを見てしまう俺。






自らを、縛り付けるものは何?

 2007-10-29

今日こそは、短めに書いてみせる(書きたい)

ネットラジオは、見方を変えれば、単なる雑談の電波
であってり、独り言の電波であったりと、いろんな意味で
垂れ流しでもあるわけで。

その電波を聴こうが聴くまいが、リスナーと呼ばれる人々の
判断の自由、趣向の自由でもあるわけで、主に誰に聞いて
欲しいのか?そんなものは、放送する人間の流す内容に
よってまた違ってくるし。

当然、特定のキーワードに反応して、見ず知らずの番組を
録音する場合もあるし、必ずしも、リスナー数が生放送で
聞いているとは限らない。でも、聴いてもらっていること
(録音)には変わりない。

だから、誰にも気づかれないように放送しようとする割には
誰かに気づいて欲しいがために、ついつい特定のキーワードを
混ぜておくってことは、なんだろうって思うこともある。
例えそれが、ねとらじ@DOLの番組表に掲載されていない非公開
番組だとしても、誰かが聞いているかもしれない。

コレといった束縛も、負い目など無いのであれば、つまりは
自由ってことになる。案外そうしたことに気づいていない番組が
あることに驚く。主体的なものがなくなると、どうしても普通の
雑談になりがちだけど・・別にいいんじゃね?参加する人間が
気楽に楽しく話せれば。なんて思う俺。


ああ・・やっぱり長くなってしまった・・・orz

現実と電脳ワールド。

 2007-10-28

大航海時代オンラインゲームの現役ユーザー(課金)
もしくは、元ユーザーが書いているであろうブログを
見るときに、その人がファンタジーの世界にいるか
それとも、ファンタジーの世界にいるかのように
演出しているかどうか、見てしまう厭らしい俺。

たとえ、更新が不定期であっても、その世界に
誘うような書き方を出来る人はそうはいない。
(ゲームの内容に対して、露骨な表現を避け)
そうなると、俺のブログは、完全にそうしたファンタジー
の世界からは無縁。持論という俺理論を振りかざして
いるだけで、結局一般論からかけ離れた極論に
過ぎないからねw。

おれ自身、いいなーって思うブログは、書き手の
ゲーム内における活動なんて興味など無く
一時だけでもいい、その世界に浸れるだけの
魔力を持っているブログなんだけどねwww。

だけど、それは裏を返せば「虚構」の世界を
演出しているだけかもしれない。
たのしいなーって思えるブログは、減りつつある。


ブラックホークダウン・MAD

 2007-10-27
ゲームの無双を大昔の戦闘の再現であるとすれば
現代社会の戦闘とは、圧倒的な火器の使用が前提
となる。
だから・・・紛争地域での「紛争の元」を知ろうとすれば
するほど大国のエゴが見え隠れ。

そして・・・人間の欲望のために・・・兵士は傷つ倒れていく。
戦争映画は、回顧録であり、ゲームは・・・・疑似体験か。






ねとらじのおける城持ちになるには~

 2007-10-25
ねとらじ(ネットラジオ)を始めるには、必要となるフリーソフト類の
インストールをはじめ、設定等すれば、誰でも出来る気軽さが
ねとらじの良いところあり、逆にそれが、人に語りかける難しさを
思い知るきっかけにもなる。

これといった、お題もつけず、ひたすら話す(独り言w)だけなら
30分は持つだろうけど、60分間持つかどうかは・・?
また、ネットの環境(回線、使用するPC、サウンドボードなど)に
よっても、リスナーに伝わる情報と、伝える側(MC)との感覚の
違いもあって、一人で淡々と話すのは心細いと思って・・・・
それならば、相方を募集し(誘って)雑談形式にしようとすると・・
今度は、互いの呼吸、個人的な予定や都合・・・相性など・・

