スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

きっかけ

 2006-10-29
ねとらじでも、ユーザーイベントでも、聞く人が
一人もいなかったり、参加する人がいなかったら
あまりにも、悲しい。

本当に、誰かに聞いてほしい、参加して欲しければ
積極的に宣伝して、情報を流すべきである。
情報が伝わらねば、誰も聞かないし、誰も参加など
するはずもない。

また、自分の伝える情報(イベント等)は、一人
脳内で盛り上がっているだけで、遠くから見ていても
誰も共感されないイベント等になってしまうかも・・・
でも、その場にいるPCが全て、否定的であなたの
イベントを見ているとは限らない。

馬鹿騒ぎしても、(他のPCが不快に思わないように
配慮して)他のPCから注意を受けることように
すればいいだけのこと。
単調なイベント、DOLライフ(軍事、商人、冒険)
に、疲弊し、心のどこかで、刺激を求め、生あくびを
しているかもしれない。


きっかけ の続きを読む

スポンサーサイト

船出

 2006-10-26
世の中には、大航海オンライン以外のネットゲームなど
いくらでも存在し、「いらっしゃい」と手招きしている。

でも、先入観なしに、そのゲームを楽しめるのは
あくまでも、そのゲームの「壁」にぶち当たるまで。
純粋に楽しんでいても、いずれは、「壁」に遭遇し
躊躇いも無く、楽しんでいたころと、「ズレ」が生じると
迷いが生まれかねない。

やはり、そのゲームごとに、特性を理解し楽しむこと
これが一番である。と私は思う。

単純明快なゲームほど、案外「飽き」が早い。
逆に、複雑なゲームになれば、キャラクターのレベル
スキルなどの「複合的な要因」により、閉塞感を抱く
原因にもなる。

狩系の場合、生息する(配置)NPCのレベルごとに
PCの赴く場所が限定され、一定のレベルに達しないと
いつまでもその場所を往復するだけの単調なリズムに
なりがちで、得られる経験値が、乏しくなる時
(レベルアップ時)初めて、さらに奥地へ行ける・・。

当然、ネットゲームにおいて、ユーザーの好奇心や
レベルアップの向上心などを満たしているときには
架空世界で得られる「快楽」の源は、無限にあるように
思うが・・・。

何時までも、その場に居続けるか、また放浪の民になるか
無限ループから、潔く、抜けるか・・さて、さて。


波紋は波紋を呼ぶ。

 2006-10-24
大航海というネットゲームは、ソロでもできるし
また、仲間と助け合って初めて達成できるクエスト
がある。

最初のうちは、クエストに依存したゲーム内での
生き方を模索し、運営側が発案し、連鎖的におきる
クエストへと徐々に、難易度が上がっていく。

私なりに、社会人でも「大航海時代の疑似体験」を
楽しめる趣向だと評価している反面、クエストに依存
していたプレイヤーの多くが、それ以降(スキルを駆使した)
のゲーム内のおける「生きがい」を見出せぬまま
消えていくこと(去っていく)現状は、・・・。

限られた時間で楽しむ場合であれば、まあ、こんもんだろうと
諦めやら、適度な距離を置けるのだが・・・
すべてのPCがそうは思わない。例えば「もっと、もっと上を」
と目指していた際限なき要求など、叶わぬものである。

実際、弱い弱いといわれ続けてきたNPCも、運営側の匙加減
一つで、激変する。これまた、架空世界における運営側の
意思次第でいくらでも・・・

さて、大航海オンラインも一年半程度経過し、ベテランPCが
多く商会繋がり、ほかのゲームユーザーつながり等、仲間
同士の繋がりが強い。
だた、長期間プレイヤーとして楽しんできても、出会いがあれば
別れもある。
繋がりが深くても、仲間一人一人、ゲームに対する思い入れ
不満、目的意識の維持など、まったく異なっている。
頼もしい仲間と思える反面、それが時に、重荷になる場合もあるし
他人様とのトラブルと、仲間同士での些細なトラブルが・・・

思いもしないトリガーを引く場合もある。


波紋は波紋を呼ぶ。 の続きを読む

無駄な気負い。

 2006-10-20
DOL関連のブログを書いているであろうブロガーの中には
季節の変わり目になると、「燃え尽きて」※消えていく。

※消える=ゲームを継続して遊戯するだけの意義を失う。

それでも、一時的に隠れてしまったブロガーが、ひょっこり
帰還してDOLのこと、ゲームから離れて「日常的」なことを
書き綴るケースも稀にある。
私も、ちょっと前までは、毎日ブログの記事を書き綴ることが
己の内に溜まった「鬱積」を晴らす手段だと思っていた時期も
あった。現に、一番書きやすい事柄(時節ねた)を一日、4~5
の記事を上げていた時もあった。

