スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

野心の篝火

 2007-09-30
ネットラジオの存在を知り、そのラジオを聴く人は
あくまでも、パソコンを所有して尚且つ、ネット環境
が整った人という一定の条件を要する。
だから、ラジオという言葉で、真っ先に連想する言葉が
普通のラジオと想像するうちは、ネットラジオの存在
など、意識すらされていないことになる。

ネットラジオは、そのURLにアクセスして、リアルタイムで
配信を聴くか、専用(フリーソフト)ソフトを使って
録音して後々視聴するスタイルの二通りの聴き方があると
思う。

さて、ねとらじ@DOLの番組において、関係者が積極的に
番組の録音ファイルを公表しないかぎり、放送回数を
重ねたところで、記録にも記憶にも残らない。
ただ、慈善的奉仕で録音ファイをを提供があれば、リアル
タイムで聴いたことのない人でも、後日その番組の内容を
聴くことが出来るが・・・あくまでも、録音ファイルの提供
されればの条件がつき、不安定な提供になる要因である。

現時点において、ねとらじ@DOL内の番組で、ねとらじ
放送関係者が録音ファイルを公表している番組が極僅か
なのが現状である。

ここで考えるべきことは、放送を流すことと、録音ファイルを
公表するということは、放送する側の意識が何処にあるか
ということだと思う。
つまり、ねっとらじおの放送をしていることを、身内にすら
教えられず、尚且つ、私生活で関係のある他人にも秘密に
している場合など、公表などするはずも、公表しようとする
気にもならないだろうと推測できること。

生放送時、リアルタイムで聞いているリスナーと、キーワード
等を登録して、放送を聴くリスナー数の違いがあるにせよ
MCが少しでも多くのリスナーを確保したい、聞いてもらいたい
と「積極的な意識」があることで、野心的な展開を見せていく。
それが、録音ファイルであり、ポットキャストへの進出へと
繋がっていくと思う。

だが・・だた普通に話して、記録にも記憶にも残らないだろう
考えていても、誰が聴いているかわからないのが、ネット社会の
怖いところ。
もしかして、関係者が聞いているかもしれない、ふとした
番組内での発言が、現実社会(私生活)に何らかの影響を
及ぼす恐れも出てくる。
だから・・その場の感情、雰囲気に乗って、失言をしないように
意識しながら、放送をすることが大事なことだと思う。






スポンサーサイト

ニコニコ動画シリーズ・・「絶望先生MAD乗車券」

 2007-09-29


何度も聴きたいとは思わないけど、個性的なアニメと
組み合わせることで、単なる卑屈から、筋の通った
歌詞に聞こえるから・・・MADは面白いと思う。w

深夜の電波花火。

 2007-09-26
某匿名掲示板にて、基地外と認定された俺wwwwwww


普通に人と話をして、その話をラジオの電波に乗せて
その会話を聞いたとき・・・
感想を尋ねて、楽しいと思う人間と、つまんねーって
感じる人間がいる。

そして、面白いといった人間に、何処が面白かったの?
尋ねたときに、下らない会話内容だったけど、自分と
共通する(共感できる)話題がそこにあったから
と俺なら、そう答える。

別に、習慣として聴くとか、聞かないと禁断症状が
発症するとかそんなことはない。
そこまで「基地害」ではない。

好きなジャンルの音楽を聴く感覚で、聞く自由も
聞かない自由もあるし、無理して聴くことはない。
ただ。。。時に・・・違うジャンルも聞きたいと
思うことはアル・・時々だが・・。

ネットゲームから足を洗った俺の余暇と答えたほうが
いいかもな。

偶然聴いた放送が、少しずつ改善されていって
数時間の放送でも耐えられるくらいの娯楽の提供
に発展していくのはごく稀。
大抵は、個人の都合などで消えていく。

夜空に咲く花火を作るまでの苦労とか、危険なことを
知らない輩ほど、偉そうにホザク・・おれみたいな
奴だがね・・wwww
初めて見る花火は、綺麗で感動するが、その花火を
いつも同じ感覚で見ると、無神経な奴ほど当たり前に
感じるようになる。

まあ、大人しく夜空を飾る花火を見ていればいい
そう。。それが出来る人間は・・まともな人間ww





陸上自衛隊 カレーライスの作り方(ニコニコ動画)

 2007-09-26



豪快な「陸上自衛隊」仕込みのカレーライスが
出来るまでの過程をごらんあれ!!