放送する以前の問題が噴出しはじめる。いわゆる大人の事情って
奴かw

伝える楽しさ、聴く楽しさがあるからこそ、ねとらじが存在する
理由とも思えるので、作り手が苦痛を伴い始めたら、休止なりして
区切りをつけることもまた、必要。

都合が付き、放送する気が起きたら、放送すれば良いだけで
誰に気兼ねなく放送出来れば、・・・・その番組は輝き始める。
最初から、誰かに頼って放送しても、気を使ってばかりで
何をしたかったのか?判らなかったでは・・あまりにも悲しすぎる。

結論から言えば、自分の作りたいものを作ればいい。
仮に、誰かに頼って放送しても・・袂を分かつ日は来る。
ここに俺がいるんだ(自分の放送)と言うためには
基本は「一人語りのMC」ってことになるかなと俺は思う。
せっかく、放送の技術や経験があっても、結局何も
残らなかったでは、何のために放送してきたか?
わかんないじゃん。


真・三国無双MAD 「英雄」

 2007-10-23

どけ~邪魔だ~(山田~)ww

さあ、ばっさばっさとなぎ倒せ、一騎当千を欲しいままに

お前こそ!!!! 真・三国無双だ!!!!!!!

なんちゃってね。

イベント考察。

 2007-10-22
大航海時代オンラインの鯖内で行われる(企画運営)
ユーザーイベントの情報は何処で得られるのか?
そんな素朴な疑問、全く意識などしていなかったw

1、ゲーム内で有名人(いろんな意味で)のブログ?

2、ネットラジオの告知?

3、公式HPのユーザー掲示板?

確実なのは、公式HPの告知で、次にブログ、その次に・・・ねとらじ
だと思う。

但し、企画運営するユーザーの最高責任者?がどのくらいまじめに
取り組んでいるかによって、イベントの参加人数に影響を及ぼす。
ちゃらんぽらんな人間では無理で、大規模になるほど、統率力や
行動力、根回し及びイベントに必要となる「消費アイテム」などの
用意出来るだけの機動力、そして・・イベントの趣旨などを徹底させ
られる運営力など、現実の社会で要求される能力が、電脳の世界
でも要求される。

無論、アイテム類を生産したり、購入するためには、高レベルスキル
運営費、イベントに協力してくれる「協力者」の存在もまた要求され
そのゲームの主催者の「人脈」もまた・・問われるってことにも。

参加する人間は、運営側の用意した椅子に座っていればいいのだが
・・・人の楽しませるためには己たちは、黒子に徹しなければいけない。
参加することと、イベントを企画し運営するとでは、その流れに対する
考え方が異なる。やっぱり、人を楽しませるって事は、そのイベントに
対して、どのくらい「趣旨」や、何のためにこのイベントをするのか?
理解していないと、駄目ってことなのかもしれない。

限られた人数で楽しむ場合と異なり、不特定多数のユーザーが
参加する場合では、参加ユーザーは、どういうイベントなのか
「開催規模」「開催回数」「イベント告知」などの事前の情報を
理解しているかによっても、進行状況が変わる。

参加するユーザーは、態々その時間を割いて参加していることを
考慮すれば、運営側が参加者を「ぞんざい」に扱うことなんて
許されるはずもなく、反発を買うだろうし・・
クイズ形式のとある「~クイズ番組」も敗者復活戦などを考えて
「意外性」を取り入れているあたり、流石だと思う。
負けたら、はい、さよならでは・・・あまりにも、無慈悲。
結局、皆の支持を受け、次回も参加しようと思わせるには・・

そのイベントの楽しさを伝えること。そのためには・・遺恨を残したり
疑惑、嫉妬などの抱かせないことが大事。なのかなと思ったりwwww。


レーザービームMSD

 2007-10-21
めったに野球中継なんて見ないけど・・・面白かったのでつい。
(巨人ファンの方御免なさい(^^;)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・元ネタMAD・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保守と革新が生まれるとき。

 2007-10-21
もし、ねとらじ@DOLの定義とやらが存在するのであれば
それは大航海オンラインゲームに関連、特化した話題を
提供するネットラジオと言えなくも無いが、捉え方は人
それぞれ違う。いろいろな定義が存在すると思う。

