スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

電子マネー再び。

 2014-10-04
それは、とある日のこと。

某日、仕事に関連した「勉強会」が、二日間にわたり長野県内の施設で
開催された時、当社の所在地から目的地まで、約片道60㎞程かかり
当然、休みなしに往来などせずに一定の距離で「一休み」することに。

人とはおもしろい生き物で、休みやすい場所にコンビニがあると
時間帯と場所にも影響されるのだろうが、そうした場所には
多くの客が集まる。

そんなコンビニでのレジの様子。

休憩で寄っただけなので、多額の支払いなど発生しないだろうが
いざ支払うときになると、精算の際に、支払金額を確認してから
貨幣(通貨)を用意する。用意をして、精算金額を確認して
差額が発生するか、差額が発生いないように(消費税分の端数)
精算するとき、やはり、ある程度の時間がかかる。

その精算時間が、「いらいらの元」「効率の悪さ」へ
とつながる。

さて、今回の勉強会の行きと帰りの往復の道中、二回休憩した。
つまり、行きに一回、帰りに一回だが、目的地に向かうときに
寄ったコンビニでは意識しなかったが、帰りのコンビニでは
7-11のコンビニ店員が「あからさまにw」電子マネーの購入を
勧めてきた。「~はいかがですか?損はさせませんよーw」と

その言葉を聞いたとき、思い出した。そうだそうだ。

一時期、電子マネーの利便性が気になって、使ってみたいなーと
考えた時期があったなーと。

しかし、上司は。「なんだそれ?」と戸惑った表情を浮かべて
やんわりと断っていた。
そして、隣のレジから、電子マネー精算の音が聞こえてきた

そりゃそうだ、無理もない。ああいうものは、外回りとか
仕事の形態が「作業」系であれば、いちいち財布から紙幣(通貨)
をすることが「効率化」と「利便性」を見いだせないと、無抵抗に
使うことはないと思う。(俺の勝手な思い込みかも知れないけど)

もし、俺が、その手の「支払い形態(手段~」に通じていれば
(慣れていれば)上司に対して、臆面も無く、これ(電子マネー)
ってすごく便利ですよ。などと勧めたかも知れないが・・・

流石に、そこまでの図太さはなかった俺っw

それから、明くる日。

スマホの「お財布アプリ」の存在を思い出す。
さっそく、インストール。

・・・・おや?チャージしてある??

いつやってんだろうか。2013年・・8月w

金額は・・・1,000円の残高っっっっっっw
たぶん、電子マネーの存在を知り、使ってみたいなと思案した
結果、とりあえず、入れておこうって思ったんだろうな。

それはともかく、チャージってどうやれば良いのか?
迷い、コンビニの店内奥に設置してある「銀行のATM」もどきに
ここに(スマホを)置けと指示が表示され、点滅していたので
指示通りにおいて、1,000円をチャージ。

・・・・残高が変わったw

あああ、なーんだ、あっけない。簡単じゃん。
記念にw(大げさな)パンと飲み物をかごに入れて
「お願いします」と言って、スマホを置いてみた。

「~ですか?」と聞かれたが、どういう風に
返事(答えるべきか分からず)をするのか
思いつかず、頷いて合図してやり過ごすw

~♫ (あの音がしたw)

いい年したおっさんが、なんの達成感をw
内心、初めて出来たので嬉しかったりする
但し、チャージ残高を意識するので、頻繁に
使う気にはなれないなと思った。



なーんておもったけど、こういう精算方法も
ありだなと思った。
知っていれば便利。頻繁に使わなければ
恩恵は少ない支払い方法。
だだし、紛失しないように気をつけねば。

ではでは。

スポンサーサイト
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

自称「アラブの革命戦士」の総括本を読んで。

 2014-09-08
さて、ここ数日、遠いアラブの地で流血の惨事が繰り広げられ、どちらの正義を
信じるべきなのか?判断材料も、そして、歴史的背景など全く知らないこともあ
って、ただひたすら平和がいつ訪れる
のだろうかと考えさせられる。