自動録音で変わる「ねとらじ@DOL」スタイル。

 2007-09-25
ネットゲームの世界から、少し距離を置き
ネットラジオの聴き方を、ほんの少しだけ
変えただけで、衝動に駆られていた己の
愚かさを思い知る。

そんなこんなで、俺はネットラジオの聞き方
を変えるべきだと反省した。
では、どうしたら良いのか?これは以前から
考えていた。
この場合、聴く聞かないの選択肢から、聴く
ことを選択したとき、生で聞くか?それとも
録音ファイルを聞くかの二つしかない。

以前であれば、雑談中心のねとらじ@DOLの番組
を「わざわざ」録音してまで「後になって」聴く
ことなんて考えていなかった俺・・大馬鹿者である。

予めキーワードを入力しておくことで
複数の(同時に放送している場合など)番組も
後になって聴けることの便利さを最近になって
知る始末・・・ああ、情けなや・・orz

自動録音で変わる「ねとらじ@DOL」スタイル。 の続きを読む

愚民ホイホイ・・・MAD?

 2007-09-23


ニコニコ動画における運営側と投稿者の日々繰り広げられている
あくなき戦いの壮大な再現?MADw

(第一印象で面白かったので・・つい・・)

風の噂。

 2007-09-22
風の噂で、大航海時代オンラインゲームの
ねとらじ@DOLの「とある人気番組」のMCが
降板するらしいと聞いた。

本業が忙しくなって、海外に長期赴任するとか

ねとらじの放送自体、無報酬の趣味的要素が
大きいものほど、個人の生活スタイルの変化
に左右され、定日、定刻に放送することが
厳しい。

それでも、現実社会でやるべきこと、すべきこと
をこなしつつ、予定を空けて放送するねとらじの
MCの熱意には驚くし、頭が下がる思いだ。
いずれにせよ、趣味的意味合いの濃い「メデイア」を
聴く側も感謝すべきことだろうと思ったりする。

だが・・そうなると「とある番組」も、転機を迎える
ことを意味する。
今まで、個性的なMC同士の二人三脚的放送から
番組の雰囲気が変わることで、もう一人のMCの
心境の変化も・・あるのかな?とも穿ったり。

ねとらじ=ネットラジオの世界は、前記したとおり
個人的な趣味でなおかつ、ふていきになりやすく
事前に告知することで、その存在を知らしめることに
なると思うが・・・それはつまり、ネットラジオの
存在を知っている人、全く知らない人の落差が激しく
取り巻くリスナーの層もまた、固定化しやすい。
リスナー層が固定化することによって、その番組には
こういう放送がふさわしいとか、こうあるべきだのと
今でのイメージもまた、固定化する。

俺みたいな、無責任で無神経なネット弁慶が
偉そうに、ほざく事ではない。
ただ、ネットラジオというメデイアであっても
聞く人間は限られるわけで、固定化の打破などと
言ったところで、放送する側の緊張の糸が切れ
以前と同じ手法で流すことに苦痛を感じるか?
前の方が遣り易かったななどと、感じたら・・・

あっという間に、心が折れて消えていくだけ・・
(そうならないで欲しいと願うばかり)





風の噂。 の続きを読む

絶望先生MAD~ニコニコ動画。

 2007-09-21




このアニメの存在を知った時・・なんで絶望なのかと思った。
そして、アップされていた各話を見て、設定を知った。
なるほどね~ってね。

確かに、作風に違えども、ハヤテ~と似た雰囲気を感じる。
師弟関係なんて・・知らんけど(^^;



常に、世界は変わる・・懐古している暇など無い。

 2007-09-19
大航海時代オンラインゲームのブログで
「ランキング」に登録している多くの
ブログに共通すること・・それは・・

大型、小規模のバージョンアップが行われる
度に(一時的にせよ)その話題で、一斉に
華が咲き乱れる現象が、見られること。
思うに、こうした現象が起こりやすい背景として
大航海時代オンラインゲームを取り上げる上で
話題が・・枯渇しているのか?と勘ぐってしまう。
厭らしい俺が居る。

もっとも、自らがブログの題材を探しに行くよりも
とっつき易く、話の種にしやすいのだろうなと
想像しやすいだけどね。

ただ、そうしたバージョンアップの内容が
ユーザーに受け入れられた場合と、受け入れられず
(評判が芳しく無い場合)大航海時代オンライン
ブログ(DOLブログ)におけるネタとしての賞味期限
がユーザーの受け止め方によって違いが見られることも
面白いw。