世の中、一つの枠で満足できるものと、その枠にはまらず
自由に好きに楽しみたいと思う人間も出てくる。
ねとらじ@DOLの番組表に掲載されていなくても、DOL
ユーザーが流すネットラジオも、広い意味で、ねとらじ~で
あって欲しいと思う。

さて、ねとらじ@DOLのラジオの話題から、世俗的話題を排除し
話をつめていくと、そこには単なるゲーム内で通用する専門用語
だけが飛び交う世界が出来上がる。
その世界のことを知らない、関心を持たない、その世界とは
縁など無い(薄い)人間には、いささか窮屈な世界であり
異質なものに映り始める。
しかし、その世界に常駐している者、喜びや癒しを求めるものには
さぞかし、居心地の良い場所であることに変わりなく、@DOLで
ある以上、話題の中心は「DOL」であり、「DOL」以外の話題を
流すねとらじは、「普通のラジオ」に見えてくる。のだが・・・

普通のラジオを流すことは、ネットゲームにおける虚像の崩壊を
意味し、見方を変えれば、その虚像と実像との差こそ、親しみやすい
ラジオに変化する切欠と考えられないわけでもない・・w

ねとらじ@DOLと一言で言えば、大航海時代オンラインゲーム
の話題を中心とした「ネットラジオ」と思われがちで、番組の
趣旨がはっきりせず、ふらふらしがちで、その番組の内容もまた
未確定。

そういう番組の多くに共通すること、それは・・・・参加する人間が
不特定で、固定化されず(出来ずに)流したい話したい内容が一致
していない。そして、窮した末に現実社会の話でその場を凌ごうと
する。でも、ネットゲームにおける「虚像」と現実の姿を、互いに
知ってしまったとき・・・無理やり虚像の世界の話題をラジオで話す
よりも、現実の姿で、あけっぴろげで話をしたほうが、自然に聞こえる。
俺はそうした流れで作られていくラジオの方が・・気楽に聴くことが出来る。
(あくまでも、私見に過ぎないけど)

だが、固定的観念に縛られてしまうと、話は違ってくる。参加する人数が
増えるごとに、趣旨が猫の目のように、ころころ変わり、結局落ち着くところは
ネットゲームの専門用語が、飛び交う番組。
限りなく保守的に偏り、いつしか、その世界のことしか取り上げてはいけない
雰囲気に変わってしまうこともある。
人それぞれ、好みも違うし、スタイルと違う。まあ、そういうことだ。

集う人間の多くが、大航海時代オンラインゲームの世界において
目立つ言動等をしてきた者ほど、本人が意識する以上にしがらみ
を背負っている。そうした「人気者」が集ってくると、いつしか綻びが
起こり、番組内で亀裂が生まれかねない。
しかし、ラジオの目的、共通の話題、互いの共通の接点。同じネット
ゲームのユーザである以上。その「腐れ縁」は有効利用すべきだろう。

たとえ~学園などと設定しようが
結局のところ、船頭は一人の方がいい。
何人も要らないし、他のものは雑談に耽っていればいい・・・


単なる基地害の妄想に過ぎないだろうから・・・
まあ、そんなことはどうでも良い。ww

保守と革新が生まれるとき。 の続きを読む

ニコニコ動画シリーズ 大河ドラマ天元突破グレンラガンMAD

 2007-10-21
数年前に、NHKの大河ドラマとして放送された「新撰組!」の
OP曲をMADに使用した アニメ天元突破グレンラガン

何度見ても、肝心の話(天元突破グレンラガン?)が判らず
おっさんの古い頭では話についていけない・・・嘆くばかりww

まあ、熱いアニメだってことはわかった(と言い訳ぎみ)





(ちなみにオリジナル)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




三国無双5のPVを見て。

 2007-10-20
俺は、㈱光栄のPS3の三国志無双5のPVを見る度に、溜息をつく。

どうしてPS2で出さないんだろうって・・

態々PS3のハードを買う義理も無く、カラフルな触覚から、真っ黒な
触覚になってしまった呂布の変わりようにも、衝撃を受けている。
呉の三代目軍師様、呉初代皇帝の妹も・・・まるで陽気なミュージカルに
出てきそうな・・・妖精さんみたいで・・・拒絶してしまう。

