スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

仮面の裏側

 2006-08-29
ねとらじの存在を知り、ネットラジオという
比較的新しいメデイアから流される情報を
耳を傾けている俺がいた。

別にDOL内での「お役立ち情報」が流れる
わけでもないのに、いつの間にか、定刻通りに
放送されるかどうか、苛立つ俺。
そんな独りよがりな「無駄な苛立ち」を感じる
こと自体あほらしいと思うようになってきた。

答えは簡単だ。

誰にも聴かれることなど無いであろう時間帯に
恥を忍んで「ねとらじ試験中」を体験したことで
ホンノ数%の「現役MC」の苦労を知ったから。
その数%の苦労を体験できた事は大きい。
まあ、たかが~%だけどね。


仮面の裏側 の続きを読む

スポンサーサイト

舞台裏観察。

 2006-08-22
公式イベントが、用意周到な(手の込んだ)イベント
であれば、ユーザーイベントは、限られた時間、気心の知れた
フレンドで企画進行する「有志のイベント」とでも言えよう。

何も考えず、ただ楽しむだけであれば、広場で演奏するなり
模擬戦で、ドンパチして互いに奮戦することで、ひとつの
ガス抜きの役目もあるだろう。

だが、本格的にそして、大々的に宣伝して、不特定多数の
PCを動員するのであれば、お気楽なイベント進行で済むか
どうかは、話は別になる。
限られた時間にワザワザ、イベントの会場に足を運んだ
PCに「時間の流れを感じさせない」娯楽の時間を作ることに
よって、今日のイベントは楽しかったと思わせる隠れた
舞台進行が要求される。



舞台裏観察。 の続きを読む

強さの証明

 2006-08-22
DOLの「公式イベント」には、あっち、こっち走り回り
いいようにこき使われて、お駄賃として「アイテム」を
あげるものと、仮想敵国?の艦隊強襲、幽霊船との
戦闘を繰り広げるパターンになりつつある。

あちこちの港へ行くイベントの場合、多くは労力と
時間の浪費に近い。長期的に、気楽に楽しんでください
という運営側の意思と、実際に参加したユーザーとの
イベントに対する感想に、温度差が出てくる。
こうした退屈なイベントに参加する際に、何かの餌が
必要となるが・・・「効果の定かではないアイテム」である。

参加することに意義がある?公式イベントも、ユーザーの
要望、イベントを満喫するために必要となる「ハードル」も
徐々に上がっていくだろう。

それに対し、概ね好評なのが、運営側が特別に用意した
イベントキャラとの、バトルである。
大海戦、模擬戦でも満たされない「己の強さの証明」を
運営側が作り出したNPCに求めるように・・・・
廃プレイヤー、上級プレイヤーが、どこからともなく
出現し、レアアイテム欲しさに戦うもの、際限なき強さを
求め、戦うことに快楽を求めるもの。など様々な思いが
垣間見られる。

のだが、あくまでも、私見に過ぎないが、軍事的なスキルの
高いPCの多くは、己よりも弱いもの、同じ位の強さのモノ等
には、眼中にないように思える。
レアアイテム欲しさに、NPCとのバトルに生きがいを求めるの
と同時に、この敵は、「~が強い」「~にはこれは通用しない」
等と分析しながら(仲間との情報分析、交換)戦闘をしている
ようだ。
大海戦が、同盟港を争う戦いだとすると、公式イベントは
レアアイテム争奪戦なのか、単なる上級プレイヤーの
腕試しにも思える。

不特定多数のPCが集まると、盛り上がる反面、必ずどこかで
予期せぬことも生じる。
みなが満足できるイベントを考える運営側と、そうしたことを
教授するのは当たり前と考える課金側。
双方の思惑が一致することなどありえない。だからこそ
皆で協力して、イベントの進行にも理解をすべきかと思う。


競合する各鯖のねとらじ。

 2006-08-20
ほかのネットゲームのネットラジオ番組のことは
知らないが、大航海オンライン(以後DOL)のねとらじ
番組では、鯖ごとに放送番組が存在する。

ノトス鯖とゼフィロス鯖のねとらじ番組の存在は
知っていたものの、DOLのネットラジオ番組表には
エウロス鯖の番組は、明記されていなかった。
そんなこともあって、N鯖とZ鯖だけネットラジオ
番組が長期にわたり掲載されていたと思う。