色々なブログ上の評価が(ユーザーの)真っ二つに
割れることは少ないように感じ、公式のバージョン
アップの公表から(導入前)実施後におけるユーザーの
期待が高ければ高いほど、反動の大きさにしばしば
驚かされることも・・www
バージョンアップ後に見られる運営会社への苦情や
感情的な批判が多い中、変化した世界をどうやって
楽しむか?と考えるユーザーも居るし・・いろんな
タイプのユーザーが居ることを確認できる。
それもまた、ブログのいいところ。

(もっとも、仕様の穴を突くようなプレイに精を出す
不心得者が居るらしいから・・それは・・)


ぶっちゃけ、同じ話題(共通の)を夫々のブロガーが
ぶった切っても、対照的な内容になることは少ないように
思う。ただ・・新しい世界への展望など持てず、批判的な
ことを綴っても・・ね。
それよりも、いかに楽しく新しい世界を生きるためには
どうしたらいいのか?って前向きに考えるブログの方が
俺個人としては。。楽しいし、そうあって欲しいと思う俺。
なんちゃんってな。

NHK・・ニュースOP集(ニコニコ動画)

 2007-09-18







~~~~~~~~~~~~~~おまけ~~~~~~~~~~~~~~~
侮りがたし、NHKパロディ・・

ニコニコ動画・ハートマン軍曹社会を斬るw

 2007-09-15


国内の景気が良かった頃には、社会保険庁の醜態など
マスコミも、日本国民も・・・政治家も・・誰も
気にも留めず、バブル景気に酔いしれていた。

株価は高値、副業で大もうけ・・誰しもそんな夢のような
社会が続くと思ったはず・・・。

でも・・・所詮は泡、バブルははじめた・・・。
お役人は、税金は天から降ってくるものだと思い
予算は残さず使い切る。もし使い切れず、残ってしまったら
裏金にして溜め込む。

そして、団塊の世代が定年退職する年齢に差し掛かった頃
国を揺るがす、大問題が発覚した。

「年金支給問題」

このMADは、さりげなく現在の日本の問題点に対する
痛烈な皮肉表現していると思う。時に、ユーモラスに
時に、ブラックに・・現実の問題はどうしても
赤裸々に、生々しくなりがちで、目を逸らしてしまう。

そうした現実社会の問題に関心を持つためのMADだと
私は感じた。

戦国無双2・猛将伝雑感。

 2007-09-13
猛将伝が発売されて、数週間が経過した。

OROCHIのパラレルワールドに戸惑いつつ
ユーザーの潜在的意識を、承知した上での
商品開発だったんか?と多少なりとも
考えさせられた無双・OROCHI

キャラクターの出現条件を満たすため
攻略サイトで確認しながら、ゲームを
続けた日が懐かしい・・。
魏・蜀・呉の三国のうち、俺の印象として
ラストステージでの難易度は・・呉が
高めだったのは・・気のせいか?

さて、いつもなら追加デイスクが発売され
れば本デイスクのデーターとのミックスを
して楽しむのだが、今回の戦国無双・猛将伝2
に関しては、気が進まない。
新たに追加された新キャラのうち、女性キャラの
ハンデは、ある程度覚悟していたのだが・・
モノは試しと、天国モードで、ガラシャを選択し
ボスキャラ(浅井長政)とのバトルをした結果
あっという間にゲームオーバーになったことは
ショックだった。Σ(@@

(天国モードであっても、小生意気にも奴ら・・
ガードしやがる。くっ)
俺の勝手な妄想?で、てっきり風魔小太郎のような
モーションをイメージしていたが・・
現実は厳しく、妄想は儚く散ったのさw

ゲームオーバーの画面と共に。(最初の頃だけど)

まあ、ある程度レベルまで上げれば、バッサバッさと
敵をなぎ倒すんだけどね・・麻呂いいな~ああいう
キャラは、貴重www

佐々木小次郎以外の他のキャラ?・・漢っぽい演出がクドクテ・・
いや何でもないw。あくまでも俺の私見に過ぎないから。

ACE COMBAT 5とマクロスゼロ MAD

 2007-09-13
ACE COMBAT 5とマクロスゼロの組み合わせMAD

マクロスというアニメは、微かに記憶にある程度で
実際のアニメは知らない。ガンダムとは一線を
画した戦闘ものアニメ程度の認識。

同じくACE COMBAT 5という・・ゲームに関しては
全く知らない。(ごめんなさい)