呂布にしても、カラフルな触覚のままであれば、ごXXXと(見ようと思えば・・)
誹られることもない。
だが・・・あの黒い図体で触覚になってしまったら・・・まるで
(これ以上言ったら・・怖くていえない。)

そんなことを思いつつ、いつの間にか、今までのイメージとして
呂布VS関羽だったPVが・・新作(三国無双5)から呂布VS趙雲へと
変わっている。呂布(悪)VS趙雲(善)の対立構図か・・・(複雑な気分)

無双シリーズの固定武器となっていた「方天戟」から・・・
魏延(ゲーム内の)の固定武器へ・・これかた変貌を遂げた様子。

あんなの・・呂布じゃない!!!!!!!!!!って思ったこともあった。

そんな風に、文句を言いながら・・PVを見ている俺wwwwwwwwww。

風の噂~続編。

 2007-10-20
とあるネットラジオのその後。

率直に言えば、番組内の雰囲気が変わったなと
思った。
流石に、以前パートナーを組んでいた男性MCの
ように、相手の気持ちを汲みながら番組進行とは
いかないようで・・・

始まった当初のような、「ぎこちなさ」感の雰囲気は
減りつつある。でも・・何となく、よそよそしい感じが
拭えないのはなぜ?
録音ファイルを聞きながら、感じるのは、相手が何を
出してくるのか判らない、突拍子も無い話題が出てくる
危険性を伴いながらも、番組は進む。

緊張感の維持は、裏を返せば、互いのことが判らず
手探りの状態なのかなと思ったり・・(ぼそ)

それでも、とかく一人話になりがちな「饒舌MC」のラジオは
他の誰も絡めない暴走ラジオになりやすい。
だが・・新装開店した「とあるラジオ」の変わった(感想として)
ブレーキ操作と、アクセルの踏み具合のバランス感覚が
垣間見られる。以前の番組は・・猛スピードで駆け抜けていく
イメージが強い・・でも、相方が変わると、風の入れ替えと共に
番組進行もまた変わっていくのかな。

風の噂~続編。 の続きを読む

あの永井先生の「亀田ボクシング戦」中継・・MADではありませんw

 2007-10-19
ニコニコ動画で(亀田関係)を探しても、実況がことごとく
消されていて、なかったので、やむを得ず・・・これをアップ

有名人?の永井先生の熱血中継をどうぞwww

独り言

 2007-10-19

ネットラジオを始めたいと思ったら、最初から一人で
番組を作ることを考えず、その手の「ベテラン」に
頼るのも一つの手段。

何でそんなことを言うかといえば、ねとらじを
放送するときに躓くのが、初期設定と、孤独との戦い
にあると思うから。

OSの違いによる初期設定の煩雑、BGMの選曲など
人前に声を晒す前までの過程で、やらねばらならない
ことが多く、晴れてデビューする前に、心が折れてしまう、

そんな不幸な状況に陥るくらいなら・・その手のベテランに
頼るほうがいい。また、使用しているPCの環境が、最悪
ねとらじの放送に適さなくても、サブMCとして参加すれば
いい。人と人との葛藤は、軌道に乗った後に始まる。
後は・・・・・・・・・・・己の気持ち次第。

放送をする前に、気構えだの、覚悟だの、そんな自らを縛り
付ける呪縛は、放送を重ねながら、体感するなり実感できる
こと。余計な先入観は無用。

まずは、作ってみたいという気持ちを忘れないこと。だと思う。

マリみて・・・MAD(ゴレンジャイ)?&ブラッククラッシャー

 2007-10-18

(原作のイメージは、崩壊しますが、それでも構わなければ・・・どうぞ)










ふと、振り返ってみる。

 2007-10-17

何故、ねとらじ@DOLを聴きながら、ブログを書いているのかといえば
おれ自身、生身の人間と、電脳の世界で蠢くマネキンのイメージギャップ
を感じ取れる場であるからこそ。面白いと思っている。