でも・・・・・・・・。疲れるんだよね。受け狙いの記事を
書き続けるって・・。

特に「ランキング」に参加して、トップと自分のブログの
順位を比べて、少しでも順位を上げたくて、過激なことを
書いて、ライバルに差をつけようと、必死になっていた。
少しでも、現在の順位から上げればと思って・・・
あがる事が、喜びに感じていたのだから・・ww

でも、・・・・どこかに違和感を感じ始めたころ・・・

やる気をなくし、脱落した。(一旦迷うと、人間弱いよね。)

だから、自然体で書き続けるように、気が向いたら書こうと
心がけて、書くようにしたら・・・無駄な気負いなど無くなった。

誰かに何かを訴えるとか、何かを感じてほしいとか
誰かに、共感してもらいたいとか、そんなもん・・・

誰も望んでいないって気づいたとき、気分的に楽になったな。

ねとらじにおいて、話すねた・・

 2006-10-15
ねとらじとは、TV番組や、ラジオ番組ほど、広く
世間に認知され、浸透しているとは(お世辞にも)
言えないメディアである。
しかし、フリーのプログラムを落とし、いざ
放送していると、機材の設定以前に、特異な
テクニックを要する事に気が付くはず。

「語り手としてのテクニックである。」

ただし、人に知られ、注目される事で、なんとも
言えない「自己満足」に浸り、メインは俺だと思って
話してみると・・・次第に話すねたがなくなり、
どうしたものかと思うようになる。

そして、一人PCの前に座り、専用の機材を装備し、いざ
話してみると・・・「自分語り」をして、ラジオ番組の
内容が、アヤフヤで、どんなラジオだっけ?と考えてしま
うのだが・・・。

ねとらじにおいて、話すねた・・ の続きを読む

重なり合う波長。

 2006-10-12
DOL(大航海オンラインゲーム)のねとらじ番組の
多くで、軍人系PC、海賊系PC(PK)の中の人が
ゲストとして出演することが多い。

さて、大航海オンラインゲームの中(サーバーの中で)
一際目立ち、恐れられ、憎悪の対象となりやすい
PK行為を好む?PCは、ゲーム内において有名人である。

例え、PK行為が過去のことであっても、語り継がれ
注目の的なり、PK行為から足を洗って、交易、冒険
クエスト重視のスタイルに変更しても過去のレッテル
は消し去ることなど・・・・出来ないだろう。

だが、そうしたPCの中の人が、ねとらじ番組に
ゲストとして(スカイプの会議システムに招かれて)
出演して、雑談等をしている様子を伺うに・・・

中の人は、普通の人であることがわかる

重なり合う波長。 の続きを読む

人心を引き付ける「ねとらじ」とは

 2006-10-09
二ヶ月程の「充電期間」を経て、復活したDOL能登鯖の
MCが放送している能登レイデイオ。
このラジオの凄さは、懐が深いところと、ラジオの
トークネタが大航海に留まらないところと思われる。
話が脱線する傾向が見られるものの、MCと脇を固める
サブなどの微調整で、良い味を出している。

最近では、DOL系統のねとらじ番組が増加し、それぞれの
個性を出すために、凌ぎを削っている。
掲示板のお題が、被らないように(重複しないように)
気をつけ始めている段階で、各々意識していることが
よくわかる。

人心を引き付ける「ねとらじ」とは の続きを読む

本当なら・・・今頃は。

 2006-10-06

KO○Iが、二度も販売時期の延期などしなければ
今頃は、オフゲーム(ふっ俺は無双房)で
敵をなぎ倒しているだろうに・・・けっ(怒)

結局、11月上旬に発売だし・・・・(T_T)

掲示板の設定時間と賞味期限。

 2006-10-02
ねとらじの掲示板において「設定される」お題の
経過時間の有無(猶予期間)は、考える時間を
持たせる意味からして、重要である。

過去の書込みなど、所詮「花火の燃えカス」程度
であり、ねとらじの番組進行において、MCの反応
だけでその時々の「評価」は、ほんの一瞬で決ま
るのである。

だから、読まれた後の再評価など意味はない。

つまり、設定されたお題が、継続的であろうとも
一度読まれた「書込み」は、読まれた段階で
過去のものになるのである。

もっとも、大きな花火を上げてみたいと思って
懸命に頭を捻っている俺様は、滑稽以外の何者
でもないわけだ。wwwwwwwwwww

面白いね。ふふふふふふ

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。