MADの良い意味での効果として、今まで関心の無かった
興味など無かったものに、関心を持たせられるが

副作用として、MADの元になった作品、音楽に対して
誤解を招き、あたかもそれが本物かのような誤認識
招くことかと思う。




MADを作るには、人並み以上のセンスと・・思い込みが
要求される反面、作者の世界に踏み込むことを意味している。
その世界が、ニコニコ住人の支持を得られれば・・w
そして、ニコニコ動画を知らない人も、他の動画で、ニコニコ
動画にアップされている同じ作品を触れることで・・・
動画に対する評価もまた、変わってくるのかなと思う。




ニコニコ動画

 2007-09-10


ネタなし・・・御免なさい。

蒼き炎を抱き者へ・・・後編

 2007-09-09
~隙間風は、炎を揺らす悪戯をした後、何処か去っていく~


オフラインゲームと違い、オンラインゲームでは
提供されるゲームの世界観によって、ゲームのルール
その価値観などが決定し、電脳の民はそれに従い
各々求める生き方もまた違っていく・・・

その世界を往来するネットゲームプレイヤーの
多くは、他人のプレイなどには目もくれず、また
己自身のプレイスタイルに対してもまた、独特な
価値観を構築していく。だから、他人のことなんて
気にせず、思うがままに生きていると思う。
ましてや、他人に自分自身のプレイ方針に対して
干渉受けることなど、嫌がるものだと思う。

他のゲームにおけるプレイヤー同士のバトル(PK)の
現状など知る由も無いが、運営側の用意したクエスト
依存生活に嫌気をさした一部のプレイヤーは・・・
違った意味での刺激を求め、受身から攻め手へ変貌を
遂げる。たとえ、そのプレイヤーの生き様もまた
ゲーム世界の枠組みと考えてしまえば、白けてしまうが
・・。

しかし、その世界に足を踏み入れたときの緊張感や
新鮮味は、プレイヤーのレベルが上がっていくごとに
醒めていく。そして、電脳世界で出来ることの限界を
知る。
一見、その世界がプレイヤーの望むことが実現可能な
革命的世界で、孤独と殺伐としたネットゲームの世界
に見える世界であっても、世界を作る基は何か?と
考えれば、現実社会では実現不可能、体験不可能な事
の妄想であると言っても、それはあくまでも
私の妄想なのかもしれない。しかし、どんなにマネキンに
憑依し、本体を隠しても、プレイ当初の革新的意識から
高レベルPCに成長する過程では、保守的な意識に芽生え
現状のプレイスタイルからの脱却に対して躊躇する。

何故、躊躇するのか?・・・・

今いる世界での、己自身に対する(他のプレイヤー)
評価、認識、知名度等の変化に対する躊躇かもしれない。
無論、最初から、異質に移ることを確信したプレイを
意図的にする場合は・・躊躇などするわけが無い。

蒼き炎を抱き者へ・・・後編 の続きを読む

ニコニコ動画・カラオケMAD

 2007-09-08
頭が悪いくせに長文を書き、内容が意味不明となると
その人間の性質が悪く、手が負えないw

ちょっと、クールダウン的意味合いも込め
こんなカラオケ?MADもいいかなとww
MADも穿った見方をすれば、切り貼り動画
でも、いい素材がそろえば、余計な小細工は
無用だと思う。(ど素人の感想です。)



私信~内に青炎を秘めし者へ~前編

 2007-09-07
どこかのブログに、私へのメッセージと思しき
記事があったので私なりの返答を書こう
ここ書くのは、特定の人物に対するメッセージ
であり、私なりの返信である。

私のHNは、板カカオ9割。
人によっては、このHNを聞くと、苦そうだの
変わった名前ですねとか言われるが、別に
構わない。
最初から、インパクトのあるHNにするために
考えたのであり、人様の印象に残れば本望。
一度聞けば忘れないような名前にしたのも
理由があるからだ。

数年前・・に大航海時代オンラインゲームの
ブログ書き=ブログを書いているプレイヤーの
催しに参加するために考えた「体験垢」の
名前にしたのは、当時普通のブログで流行の
ごとく取り上げられていたことを知り(カカオ記事)
とっさに考えたのが「板カカオ9割。」という
HNである。

当時のDOLブログも、現在のように数も少なく
ブログって何?っ聞かれる認識度だった。