以前のように、ねとらじ@の掲示板を荒らしまくった俺のマイナスの
エネルギーと、大人しく聴いている俺のギャップも認めざるを得まい。
粋がり、好き勝手に書いていたころとは違い、「録音」を聞きながら
ブログを書く日々は・・やはり気持ちが高ぶってこないこともあり
冷静に考えられる。

今までは(以前は)掲示板内で、基地外のように、刃物を振り回していたが
それは、相手の痛みを知らずに、相手の慌てる様、相手の反応を見て
喜んでいたのだろうと、真に・・人間の屑である。

てめえ勝手な妄想と自己満足に浸り、閉鎖的な空間で喚いた。

相手の痛みを知らずに、ふとした(油断で)感情の高ぶりにより
書き込んで、MCのカウンターを食らい、痛みとやらを知ったとき
おれ自身、単なる痛い奴で小山の大将に過ぎなかったことを
思い知ったときがあった・・・ふっ、いい切欠だったな。まったくwwwwww

いけね・・また長くなっちまった。などと懐古気味の記事になって
しまいました。ごめんなさい。

つくづく、思うこと、(安心すること)ねとらじ@DOLのMCさんの殆どが
大航海時代オンラインから一歩離れた話題になると、一人に人間として
生々しくでも、人間らしく感じるときがある。それはそれで、安心する。

たまに、人間ぽさを感じられない(ゲストなど)人がいたりすると
ちょっと怖いなと思うことも・・・。

真・三国無双MADシリーズ。

 2007-10-17
熱い漢たちのゲーム?三国無双シリーズMADです。
ゲーム中では、生真面目のキャラクターも、
時は・・・パロデイになったり、切なくなったり
と・・・真面目なキャラのギャップが面白いと思い
アップしました。

(私には、MADを作るセンスも、スキルも無いのですがww)

            さあ、ごらんあれ!!

         真・三国無双MADシリーズをどうぞ。








他・・http://www.nicovideo.jp/watch/sm836151




名無しとコテハンとの狭間で。

 2007-10-16
大航海時代オンラインゲームのユーザーが放送するネットラジオ
(以下、ねとらじ@DOL)は、大航海時代オンラインゲームに関すること
また、ゲームとは違った多種多様な話題を、提供するラジオである。

たまに、他のネットゲームのネットラジオの番組のタイトルを見る機会がある
けど・・基本的に、俺は聴かない。ユーザーでもないし、たとえ、その存在を
知ったところで、書き込みなどしないし、聴くことなどないと思う。
では、興味がわく、書いてもいいと思うときはあるのか?と尋ねられたとき
どんなときなのか・・人それぞれと答えるしかないw。

さて、大航海時代オンラインゲーム内では、四つの鯖で存在し、各鯖ごとに
活動する個性的なMCが存在する。(らしい)
こうしている間にも、ねとらじ@DOL系の番組が誕生し、また・・・突発的に
放送がされたりと、俗に言う奇襲放送がされるねとらじ@DOLは、週に一回
日々・・放送を続けている。・・当然、誕生したり、休止したりと・・いずれにせよ
番組の放送開始に至るまで、蓋を開けてみなければ判らず、放送予定日
(放送予定時間)になるまで、その番組が放送されるかどうか、定かでない。
やはり、趣味的要素が濃いネットラジオは、人の心の波のうねりが、激しい
と感じる今日この頃。

さて、本題に入る。

名無しとコテハンとの狭間で。 の続きを読む

この声は誰だ?っておもうとき。

 2007-10-14
お世辞にも、いい耳とはいえない俺の聴覚でも、男性の声と女性の声の
違いは判るが・・正直、ネットラジオは音声のみで判断するので
実際、声の主が、男性なのか?女性なのか?迷い事もある・・

ねとらじに出演している人物たちの会話でも、男性の中に女性が一人
女性の中に男性が一人とでは、その番組の雰囲気も、会話の内容もまた
違ってくる。
現実的な「小難しい」話で盛り上がる場合もあれば、逆に、会話に付いて
いけず、微妙な空気が流れて、出演者の咄嗟の判断により、流れを
変えようとする気配りもまた、わかるし、そうすべきなんだなと思うことも。