そんな、血なまぐさい「アラブの紛争」関係の報道を、連日聞いていて
いや、聞かされ、活字として何気に目に入ってくると(記事の重要性を
問わず)ふと思い出す。

日本赤軍とは何だったのか―その草創期をめぐって日本赤軍とは何だったのか―その草創期をめぐって
(2010/05)
和光 晴生

商品詳細を見る


そういえば、数十年前に、日本人がアラブの紛争地域において
テロ行為を行い、衝撃を与えたと・・・かすかな記憶がよみがえる。

ただし、俺の生まれる前か、生誕して、数年後の出来事であり
当時のことなど知らない世代なので「ああ~そんなうこともあった
かな?」などと昔を懐かしむことはない。
全く知らないことなのだから。

今では、すっかり、「新左翼の燃えかす=テロリスト」の
烙印を押された彼らの懺悔=総括は、彼ら自身の敗北
宣言であり、資本主義と共産主義の争い(東西冷戦)が
事実上の資本主義の勝利に終わり、イデオロギーの争い
から宗教紛争に変わっていく課程において、いつの間にか
厄介者扱いにされて、その「理不尽な国家の思惑」に対して
愚痴やら、自分たちのやってきたことの「自己反省」、さらに
共に歩んできた「革命戦士の同志」への恨みつらみなど
なるほどねと思っても、全く共感できない「戦争を知らない世代」
の俺。

買ってみて、ぱらぱらと読み、戦争を知らない世代として
読んでみると、有ることに気がつく。

彼ら(革命戦士)は、表向き、志を共に、目的達成のために
ありとあらゆる非合法的手段を用いて、彼らの信じる理想
理念のために、目的を遂行してきたことはわかったんだが

大事なことが抜けている気がした。

自分たちが生まれて育った「祖国」の為ではなく
縁もゆかりもない「アラブの地」へ出向き、虐げられている
アラブ民族のために武器とを取り、革命実行のために
働いてきたわりには、記述されていることすべてが
空虚で、絵空事のようなものしか残らないと言うこと。

しまいには、自分たち革命戦士が「祖国に絶望し」
他国に旅だった後、祖国は高度成長期に入り、いつの
まにか自分たちは、その恩恵を受けることなく
ただの「テロリスト」として非国民扱いを受ける羽目に
なっていたなどと、冷静に自己分析をしているあたり
頭は良いだろうが、何かが足りない。

ぱらぱらと読んでみて、やはり「革命ゴッコ」を
生涯をかけてやっていただけに過ぎないのだなと
なんだかなーと考えさせられた。

その足りない何かとは、俺の思うところ「革命を実行する
にあたり、その革命を起こす土台、思想的な背景が
稀薄で、何よりも、小難しい専門用語を駆使して
俺たちはそこら辺の奴とは違うんだぜと、インテリ風を
ふかしていること自体、鼻持ちならない。

現実を見ているようで、現実を見ていない。
併走し、変動していく世界と、自分たちが
その変化に対応できず、翻弄され、振り回されて
分裂していく様は。。。別に、他意は無いのだが
どうにも、インテリ風を吹かせた革命家気取りの
連中がたどる運命を見ていると・・・・・

自己満足で感傷に浸り、懐古している割には
結局なんの役に立ったんだ?と思わざるを得ない。

ではでは
カテゴリ :日々雑記 トラックバック(-) コメント(-)

初めての課金。

 2014-08-16
数年ぶりに、DOLにログインしたくなって、あれやこれやと
試してみたものの・・・俺の生きてきた痕跡など見当たらず
おそらく、とっくの昔に、ゴミデーターとして、消されたのだろう。

ふっ、ふふふふうふうふ。

ざまーねーえって感じ(正直
まあ、当然の報いなんだから、別に、執着するほど、いくらも
課金をした記憶も無いくせに、何を言っているのか?