そうした現状の中、私はあるブログの存在をしる。
そのブログこそ、内に青い炎を秘めた人物のブログ。
DOLゲーム内では、狩るもの、狩られるもの対立が
激しさを増す情勢の中、変わったプレイ方針を掲げ
あえて茨の道を歩もうとする人物の存在を知る。

生か死ほどの緊張感でないにせよ、自分自身の
プレイ方針が他の人物に理解されなくても
あえて、茨の道を歩もうとするには、それなりの
理由があると思っていた。
本当の理由など知る由も無いが、電脳ゲーム世界で
退屈な時間をすごすことは、ある種の・・に近い。
私は、この人物は、ただ単に刺激を求めているのか?
と思ったりしたが・・簡単に刺激を求めるで片付けて
いいのかどうか・・いまでも考える。

そして・・セビリアの広場でイベント以来の
接触となった。

後編へ続く。




RMT風刺動画。

 2007-09-05
ドキュメント番組もいいけど、こうしたパロデイもいいね

ふっ





 2007-09-05


早朝、自宅傍にあるゴミ捨て場は、その日の収集ゴミの
種類によって山が出来ている。
そして、収集車に回収されなかったゴミが残る日もある。
以前、ゴミの袋が有料化(住んでいる自治体)が発表
された時は、反発と驚きを覚えた・・
でも、中身を知ること、ゴミ処理の費用の負担が当たり前と
なった昨今では、有料ゴミ袋を購入することが当たり前に
感じるようになった。

俺の住んでいる地域には、谷切が多く埋め立てのゴミの多くは
そこに埋め立てられていく。当然水源地の問題や、焼却ゴミの
灰問題などの問題と、時折、向き合うことになる。
地方のゴミ問題が表面化する時・・首長選挙の時など、地域に
根深く存在する地域間の対立が、噴出す。
隣接する自治体が、ゴミ処理場の建設場所の押し付けをしては
話がこじれる。でも・・現実は、隣接する自治体同士共有
しなくては、ゴミ処理場の処理能力もまた、問題になる。
「このゴミをどうするんだ?」ってね。

綺麗ごとなんて、言ってられんよ。人間が出すんだもの。
目を背けてはいけない。これも現実。
現実を認めて、夢を見る。。がはっは。

人間が生活する以上、ゴミは出る。何故ゴミが出るか?
ゴミを減らすには・・などと多く人間が意識しなくて
ゴミが減るわけが無い。

ネットゲームはいいよな、ゴミなんて出ないんだから。
すべては、鯖の中の世界・・だから人が引かれるのか
ふっ、夢の中へ~夢の中へ~
              あほ草。



バージョンアップは、媚薬か劇物か・・

 2007-09-04
大航海時代オンラインゲーム関連ブログの多くに
取り上げられている大型バージョンアップの
記事に有意義な情報は、現時点では少ない。

でも、今回トラックバックさせてもらったブログ
は別。大航海時代オンラインのブログはこうあり
たいものである。

ゲームの情報を得ようと、ユーザーに尋ねても
公式HPを見ろとか、体験すればわかるなどと突き
放されて終わってしまう。
そうじゃない、俺の知りたいのは、公式の新仕様
説明ではなく、ユーザーの斬新な切り口を求めて
いる。
現に俺は、新仕様の恩恵も、学校とやらの体験入学
や、追加されたエモーションをするだけであって
新仕様の影響など知る由も無いから。ってみるテストw

追加された(変更された)仕様の影響度を知るには
課金ユーザーがどれだけ、中立的にバージョンアップに
対して判断するかかかってくるってわけだね。

さて、過去の大型バージョンアップの都度、祭りになり
本当の意味での「ユーザーにとっての新世界」を知る機会
も減りつつある。
それは、個々のユーザーの「ゲームスタイル」への
影響度が違うことで、バージョンアップ時期の職業との
関連もまた、電脳ゲームユーザーにとって深刻な問題で
その後のプレイにも影響を与えることも多いのでは?
って思う。

だから、新仕様の影響がどんなものなのか?一概には
いえないことが大きいって思うけどw

まあ、俺が言いたいのは、バージョンアップの新鮮味は
人が料理を食べるときの一口の感覚であり、慣れたら
慣れたで、誰にも見向きもされなくなるネットゲーム
特有の仕様変化の行き着く先ってことさ。

刺激があるうちが華、バージョンアップの刺激が慣れて
その仕様が、当たり前の感覚になったとき、退屈な