それでも、深夜帯のネットラジオともなると・・・アダルトな話題で大盛り
上がりになるようで・・大航海時代オンラインゲームの話題よりも、聴き様に
よっては、出演者が生き生きしていると思うのは・・・俺の気のせいかなw

そうした「深夜話題」を振られて、コメントに困る女性もいれば、侮る無かれ
そうした話題であったも、まったく動じない女性もいるのであり、逆に男性を
ねじ伏せる豪胆な女性もいる。・・・・つくづく女性って強いな思うことも。

さて、男性の声と女性の声で、聞き取りやすい声とは何だ?意識させられる
ことがある。それは・・TVなどのアナウンサーの声であり、ナレーションの声
であり、とかく若い女性アナウンサーのキンキン声は、必死になって原稿を
読んでいても、詳細がわからないが・・・男性の声もまた、読み手のテクニックや
素質によってもまた、歴然としたものを感じる。

だから、男性でも女性でも、関係なく、キンキンした声は、耳障りに感じる。
でも、不思議なもので、ネットラジオもまた、(無報酬で趣味的)意識的に
放送している番組を除けば、低音で、男性の声の方が聴きやすい。
これは、年増・・・あっ失礼比較的年齢の高めの女性の声も、また
同じことが言えるかなと・・。(ぼそ

だから、例えネットラジオで配信される自分の声に(地声)自信など持てず
なんだかなーと思うよりも、いかに相手に聴きやすく話すべきかと意識すべき
であり、リスナーも次第に「地声」に慣れていく(と思う)
ラジオに出て、話題性のとんだ人物であっても、何を言っているのか?
何を話したいのか?判らないのは・・朴訥でもいい、気持ちを落ち着かせて
ゆっくり話して欲しいって思うことも。
また、相手に伝わる情報は音声のみであることを考慮すれば、問題は声の質
ではなく、せっかくネットラジオに出演したのであれば、伝えたいことが伝わら
ないことこそ問題だし悲しい思う・・なーんちゃってね。

あくまでも、名無しのリスナーの感想とさせて頂きますwwww。

「ヒトラー~最後の12日間」MADと・・・その他。

 2007-10-13









人類の悲劇的(愚かな)世界大戦による結末を真摯に受け止めつつ
この手のMADをご紹介。

このMADで注目すべきこと、それはMADの中身ではない。
MADの素材になった映画と、その出演者の迫真の演技
だと思う。
いくらMADのねたがブラックユーモアに溢れていても
素材になる動画やBGMが平凡では生きてこない。

作られたMADから、訴えること、表現したことが、閲覧者に
伝わらなければ、結局、人の心には何も、残らない・・・
なーんて柄にも無く思ったして^^;

まあ、MADを作るスキルが無い俺には、製作者側の苦労など・
・わからんし、たとえ、微かに感じ取ったところで・・
想像の域を超えないと思う。 

だから・・俺は、素晴らしい出来の
MADを見た時は(見られたときなど)感動する。

普通のねとらじを流すことの意味。

 2007-10-12
ねとらじ@DOLの番組表に載っていなくても、不定期、奇襲、録音(ポットキャスト)
方式でも、大航海オンライン繋がりのラジオは流されている。
だから、ねとらじ@DOLの番組表を基準に、「ネットラジオ」を聴いていても
他のラジオは発見など出来ない。

更に、ねとらじ@DOLの特色として、MC同士(同じゲームDOLなど繋がり)の
ネットワークが形成され、それがMC同士の助け合い、ネットワークの形成に
少なからず、影響力を持つ。
また、各番組のリスナーの共有などもあり、それが共通のイベントなどの
実況中継や、イベント参加など(ねとらじMCの)にも独特なネットワークの
存在を確認できる機会でもある。