何を、ごちゃごちゃと
言っているのか?

おめーは!!??


さて、数年前の俺なら、適当な捨てメールを
作っては、俺の操りドールを作るところだが

今回は、長年の「無料房」で金を払っていなかった
「お詫び」をかねて、初めての課金をしてみた。
そう、初めてだっっっっっっっっっっっっっっっっっw

一番下の鯖に作ってみて、早速潜ってみた。

・・・何か違和感があるな。

まあ、ウキウキワクワクすような「初心な」
航海士なんて似合わない。

40過ぎの中年親父なんだし・・・

年は、とりたくねーなーと、降り立った瞬間
思った。
何かが欲しくて、時間を金で買って
何をしたいのか?なんて、無料期間中
港で腰を下ろして、黄昏れていただけなので
・・・・

「空気みたいな存在に過ぎないだけ」
の野郎が望むはずもない。そんなものだとw

だが、今回はちょっと違う。そう違う。はず。
そんな、気持ちの悪いポエムを考えていても

画面上では、マスターとやらの説明の都度
変なガッツポーズを取っている俺のハンドル
ネームをつけた「デブマネキン」

・・・・すげーはずいんだけどな。

この続きは、またの機会に、ではでは


カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

そして人は生きていく。

 2014-07-11
二、三ヶ月前か大航海時代オンラインゲームの
各ワールド(鯖)の統廃合の話題を聞いて
来るべきものがきたんだなと、思った。

別に、センチメンタルな気分でもなんでもなく
ましてや、遊び尽くして、飽きるほど填らず
填りすぎて、大量のアカウントを取得して
いろいろとグレーゾーンの遊び方をしたわけでも
ない俺。

ただ・・・始まったときの熱狂とともに
気の短い先人たちが去っていく様子を見ていた
俺としては、ネットゲームという遊びは、即結果を
求める短期型ユーザーには無理だろうなと
いまになってみれば、もうちょっと、気長に
遊べばよかったのに、もったいねーことしたなと
ヘビーユーザーに対して、軽蔑やら、自戒の念が
わき起こる。

基本的に育成ゲームなのだから、腰を据えて
遊ばないと、元が取れない。
投資した(アカウントの利用料金)分は、あくまでも
期間とか時間が決まっているので、一定の期間内に
育成しないと、本当の意味での遊びに醍醐味
うまみを得られる前に(味わう前に)大抵の人間は
見切りを付ける。
そして、以前の方法で(濡れ手に粟)ゲーム内で
がッパリ儲けても、そのおこぼれに預かれない
他のユーザーの嫉妬やら、憎悪的な報復手段で
ワールドの神に上奏された日には、改善されては
次の方法を考えて・・とイタチごっとの始まり。



副官というシステムが導入された当初、思ったような
数値(ステータス)を得られなかった時など、頻繁に目にした
解雇という手段を用いて、ゲーム進行上の流れで
副官の恨み言を記事にするユーザーのブログを見たときは
俺個人的には悪趣味に思えて、心証がよくなかった。

変な話、電脳世界(ネットゲームの世界の話)における
些細なことであれ、もし現実世界で、己自身が、ああいう風に
冷徹に突如「解雇」などされたら、どんな気分になるだろうかなと
架空の話と現実の話が、ごっちゃになってしまうw

船員の数が、数値上減っていくゲームであるが、プレイヤーである
以上、スキルとゲーム通貨と船の性能と、船員の数など
所詮・・数値上の優越に過ぎない。その数値の争い、競うのが
ゲームなのだが・・・負け犬の遠吠え的意味合いで表現すれば

「乾燥した空虚の世界」では癒しなど無縁で、そんな世界で
勤しむ気も起きぬ。

そして、欲しいものを手に入れて、やることもなく
惰性で生きてきたユーザーがたどり着く先は何か?

充実感?それとも疲労感?