時間感覚になったとき・・廃人さまの「やることね~」
っていう台詞を、いつごろ聞くことになるのかなってことw

はははっはは 


ネットラジオで、話をすることとは。

 2007-09-02
俺は、とある「ねとらじ@DOL」の録音ファイルを
聞きながら、ネットラジオで、雑談をする際の
当事者同士(出演者)による意思の疎通が、いかに
重要性を持つものなのか、考えさせられた。

当事者同士の親密度というものは、互いに特別意識
しなくても、何気ない会話で見えてくる。
その会話に含まれる「思いやり」もまた相手を
どう思っているかによって、言葉のキャッチボール
の円滑な進行に影響を及ぼすものだと思う。

例えば、饒舌な人物と、朴訥な人物との会話において
思ったこと、言いたいことがストレートに表現できる
人物と、何を言うべきか?どう答えるべきか?などと
思慮深く考えて答えようとする人物とでは、互いの
会話のスピードなど合うはずも無く、互いに言いたい
こともまた、伝わらない。

それが、イライラにつながる。そして、不安を招き
表面的な(ネットゲームつながりの友人)友好関係
の仲間との軋轢へと・・行かないことを祈りたい・・

第三者が、聞いていて、そう感じるのであれば
当事者同士、その場の雰囲気を打開しようとする。

閉塞感に陥った雰囲気を、変えようとするもの
会話をしているものと、腹を割って話をしようと
手を差し伸べて、相手を招きいれようと試みる者
逆に、その場の雰囲気を無視して、番組の進行を
続行するものなど、正に、十人十色の個性を
見る思いであるw。


会話の糸口をつかもうとする場合、相手が何に対して
関心を持っているのか?また、得意な分野を探したり
互いの共通の話題を探したりと、何も考えずに雑談が
出来れることが望まれること・・でも・・・今流され
ているのは、ネットラジオで交わされた会話。
日常生活で交わされる会話とは・・ちょっと雰囲気が
違っていくると思う。

では、掲示板の役目を考えてみたい・・・
何故掲示板にお題に設定し、書き込みを
誘導するのかと言うことを・・・

それは、共通の話題を作るから。。話題が合えば
話し弾む・・ってことだろうね。たぶん。www




ネットラジオで、話をすることとは。 の続きを読む

記録は自信の表れ。

 2007-09-02
MADの場合、腕に自信のある「猛者」=職人(プロ?)が
著作権等に抵触しようが、自分の作りたい世界(想像)を
表現し、その作品を公開して初めて、不特定多数の人間が
MADを見た上で、判断する。

顔の見えない人間の趣向に合おうと会うまいと
それはそれ。作った人間が自信を持って発表
したのであり、閲覧者は、ただ画面に流れるMAD
を眺めるだけ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、ねとらじの音声データーを、欲するのは何故?
聞いてみたいと思うのは何故?

それは、リアルタイムでは聞けないことが殆どで
記録として残しておかないと、ラジオの存在
そのものが・・・残らないから。
それに、MADは、たとえ非公開であっても
「作る」ことによって、曖昧な記憶ではなく
記録として残るのに対し、ねとらじは、放送する
人物が「意図的に」保存する以外に、記録として
残らないことが多い。

よって、ねとらじの番組を流すと言うことは
MADの一作品を作るような感覚、意識を持って
放送するかしないかで、記憶が、記録として
残るかどうか・・・怪しいものだ。



だから、どんな番組だったのか?
確認をしたくなるし、その番組が自分の趣向に
あったものかどうか?リアルタイムで聞く前に
判断する貴重な確認方法と言えると思う。

映像よりも、音声の報が赤裸々で、より現実的な
モノが見えてくるので、番組の世界が見えてくる。
また、実際に顔を晒すわけでもなく、音声だけで
話している人物に関心を持つ場合もある。

まあ、聞いてみて、単なる雑談を垂れ流して
いるだけであっても、番組の出演者の力量を
随所で確認も出来るし、記録として残すと
言うことは、製作者の自信の表れとも言えるかなとw。

なんちゃってね^^;

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。