しかし、番組表に掲載されていなくても、非公式?
として(不定期)番組は流されており、公式とは違い
放送者の気まぐれで番組が流れたり、流されなかったりと
・・・・。
ネットラジオ番組で、ひとつのハードがあるとすれば
リスナー数の確保以前に、ネットラジオでどういった
内容にするか・・これが全てだと思われる。

また実際に、ネットラジオの番組表に公表し、放送時間を
決定したうえで、ネットラジオ番組として放送するには
それなりに、段取りを要する。

競合する各鯖のねとらじ。 の続きを読む

ねとらじで、独り言をボソボソ・・きも

 2006-08-16

お盆休みということもあって、久しぶりに(懲りずに)
ねとらじ試験放送をしてみた・・・。

最初、ヘッドホンで独り言を話している感覚に襲われながら
話していたが・・・どうも声が低いようで・・・・・
案の定、レベルゲージが低い。

当の本人は、懸命に話している(つもり)のだが、画面上で
確認できる範囲でも、リスナー側(受信側)には、聞こえて
いないだろうなーと思いつつ、試験放送を続ける始末。

これといって、話すネタもないので、ブツブツ言いながら
地声を確認。

そうこうしている間に、何処からともなく、スカイプから
メッセージが届いた。
正直、驚きつつ(内容を見て)やっぱりねーと、疑念から
確信へ。

どうやら、丁度裏番組で、某有名MCさんが、帰省先?から
臨時番組を流していたらしい。
通常の時間帯であれば、他のレギュラー番組の掲示板等に
書き込みをして、放送を聞いているところだが・・・
実際に(短時間であれ)試験放送をしてみると・・・
試聴?可能な音量の確保が、大前提だなと思った。

まあ、その後は、卓上のマイクに切り替えて、適当に
試験放送をしたが・・・。まあいいか^^;

ねとらじにおけるゲストの扱い方・・

 2006-08-10
ネットラジオの放送は、一人でボソボソ話すだけに終わり
がちだが、二、参回話しっぱなしでやってみると・・・
ゲストとして「他のプレイヤー」がいたほうが、進行上
楽なことに気が付く。

リスナーの反応など気にせず、好きにしゃべるだけの
「不定期ゲリラ放送」以外は、リスナーの反応を確かめる
ことで(リスナーの発言等)番組参加を呼びかけることに
繋がる。
いざ、ねとらじをしようと思った段階で、相当な目立ちたがりも
心のどこかでは、「恐怖心」を抱いている。
リスナーからの意見(反応)の中には、善意的な意見もあれば
否定的、悪意に満ちた発言に遭遇するかもしれない。
だが、それそれ、リスナーの反応など、一々反応などせず
ドンと構えてればよろしい。
リスナー等の反応を確認するための手段である掲示板、IRC
など、設置して反応を楽しむ?ことは、リスナーの意識を
把握するのと同時に、ネットラジオの醍醐味を楽しむことで
己自身への刺激につながるのでは、ないだろうか?

がんばれ、ねとらじMC達よ・・・


ねとらじにおけるゲストの扱い方・・ の続きを読む

途切れぬ会話と、会話のテンポ。

 2006-08-05
ネットラジオ=ねとらじは、基本的には、マイクを使って
リスナーに話しかけるものだと思う。
不特定多数のリスナーに対して、話しかけていることを
心のどこかで、意識していないと・・単なる不平不満を
リスナーに向けて、叩き付けるだけの「やさぐれ」ラジオ
になってしまう。

そこが難しいのである。

ラジオ中における「話し方」など、特に難しいわけでも
ないが、(端から見たら怖いかも・・)一人で、淡々と
話す場合ならいざ知らず、複数のDJ、サブ、アシスタント?
の会話方式で話すときなどは、それぞれの関係者の距離感
が、垣間見られ、面白いといえば、面白いが・・・
ある一定の、テンポのよさを演出するには、場数を踏まないと
発揮されない。

ここ最近のDOLねとらじ番組では、他のねとらじ番組の
DJが、友情出演するケースが多くなってきた。
相互訪問をしては(ゲストとして招待)互いに親睦を深める?
微笑ましく見えるが・・・

やや、現実的に考え見ると、彼らも気づき始めているのでは
ないか?
互いの番組の個性化は、一人のメインDJの個性と運営能力
に左右され、他のものには、介入の余地などない。
ましてや、慣れないゲストとの会話よりも、ある程度
場慣れしたDJを臨時アシスタント若しくは友情出演させたほうが
テンポのよい「耳障り」を感じないラジオの演出になるのである。

但し、相互訪問も度が過ぎると・・・単なる馴れ合いラジオ
になる恐れも出てくる・・・・。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。