人それぞれ違うだろうが、まあ、がんばれw

ではでは。
カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

生きておりますw

 2014-06-17
あー、ごほん、ごほん。

すっかりご無沙汰しております(誰に言っているのかは不明)

更新する気力が萎えている間に、年が変わり

大航海時代オンラインゲームの様相も変わって
しまったらしく、鯖統合などという話を聞きました。

はい。私は生きております。

ではでは。

カテゴリ :毒電波航海コラム トラックバック(-) コメント(-)

八重の桜における「外国人教師」

 2014-01-14

去年、N○Kの大河ドラマ「八重の桜」を視聴していて、第一部?の
幕末動乱期から第二部の「明治時代(大学設立)」を録画していた
ので、退屈だなーと思いつつ、暇つぶしに見ていた。

さて、せっかく、民放ばりに、N○Kなりになりふり構わずに宣伝した
わりには、視聴率的は芳しくなかったようで(そりゃそうだろう
主人公のことなんて、今の今までごく一部の人以外知らないのだから)
史実にある程度沿ったドラマでは、冗長に感じる。

ほかの人がそうであったように、俺もそのひとり。
東北の復興というよりも、時代の先端を歩む闘う女史という感じで
幕末時の荒廃からの復興=東日本大震災からの復興と結びつけようとした
あざとさは感心しないと思った



第二部において、外部の学生の編入(入学)と、外国人教師(宣教師)との
いざこざを見せられても、愛憎ドラマみたいで、嫌になった。
だから、途中で見るのをやめてしまったので、改めて(HDDの容量的に
厳しくなったこともあり)消去する前に見てみたのだが

確かに良く出来ていて、誰なんだろうこの人は?ぐぐってみよう・・と
ある程度の予備知識と関心があれば、視聴すること自体は耐えられるものだなと
思いつつ・・・

はっきり言えば、主人公の旦那(校長)は、雇われ校長に過ぎず、スポンサーは
外国勢力であり、宣教師(英語教師)は彼を排除し、経営権を剥奪すべく抵抗
していたというのが(簡略して表現すると)そうなるらしい。
時の政府は、外国勢力の跋扈だけは許さないという姿勢だし・・・

・・・・

今になって考えると、大学設立の苦労と、内部のゴタゴタを見せられて
視聴者が「ああー見てよかったなー」などと思えるかどうかといえば
さて?どうなんだろうかなとwwww

(;´∀`)

ではでは。

遅くなりましたが。*。:.゚アケマシテヽ(´∀`)ノオメデトウ゚.:。+゚

本年もよろしくお願いします。


カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)

八重の桜で関心を持ったこと

 2013-12-16
N○Kの大河ドラマが放送終了になったようだが、終盤になり始めると
見なくなってしまった。
派手にドンパチする時代劇というより、大学設立から安定期?(大陸
進出まで)の過程における内部のゴタゴタが劇として流されても
イマイチ(真実に近くとも)楽しく見ることができなかったなと。

ただし、大して視聴していなかった割には、劇中で表現若しくは
扱われた内容に興味をもてたことは、ある意味意外だった。
幕末~明治に変わっていく(時代の変わり目)時の変動期の見方が
ちょっとだけ変わった気がした。

特に、今までは明治期の宗教観とか、異国の宗教が我が国の学問
教育に深く影響を与えていたことを認識させられたのは大きい。

その影響のもとになったのが、欧米視察団であり、薩長連合の重鎮
たちが目の当たりにした欧米列強の社会システムを、帰国後、政策に
反映させたあたり・・・。なんだかすごいことが行われたんだなと。

他国の宗教観を、何らかの目的で反映させられたことで、我が国の教育に
多大な影響を与えたのだと思うと、なんだか複雑な気分になる。
知らなければ、関心持たなければ、何も得るものもなかったものでも
何かしら得るものがあれば、それなりに印象も変わるものだなと

この年になるまで・・(/ω\*)

ではでは。
カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。