しかし、そのつながりが閉塞感、、保守的雰囲気の助長にもつながるわけで
つながりを重視するもの、ネットワークの有効利用等を考えるMCには重要な
グループだと思う。あくまでも「ねとらじ@DOL」は、一つの枠組みでもアリ
保守的グループとも・・・。

但し、大航海時代オンラインゲームには、四つの鯖が存在し、当然、形態が違っても
それぞれの鯖には、個性的なねとらじMCがいて、ねとらじを放送している、
そして、各鯖ごとに、独特なネットワークを形成しつつあり、リスナーの質もまた
個性的。でも、大事なことを忘れている、鯖が違っても、同じゲームユーザー
であること。

これは、忘れてはいけないな・・なんて思うことがある。

まあ、てめえ勝手に妄想してグループ分けするのは
簡単なんだが・・ねとらじ@DOLのリスナー数の頭打ち
新規プレイヤーの減少もまた・・・
関係あるのかもしれないし・・


                  さて、本題に入る。

普通のねとらじを流すことの意味。 の続きを読む

ニコニコ動画(RC2) モンハン世界強奪事件 by CS:Sテロリスト(MAD?)

 2007-10-10


             ニコニコ動画サイト 改装?記念

二つのゲームのプレイ画像を巧妙に組み合わせて作られたMAD?
私は、素材として使用されたゲームのことは・・・知らない。

ただ・・・面白いと思って・・・アップさせていただきます。

GONG を鳴らせ!!

 2007-10-09


久しぶりに、熱いアニメを見た。(年甲斐も無くw)

衛星放送で見たとき、何?このちっこいメカは?って
思ったんだが・・・こんなに熱いアニメだとは思わなかった^^:

アニメの設定など、さっぱりわからないが・・
熱いMADであることは、事情を知らないものでも
理解できた。

熱いね・・・このアニメMADは(放送は終わったようだが・・・)

とある「ねとらじ」名無しリスナーの戯言。

 2007-10-08
大航海オンラインゲーム関連(繋がり)のネットラジオを聴いていて
感じることがある。

それは・・・ゲーム内の特別企画(ユーザーイベント)を中継する
ネットラジオで出てくるユーザー(課金?ユーザー)の多くが
お友達感覚の会話が多く、グダグダ会話を垂れ流すこと。
締りが無く、垂れ流される会話を聞いている側のことなど
最初から考えていない番組が多い。

もし、俺が日頃の愚痴や、他のプレイヤーの悪口を
平然と垂れ流しの内容を「話すことが無いもので」と
半ば開き直りで放送したとして・・・たまたまキーワード
などで録音して聞くことになった者はどう感じる?

そうしたグダグダ放送防止?のために掲示板を設置し
ご苦労にも「お題」を考えるMC様方には、頭が下がる
思いだが・・・内輪ネタや、お題の難易度を考えずに
「さあ、書け!!」と言われても、何を書こうか?と
考えた末書き込んでも、MCに書き手の思考など
わかるはずも無く、あっさり触れて終わる。
まったく・・・って思うことも。(基地外の戯言、失礼)

もっとも、別に、聴こうが聴くまいが、リスナーの好きにすれば
解決する話であり、放送する側も(経験をつんだベテランMCの
多くは)そんなことは気にも留めまい。

           さて、本題に入ろう。              

とある「ねとらじ」名無しリスナーの戯言。 の続きを読む

(政争の具)エースコンバット6とてもつもない日本へ

 2007-10-07


劇場型政治は、浅はかなマスコミの過熱報道により
混乱を極め、結果国民の目を逸らし、混乱の結末を
霞む事になる。

本来、総裁選には国民の意思など関係なく、党員及び
国会議員の各得票数で決定するものであり街頭演説を
する意味を問われると思うが・・・

こうした政治の混乱(新総裁決定までの過程)を
MADにすることは、主観が問われると思う。
どちらがよく、どちらが・・といった具合に。
でも、あくまでも、世相の皮肉と見れば、主観は
あくまでも、国民の目から見た政治などの批判で
あったり、皮肉であったり・・
それもまた「国民の率直な意見や本音」を表現した
MADになるかなと思ったり。

小難しいことは判らないし、政治の裏なんて
知らないが・・・これもまた・・MADかなと思い
アップしてみました。^^

アイドルマスター・三国志10(閣下で天下統一)

 2007-10-05


アイドルマスターのMADラッシュも終わったようで・・・
暫くは・・停滞期かもww

そんなことを考えていたとき、新しいことを考える人が出ていくる
もので・・・会話内容(紙芝調w)が、意外と面白かったので
アップしてみました。
(もしもシリーズ?(架空ゲーム)のゲーム中の会話の文字が・・
 小さくて読みにくいのは仕様か?)



三度目の参加

 2007-10-05
某ネットラジオで(三国志オンライン?)の
実況中継を聞いていて、速攻、KOEI会員登録を
済ませて・・・DL・・

気がついたら・・あの場所に降り立っていた。

相変わらず・・親切な設定と、不親切な設定が
交じり合った世界へ・・

採取も、βー時では、  伐採を選び

    次のテスト時は 採掘?

    今回は・・・  採取を選択。

その世界のことを知りたくなれば他人の意見など
鵜呑みになどせず、逝ってみればいい。
他人の意見など、ガイドブックのコメント程度。

電脳の世界に共通するレベル挙げに熱を上げすぎると
その世界に生きる時間を無駄に減らすだけ。
だから・・適度に遊ぶ。これは大事だと思うように
なってきた。
肝心なことを忘れていたが・・・
現時点で気がついたこと。人目でわかった変更点。

木材の加工、布の加工、鋳造、などの生産場所に
でかい「看板」?らしきものが設置してあった。
βー時には見かけなかったような気がする。

βー時では、三国(魏、蜀、呉)の募集するNPCが
長安でしか参加できなかったものが・・
スタート時の村で出来るようになった。

これで、長安までの道中、赤ネームの襲撃に
おびえることなく・・ってそれだけしか気がついていない
俺の行動範囲www


鼻づまりシンジ(殿)とは何者?

 2007-10-02
ねとらじ@DOLの番組の中で、異端的存在の
「じぇねらじ」という番組がある
この番組に・・これまた、個性的な人物が
ゲスト(準レギュラー?)として出演している。

その人物のHN? 「鼻づまりシンジ」

その人である。

何が個性的かといえば、話し方から物腰
書き込みに対する強靭な耐性。
そのすべてが・・・MCの武器を持っている
御仁。

この御仁・・実は、ねとらじのMCで、番組を
持っている。番組の基本は、掲示板のレスを
読みつつ、電凸をこなしつつ、不定期な時間帯
でありながら、番組を進行していく。

ねとらじ@DOLの多くの番組に見られる掲示板の
お題設定による書き込みと、書き込み内容を読んで
いくスタイルは同じだが・・根本的に違うところ


それは・・場違い(空気嫁)の書き込みに対する
対応と耐性を持っていること。これには驚く。
大抵(普通の)人間で会えば、軽くあしらい
冷笑して終わるところも、それなりの応対をする。
(MCのピンポイントは狭そうだが・・)

電凸してきた相手との会話においても、冷静に
対応する。懐が深いというべきか、得体の知れない
御仁・・私にはそう映った。

ちなみに、先日・・地声で(友人?)ねとらじを
録音で聴いた。
・・・・確かに、通常の番組内での声とは違い
自然な感じだった。
アレルギーということで、鼻づまりの声で早口。
そうした「キャラ」を作っていったのか!!”!”と
ちょっと驚いたのが、率直な感想を持った俺。

勿論、個性的なキャラクターは、多くのリスナーを
確保できる反面、お呼びでない者もまた引き寄せる。
鼻づまりシンジ殿の番組掲示板の流れが乱れるとき・・
個性的なMCの技量が問われると思う。

ねとらじ@DOLのMCにいるかな?
こういうタイプのMC??

敢えて挙げるのであれば・・

能登レイディオゥ~StratusさんっていうMC位かな・ww

他のMC・・さあ?どうだろうねwwwwww


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。